大型家具だけ引越ししたい場合

大型家具だけ引越ししたい場合

引越す先が近距離で荷物が少ない場合、費用を節約するために

「自分で運べるものは自分で運ぶ」
「でもベッドとか大型の家具だけ業者にお願いしたい」

と考える方は多いかと思います。

各引越し業者が「家具・家電だけ引越し専用プラン」を出しており、それらの活用が選択肢に入ります。

引越し業者の多くは大型家具だけの運送を受け付けてますし、距離や条件によっては
普通の運送会社に頼むという選択肢もあります。

この記事では、大型家具を運送するための業者やサービス選びで、引越し費用を節約する方法をご紹介します。

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる

大型家具だけを引越す方法

大型家具だけを引越す方法には大きく分けて3つの方法があります。

引越し業者の専用プランを利用する

大手引越し会社では「家具だけ引越し」「1点だけ引越し」などのプランを用意しているところがあります。

そういったプランを利用すれば家具1点からでも引越しをすることができます。

大手引越し会社の専用プランを利用すれば“ただ運んで終わり”ではなくて梱包から設置まで対応してくれます。
こういったプランを利用することによって家具だけの引越しでも快適に、安く済ませることができます。
料金に関しては、のちほど詳しく解説します!

1点だけなら運送業者を利用する

引越す大型家具が一点の場合は運送業者に依頼するという方法もあります。

「引越し」としての扱いではなく、「荷物を運ぶ」という感覚なので引越し業者に依頼するより安くなる場合もあります。

また、運送業者は利用料金が定型化されているところが多いので、運ぶ家具が大体いくらになるのか把握しやすいというのがメリットです。

単身パックを使うという手も

単身パックを使うという手も

家具の数が増えたり距離が長くなると、引越し業者が提供する「単身プラン」のほうが安くなる可能性があります。

ヤマト運輸の「単身引越しサービス」や日通の「引越し単身パック」は1ボックス(カーゴ)単位の料金設定となっています。

このボックスに入る大きさの荷物であれば、1ボックスの料金で大型荷物も含めて他の荷物も混載して積めるので費用を安く済ませられます。

ボックスにはどれくらい入る?

例えばクロネコヤマトのボックスの場合、内寸が「104×104×170cm」なので、この大きさの中に詰められるだけ入れて配送してもらうことが可能です。
(冷蔵庫(小)・全自動洗濯機・電子レンジ・布団袋1袋・スーツケース1個・段ボール10箱程)

ボックス内で収まるかどうか不安な場合は「単身パック」を提供している業者に見積もりしてもらえば大丈夫です。

次の章からは「家具だけの運送を頼める引越し業者」を紹介していきます。

 

家具だけ引越しに対応している引越し業者一覧

まずは「引越し業者」がおこなう家具だけの引越し専用プランをご紹介します。

例として東京都内で近距離の引越しをおこない、シングルベッドだけ運んだ場合の料金の比較を載せてみました。

引越し業者名 プラン サービスの特徴 料金目安
アーク引越センター 大物限定プラン 梱包・部屋保護・家具の配置まで対応。 20,000~30,000円
サカイ引越センター せつやくコース BOX単位でのプラン。 20,000円
キタザワ引越センター 一発予約家財宅配便 当日引き取り、当日配達も可能 8,000円~
ムービングエス 小口引越し 家具1点から数点の引越しに対応 16,200円~

※電話にて料金相場目安を調査したものです。
※繁忙期は除く。

業者によって値段にかなり差がありますが、サービスの内容も変わってきますので一つずつ紹介しますね。

アーク引越センター「大型限定プラン」

アーク引越センターは「大型限定プラン」というサービスを提供しています。

梱包から設置まで対応してくれるので引越した後も安心です。

費用はシングルベッドを1つだけ運んだ場合20,000~30,000円が目安になっています。

サカイ引越センター「せつやくコース」

サカイ引越センターで提供している「せつやくコース」は大型家具の荷造り・荷ほどきをサカイがお手伝いするコースです。

こちらも要見積もりですが、費用の節約を重視される方にはおすすめのプランです。

費用は20,000円ほどを目安に考えてみてください。

キタザワ引越センター「一発予約家財宅配便」

キタザワ引越センターは「一発予約家財宅配便」というサービスを提供しています。

料金はシングルベッドで8,000円(通常期)ですが、分解や組み立てはオプション料金になります。

ムービングエス「小口引越」

ムービングエスが提供している「小口引越」は、少量のダンボールや家具1点から数点の小規模な引越しに最適のサービスです。
(3月~4月の繁忙期は1点のみの引越しは行っていません。)

公式ホームページから自動概算での見積もりが可能なので申し込む前に参考にしてみてください。

シングルベッド1台で料金は16,000円と出てきますが、距離や人件費、時期により変動するので詳細見積もりをオススメします。

赤帽

正確には引越し業者ではありませんが、近距離の引越しで荷物が少ない場合は赤帽が安くなる可能性があります。

赤帽では距離制運賃と時間制運賃料金を採用しており、2時間貸切・20kmまで4,860で運送可能です。

ただし、引越し作業として頼んだ場合は「引越し運賃料金」が適用されて料金が変わってくるので、見積もりをおこなうことが必要です。

「家具だけの運送サービス」をおこなっている引越し業者は何社かありますが、3月から5月のゴールデンウィークまでは「繁忙期」と呼ばれており、業者によっては値段が高く設定されている所が多いようです。
また、距離が長くなったり運ぶ量が増えると料金は高くなってくるので、いずれにせよ見積もりが必要です。

家具1点だけの引越しを考えているのであれば「運送会社」に頼むという選択肢もあります。

次の章では運送会社を紹介していきます。

 

家具だけ運送してくる運送会社

ここでは「引越し業者以外」で家具や家電の運送をお願いできる「運送会社」を紹介しようと思います。

ヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」

運送業者の中で家具だけの運送を最も利用しやすいのがヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」です。

ヤマトホームコンビニエンスは「引越しサービス」を現在休止していますが、大型家具だけの運送などはおこなっていますので是非ご活用ください。
ただし、一部の地域ではお取り扱いのできないエリアもありますので事前にご確認ください。

ヤマトホームコンビニエンスは大型荷物の運送量がある程度定型化されているので、料金もわかりやすくなっています。
自分で運べない大型家具の料金については下記の通りです(同市区内基準)

荷物 料金目安
押し入れダンス 4,320円
エアコン室外機 4,320円
全自動洗濯機(ドラム式含む) 7,398円
2人がけソファ 10,746円
22インチ自転車 10,746円
シングルベッド 16,254円
タンス 16,254円
本棚 16,254円
ダブルベッッド 22,950円
衣装タンス 22,950円
大型ソファー 29,646円

※ヤマトホームコンビニエンスの公式ホームページを参考にしています。

移動距離によって料金は変わるため、貯距離になればプラス数千円の上乗せがあると考えておいてOK!

また、「オプショナルサービス」になりますが、分解や組み立て、家具の設置もやってくれるので大型家具のことは全てお任せしたい人にはオススメです。

福山通運

福山通運は「フクツー引越便」というサービスをおこなっていて、その中でも全てお任せの「らくらくタイプ」や、節約したい人向けの「節約タイプ」など、様々なプランを提供しています。
また、公式ホームページ内で簡易見積もりができるので大まかな値段を知ることができます。

例えば、東京都内での引越しで大型家具と電化製品を運ぶ場合、最低料金は34,620円となります。

ただし、この料金は2トントラックを使う前提で割り出されており、運ぶ荷物が1点でもそれ以上でも2トン車に乗るかぎり値段は変わりません。
つまり、運びたい家具が何点かある人は大手引越し業者の「単身パック」を利用するよりも「フクツー引越便」を利用した方が最終的に安くなる可能性があります。

佐川急便

運送する大型家具が一点の場合、佐川急便の「大型家具・家電設置輸送」はお手頃です。

例として、都内での引越しで家具を1点で運送した場合をヤマトの「らくらく家財宅急便」と比べてみました。

  学習机 食器棚 シングルベッド
ヤマトホールコンビニエンス 7,398円 10,746円 16,254円
佐川急便 6,005円 8,781円 13,500円
差額 1,393円 1,965円 2,754円

このように比較してみると佐川急便の方が安いことがわかります。

ただし、佐川急便は「梱包サービス」は別途料金なので、

「梱包は自分でやるから運送と設置だけお願いしたい」

という人にオススメできます。

家具だけを運送する場合の注意点

大型家具を引越すときに一番気をつけたいのは家具のサイズが合うことをしっかり確認することだと思います。

8回引越したことのある当サイト管理人の私の失敗談ですが、神奈川県から愛知県に引越したときに、食器棚が入るスペースの高さを測り忘れて引越し当日に入りきらず、泣く泣く業者に回収をお願いした経験があります

引越す前に食器棚が入るスペースの横の幅は事前に確認しておいたのですが、天井に備え付けてある収納スペースを見落としていたんですね…。

さらに、引越す前に使っていたドラム式の洗濯機の扉がお風呂場の扉とぶつかってしまい、うまくかみ合わず、洗濯機も買い替えることになりました。

業者にその場で引き取ってもらいましたが、回収料金として1万円かかりました

大型家具はちょっとしたサイズの違いで新居に合わなくなるので、新居での設置スペースを採寸するのはもちろん、廊下や玄関などが通れるかなど、念入りに採寸することをおすすめします。

 

こんな家具は運べる?種類別注意点を紹介

引越しで「あれ?これって運べるの?」「どうやって運ぶの?」と疑問に思う家具はありませんか?

じつは家具によって、運んでもらえない家具やちょっと注意しないと運んでもらえない家具があるんです。

この章では、問題なく運んでもらえる家具も含めて家具別の注意点をいくつか挙げていこうと思います。

食器棚

大きくて、種類によってはガラス戸のついている食器棚。
「運んでもらえるとは思うけどどうやって運ぶんだろ?」とちょっと疑問に思いますよね。

管理人は思いました。

しかし、プロはさすがです。
以前の引越しではベッドのパッドのような専用の梱包材を使って運んでもらったり、ロールになった段ボールを巻いて引越ししてくれたんです。

ただし中にダンボールにしまい忘れた来客用のカップが1つ残っていたので「このままでは運べませんよ…」と言われてしまいました。

食器棚を運んでもらうためには食器は全て出しておきましょうね。

水槽

水槽が空っぽであれば運んでもらうことは可能なのですが…。

基本引越し業者ではペットをトラックで運ぶことができません。

運んでもらいたい場合には、引越し業者のオプションサービスを利用して提携しているペット移送の専門業者にお願いする必要があります。

熱帯魚の場合、水の入った水槽を運ぶためデリケートで引越し業者によっては断られる可能性もあるので見積もり時に引越し業者に聞いてみることをオススメします。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーが運べるかどうかは引越し会社に見積もりをしてみないとわかりません。

ウォーターサーバーは水漏れの危険や特有の細かい運び方が合ったりとややこしいから運んでくれない業者もあるんです。

また、ウォーターサーバー会社によって対応が異なります。
「お客様ご自身で運んでください」という会社もあれば、「ウォーターサーバー会社が移動をするので連絡をしてください」という会社などさまざま。

まずはお使いのウォーターサーバーの代理店やカスタマーセンターなどに連絡してみましょう。

鉢植え

ダンボールに丸ごと梱包できる大きさの小さな鉢植えであれば、ダンボールに入れて問題なく運んでもらえるようです。

ただし、ダンボールに入らない大きな観葉植物などは業者によっては断られる可能性があります。

運べるかどうかの判断は引越し業者にもよるので訪問見積が必要となります。

また、鉢植えを新居に運んでもらいたいと考えている方がいらっしゃるなら、引越し前日の水やりはひかえましょう。

引越しのトラックの中で、土から水がしみだしてほかの荷物が汚れる可能性があるからなんです。

ダンボールに梱包する際も、ビニールシートを底にしいたり、発泡スチロールの箱などに入れて梱包するとよいかもしれませんね。

ピアノなどの大きな楽器類

通常引越し業者はピアノなどの大きな楽器を運んでくれません。
なぜなら、楽器はデリケートで音が変わってしまったり破損したりという危険性があるからなんです。

しかし、引越し業者のオプションサービスを利用すれば引越し業者と提携している楽器輸送専門の会社に楽器の引越しを依頼し、その業者が新居まで運んでくれます。

楽器を運びたい方はオプションサービスの利用を検討しましょう。

石油ストーブ

意外と引越し当日に「運べません」といわれて焦るのが石油ストーブ。

ガスストーブや電気ストーブは問題ないのですが、石油ストーブは中の燃料を抜かないと「発火の危険性がある」ため引越し業者が運んでくれないんです…。

なので、前日までに石油ストーブは中の燃料を抜いておきましょうね。
燃料の抜き方については、ストーブの種類やメーカーによって微妙に異なります。

お手持ちの石油ストーブの説明書、石油ストーブ会社のホームページを参考になさってください。

高級家具

一度、引越し業者の方と話す機会があり、聞いたのが「運ぶのが大変な家具」の話でした。
中でも「分解したり、傷をつけてはいけない高級な家具は大変だった」とおっしゃってました。

作られてから数十年、数百年たっているアンティーク家具や大きく重たい大理石のテーブルなどものによっては、トラックでは運べなかったり補償の観点から断ってしまうかもしれません…。

ご自宅で「どうしても運びたい大きな家具や高価な家具がある!」という方は複数の会社に訪問見積の依頼をすることをオススメします。

1社に断られた高級家具でも「大型のトラックがないから」という理由で断られたのであれば、大きなトラックを持っている会社を探せば運んでもらえるかもしれません。

この章で紹介したどんな家具にも言えることですが、まずは訪問見積を受けて「この家具は運べますか?どうやって運びますか?」と質問してみましょう。

また、「家具を運ぶことができない会社がある」とあらかじめ想定して複数の会社に見積もりを依頼しておくと何度も業者を探す手間が省けてよいでしょう。

 

大型家具を売ることも併せて考えてみる

上の章で書いたように「サイズが合わない」などの問題が事前に発覚した場合、

または新調した方が安くなりそう、そんなときは、大型家具を処分するという選択肢も出てくると思います。

ここではいくつか一般的な「家具の売却方法」を紹介します。

買取業者を利用する

1つ目は「買取サービス」を利用する方法です。

「トレジャーファクトリー」

「ナンバーワン買取センター」

「HARD OFF」

では家具の無料見積もり・出張査定をおこなっているので手間をかけたくない人にはオススメできます。

ネットオークション・フリマサイトを利用する

2つ目はインターネットオークションやフリマサイトで売る方法です。

「ヤフーオークション」

「メルカリ」

などのオークションサイトでは多くの不用品家具が取引されています。

出品の際にきれいに掃除したり梱包したりと手間はかかりますが、上手く買い手が見つかれば換金率は一番なので時間に余裕のある人にはおすすめです。

 

まとめ

家具だけ引越しをする場合も通常の引越し同様、どこが一番安いのか一括で比較見積もりしてみると、業者間で大きな差額が出たりするので試してみる価値はかなり高いと思います。

近場への引越しなら費用を安く抑えたいのは尚さらですよね。

特に近距離内での移動の場合は赤帽にも条件が合うかどうか確認しておきたいところです。

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる