サカイ引越センターの単身パックを破格の安値にするテクニック完全版

サカイ引越しセンターによく効く値引き交渉テクニック

サカイ引越センターには「単身パック」という名前のプランはありませんが、単身パックや単身プランに該当する内容のサービスはあります。

そしてサカイの見積もりを徹底的に安くするためには、一括見積もりで各社の最安値の見積もりを出してから交渉すること。これ、サカイの営業スタイルだからこそよく効くテクニックなんです。

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる

また、ダンボールも標準で最大50枚まで無料で支給してもらえるなど、細かい部分でのサービスが行き届いているところが多くの人に使われている人気の要因ではないでしょうか。

サカイ引越センター単身パック詳細

料金目安
近距離 約3万円~
中距離 約4万円~
長距離 約12万円~

※料金目安は電話にて概算見積もりを調査したものです

サカイ引越しセンターではプランごとに明確な最低料金が設定されておらず、基本的に全てのプラン料金は実際に見積もりしてみないと分かりません。

しかし、各社の単身パックを比較するうえで料金目安は必須。そこで電話にておおまかな目安を問い合わせてみたところ、大体上記の表のようになりました。

最低料金がおおよそ1.5万円程度のヤマトや日通の単身パックと比較してみると、サカイは近距離でも割高の印象ですね。

ただ、この料金はあくまで目安。これ以上に安くなる可能性が大いにあるのがサカイの特徴です。サカイの見積もり金額をできる限り安くする方法は後の章でまとめています。

サカイの単身者向けおすすめ引越しプラン

サカイの引越しプランは全部で8つありますが、なかでもとくに単身者向けのプランは、単身パックのイメージに近い「小口引越便サービス」「せつやくコース」「ご一緒便コース」の3つ。

プラン 内容
小口引越便サービス 荷物を専用ボックスに積めるだけ積んで運ぶプラン
せつやくコース トラック1台をチャーターして荷物を運ぶプラン
ご一緒便コース トラックで他の利用者の荷物と一緒に運ぶプラン

小口引越便サービス

サカイの単身パックに積める荷物量 サカイの単身パック

※出典:サカイ引越センター

荷物をボックス単位で運ぶ引越しサービスで、サカイの単身パックともいえるプラン。

専用のボックス(高さ144cm×幅105cm×奥行き75cm)に荷物が収まれば割安で見積もりが出ます。ヤマトや日通のように料金は設定されていませんが、荷物量(ボックス数)、距離、時期によって料金が変動する点は変わらず。

また、対応エリアが限定されている点と、梱包材が有料である点には注意しましょう。

対応エリア
  • 関東 ~ 関西
    関東:東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県
    関西:大阪府/京都府/兵庫県/滋賀県/奈良県/和歌山県

※和歌山県は和歌山市/岩出市/紀の川市/橋本市/海南市/有田氏/かつらぎ町限定

梱包材
Aパック 3,000円
・ダンボール大5個
・ダンボール小1個
・ガムテープ1個
・布団袋1枚
Bパック 6,000円
・ダンボール大5個
・ダンボール小5個
・食器包装紙100m
・エアキャップ10m
・ガムテープ1個
・布団袋2枚
単身資材パック 5,000円
・ダンボール大10個
・ダンボール小10個
・ガムテープ1個
・布団袋1枚

「梱包材込みだとちょっとお高いんじゃ…?」と思って問い合わせてみたところ、有料とはいえ上記の梱包材セットとは別に見積もりで梱包材はいくつかサービスしてもらえるそうです。

また、大型家具や家電の梱包材や壁の養生(保護)に使う専用資材は、全プラン共通でサカイが用意してくれます。

せつやくコース

食器や本といった荷物の荷造り・荷解きは利用者側でおこない、冷蔵庫やベッドといった大型荷物は梱包、搬出、搬入、設置までをやってくれるサービスです。

専用ボックスで運ぶ小口引越し便が「サカイの単身パック」に当てはまるのに対し、こちらはトラック1台をチャーターする「サカイの単身プラン」といったイメージ。

トラックに荷物を積むため、ベッドや衣装ダンスといった大型の家具も運ぶことができますね。

また、自分で荷造りをするので費用の節約になるうえにプライバシーが守られるのが強みだそう。ただ、現金や通帳といった貴重品、生き物や危険物は運べないので注意。

10分間サービス付き

作業終了時点から10分程度スタッフをお借りして、簡単な作業をお手伝いしてもらえます。

たとえば掃除だったり家具のレイアウト替えだったりといった作業ですね。これ、ありがたいサービスなんですけど、実際何をしてもらったらいいかわからない人が多いみたいです…

とはいっても「結構ですよ」じゃもったいないので、照明器具やカーテンの取付けの必要があればお願いしてしまいましょう。とくに作業がなければ掃除とかをやってもらってもいいかも。

ご一緒便コース

他の人の荷物を運ぶトラックで一緒に運ぶ、いわゆる「混載便」サービス。同一方向のトラックのスペースをお借りして、ついでに運んでもらうプランです。

そのため業者側も移動や人員や作業にかかるコストを減らせるので料金は割安になります。ただ、混載便なのでトラックの余ったスペースにしか積めません。単身者など荷物が少ない人向けですね。

また、荷物の到着日指定ができないことがちょっとしたデメリット。

サカイの割引・特典など

割引・特典内容 条件
米(ひとめぼれ)1kg 訪問見積もりを受ける
基本料金から20%OFF LINEから見積もり依頼をする
楽天ポイント付与※ 引越し料金100円ごとに1ポイント
Pontaポイント付与※ 引越し料金200円ごとに1ポイント
WAONポイント付与※

※楽天・Ponta・WAONポイントはそれぞれ併用不可

サカイの単身パック(プラン)が「安くなりやすい」理由

サカイ引越センターは他社と比べ、見積もりが安くなりやすいのが特徴の業者です。理由はサカイの営業マンがすごーく頑張って契約を取ろうとするからなんですね。そしてなるべく契約を即決(その場)で取ろうとします。

のちに紹介している口コミ評判でも、「実際サカイの見積もり時に他社が出した安い見積もりを引き合いに出してみると積極的に値下げしてくれた」という声は多いです。最初にちょっぴりお高く見積もられるのは、値下げの幅を広げるためかもしれませんね。

そして、サカイでは他社の見積もりより安くしてもらえやすいということは、
他社で最安値の見積もりを取っておけば良いということ。

具体的な方法に関しては次章から詳しくみていきましょう。

サカイの見積もりを安くするテクニック

必ず他の業者と相見積もりを取る

サカイの見積もりを安くするためには、他社で最安値の見積もりを取っておく必要があります。複数社で相見積もりを取るということですね。

ここで役立つのが一括見積もりサービスで、距離や荷物量の条件を入力すればそれで請け負ってくれる引越し業者が何社かピックアップされます。1社1社連絡する手間もなく最安値の見積もりが取れるので非常におすすめ。

もし一括見積もりの比較業者にサカイが入っていなくても、他社の最安値の見積もりを手に入れてから個別で見積もり依頼すればOKです。

サカイの見積もりは最後

サカイの見積もりを安くするためには、最後に見積もりを取ってもらうことがとっても重要。

たとえば、「サカイ」「A社」「B社」「C社」で相見積もりを取ったとします。

見積もりを取る順番にこだわらない場合
サカイの見積もり順【2番目】

最初の方に見積もりをお願いしてしまうと、この時点での最安値のA社見積もり5万円ベースで交渉をすることに。即決を値下げの条件にされることを考えると、のちの2社からまだまだ最安値の見積もりが出たかもしれないので、このケースは損。

最後に見積もりを取る場合
サカイの見積もり順【最後】

一方で、最後に見積もりを出してもらうことで、最大3社で比較した最安値のB社見積もり3.5万円ベースで交渉することが可能です。「B社より安ければ考えるんですけど…」とでも切り出せば、値下げしてもらえやすいですよね。

極端な例ですが、見積もりは順番が最後になるにつれて安くなるもの。そこで積極的な値下げが期待できるサカイを最後に設定することで、他社で出た最安値がさらに安くなる可能性があります。

上記画像の見積もり金額は、値下げの仕組みを解説するためのイメージです。実際の見積もり金額とは異なる場合があります。

同時訪問見積もりはダメ

複数社の訪問見積もりを同時刻に設定して業者たちに値下げバトルさせる方法、これは正直オススメしません。

たしかに、サカイのような契約への意気込みが強い業者だと、他社に契約をとられまい!とオークション式にガンガン値下げしてくれるんですが、それなりにデメリットもあるんです。

そもそも訪問見積もりには「引越し料金の見積もり」だけではなく、引越し当日までの準備の進め方、当日の作業の流れの説明を含む「打ち合わせ」の意味合いもあります。

複数の引越し業者を呼んでしまうと、営業マンたちの考えが「見積もりの値下げ」だけに大きく傾いてしまううえ、訪問見積もりの現場はかなりバタバタします。今後の説明抜け、漏れから、引越し当日にトラブルが起こってしまうかも。

訪問見積もりがある場合は、1社1社丁寧に話を聞くことをおすすめします。

サカイで値下げしてもらった人の口コミ評判

サカイの営業マンとのやりとりで、見積もりが安くなったという方たちの口コミ評判を紹介します。

※口コミは当社でWEBアンケートを実施し収集したものです。

良い口コミ

女性/30代

満足でした

  • 値下げ幅
    40,000円 → 30,000円
  • サカイに決めた理由
    メール一括見積もりを利用したら1番の最初に連絡がきたため

二人で見積もりに来られ、食器棚と冷蔵庫と洗濯機をお願いすることになりました。電卓を取り出し、パチパチと計算し、金額を提示されました。こちらが「もう少し何とかなりませんか」とたずねると、再度電卓をたたき、「いますぐ決定してくれると、この金額でやります」と言われました。決定をすると、お米をくれました。 引っ越しは非常にスムーズに終わりました。荷の出し入れはさすがプロだなと思いました。洗濯機の側面が少し凹んでいたので話をきくと、「元々でしたよ」と言われたのが少し気になりましたが、全体的にみて満足しました。

投稿日時:2019年05月16日 12:26

女性/20代

普通でした

  • 値下げ幅
    160,000円 → 120,000円
  • サカイに決めた理由
    値段が安く、社員が絶対に1人つくと言われたから

繁忙期ということと、土日ということでかなり高いですとは言われました。提示された金額は16万円でした。実はサカイの前にアートで見積もりをしていましたが、12万円でしたので、そのことを伝えたら、12万円に値下げしてもらえました。また、アートより安くするためにと、ダンボール代や緩衝材などもタダでもらいました。 トラブルが少ないというのが売りのようですが、まず、開始時刻に3時間も遅刻してきたことが気になりました。朝イチじゃなかったから仕方ないかもしれないけれど困りました。また、荷物のおろし忘れをされました。翌日届けてくれましたが、大きなミスをされたことがショックでした。

投稿日時:2019年05月16日 11:57

女性/30代

満足でした

  • 値下げ幅
    50,000円 → 40,000円
  • サカイに決めた理由
    大幅に安くしてもらえたから

荷物の量や移動距離で初めは5万円と言われましたが、私が「A社に見てもらったら、それよりも3千円安く提示されました」と言って見積書を見せると、「だったら5千円安くします」と言われました。ですがA社の方がサービス内容が良く、5千円違いだったらサカイは利用しないと伝えると「だったら1万円安くします。即決してくれたら4万円でいいです」と言ったので、これはかなりお得だと思いサカイに決めました。 引っ越し時間をきちんと守ってくれたし、荷物の移動が素早いので予定よりも早く終わることができました。ただ早さばかり気にしすぎて荷物の扱いはあまり丁寧ではなかったので、それだけがマイナスでした。

投稿日時:2019年05月16日 12:03

口コミを見る限り安定して1万円程度の値下げができていますね。やはり、他社の最安値の見積もりを提示することがコツのようです。

サカイでは即決と引き換えの値下げ交渉となるため、サカイには最後に見積もりを出してもらうのが正攻法。

悪い口コミ

女性/30代

不満…

  • 値下げ幅
    85,000円 → 60,000円
  • 他の業者に決めた理由
    他業者の方が安く、営業マンの感じも他業者の方が良かったから

他の業者がいかに乱暴に引っ越し作業を行うかを何度も繰り返し言っていた。また、他業者はバイトが多いが引っ越しのサカイには専門の研修施設があり、必ずそこで研修をしたスタッフが引っ越しを行うから、安心だと伝えていた。 営業マンの対応が上から目線で、偉そうだった。また、断っているのに、何度もしつこく、営業し、それが嫌で引っ越しのサカイを使うのをやめた。

投稿日時:2019年05月16日 13:39

サカイに決めなかった方の口コミは「対応が悪かった」というものでした。このようにどうしてもサカイの営業スタイルが肌に合わない方もいるようですが、25,000円の値下げ幅をみると限界まで頑張った営業マンの情熱が感じられますね!

しつこい営業がデメリット?

料金的には安い見積もり金額を出すことが多いサカイ引越しセンターです。口コミ評判では「営業がしつこかった」という声が上がっていたりもするので、ガツガツ契約を取ろうとするスタイルが不快に感じる人は肌に合わないかもしれません。

ただ、サカイの「営業がしつこい」というのは結局営業マン次第です。それに応じて値下げの効きやすさも営業マンによりけり。

ですが、

  • 相見積もりをとる
  • 最安値をベースに値下げ交渉

というテクニックは、サカイに限らずどの引越し業者でも有効な手です。そして、とくに「安さ」にこだわるならサカイに見積もりをしてもらうのがおすすめ。

まとめ

サカイにも「単身パック」や「単身プラン」といえるサービスは用意されています。ただ、ヤマトや日通の単身パックのように最低料金は設定されていません。

シーズンや移動距離によって見積もり額が変わるといえばそうなんですが、ある程度の値下げ幅を持たせるためでは?とか思ったりします。

また、よく「営業マンがしつこい」という評判を聞くサカイ引越センター。契約を取ることへの情熱が裏目に、その営業スタイルがしばしばデメリットとして挙げられます。

しかし、裏を返せばどこよりも値下げに積極的な引越し業者ということ。口コミを見る限り、作業の質自体もそれほど悪かったという声もありません。

これで安くなる!
そんなサカイ引越センターに最大限頑張ってもらうためのツールが一括見積もりサービス。引越し料金は相見積もりを取るだけでもグッと安くなるんですけど、さらに安くできるのが値下げ交渉ですよね。

最安値の業者が見つかる「一括見積もりサービス」と、最安値からさらに値下げできる可能性が高い「サカイ引越センター」。引越しをサカイで検討するのであれば、この組み合わせを活用しない手はありません!

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる