引越しで不用品処分方法は回収?買取?品目別費用と効率よく処分するコツ

引越しする荷物に不用品まで加えるのはハッキリ言って損です。

引越しの見積もりを取る際に部屋が不用品であふれていれば、その分見積もり料金も余計に計上されてしまい、コストがかさむ結果にもなりかねません。

できれば引越しの見積もりを取るまでに、不用品はキレイさっぱり処分しておきたいものですが、モノによって処分方法がそれぞれ違ってて正直ややこしい…

不用品をどうやって処分すべきか分からない人も多いのでは。

引越しの不用品の処分方法は、主に以下の4パターンになります。

  • 引越し業者の不用品回収サービスを利用する
  • リサイクルショップで買い取ってもらう
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう
  • 自治体にゴミとして回収してもらう

ただ品目ごとに処分できる方法が違うため、不用品が多いと手間取ってしまいます。

安く効率良く、なるべく全ての不用品を処分していくスケジュールは後述しているので、こちらから章にジャンプしてご覧ください。

不用品の処分費用相場

引越しの際に不用品として処分されがちな品目を、それぞれの方法で処分した場合の目安料金は次の通りです。

品目粗大ゴミとして自治体で処分不用品回収業者に依頼引越し業者に回収を依頼
タンス約1,500円約980円約1,000円
シングルベッド約1,500円約4,000円約2,000円
ゴルフバッグ約500円約1,980円約2,000円
ソファ(小)約1,500円約1,480円約3,000円
食器棚約1,500円約1,980円約2,000円
電子レンジ約1,000円約980円約2,000円

※各公式サイトに記載されている料金を参考にしています。

お住まいの自治体のルールに沿って粗大ゴミとして処分する方法が安く済みますが、引越し業者でも不用品の回収を行ってくれる業者があります。

回収だけでなく不用品を買取ってくれる引越し業者もあるので、そういった業者に依頼すれば処分費用がかからずお得に引越すことが可能に。

引越し業者に不用品の処分を依頼すれば、別で処分業者を探す必要もなく、引越し作業と一緒に不用品の処分もまとめて行ってくれるので時間短縮にもつながります。

引越しってやるべき事が多くて何かと慌ただしいので、任せられることは全て引越し業者に任せてしまった方が、効率よく作業が進むかもしれませんね。

家電リサイクルで処分した場合の費用相場

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは家電リサイクル法対象となっており、リサイクル料金を支払って処分することになります。

品目料金(税抜)
冷蔵庫3,400円~(170リットル以下)
4,300円~(170リットル以上)
洗濯機2300円~
液晶テレビ2,915円~(15型以下)
3,415円~(16型以上)
ブラウン管テレビ1,200円~(15型以下)
2,200円~(16型以上)
エアコン900円~

※一般財団法人家電製品協会の料金に基づく

上記の料金にプラスして、処分場所までの収集・運搬料も必要です。

処分する家電メーカーや、処分を依頼する業者によって収集・運搬料は異なりますが目安としては2~3,000円が相場です。

つまり16型以上の液晶テレビを処分するのに必要な料金は、約6,000円ということになります。

家電リサイクル券は馴染みが無い人も多いと思いますので、よくある疑問をQ&A方式で解決していこうと思います!

  • Q1,リサイクル券はどこで入手するのですか?
    A,郵便局で購入できます。お近くの郵便局でご購入ください。
  • Q2,リサイクル券の金額の仕組みはどうなっているのですか?
    A,家電の品目や型式によって金額が定められています。
    処分した品目の型式やメーカーを調べた上で、該当する料金のリサイクル券を購入してください。リサイクル料金の一覧はこちらからも確認できます。
  • Q3,購入したリサイクル券はどうすればいいの?
    A,処分したい家電にリサイクル券を貼り付けてください。
  • Q4,リサイクル券を貼った家電はどこに持っていけば処分してくれるの?
    A,購入した家電量販店へ持ち込めば、その場で引き取ってもらえます。
    購入したお店に引き取りが依頼できない場合は自治体に依頼することも可能です。
    自治体によって指定取引場所が異なりますので、詳しい引き取り場所はこちらから確認をしてください。

不用品回収業者に依頼した場合の相場料金

不用品回収を専門としている業者に依頼した場合の相場料金は次の通りです。

品目料金
テレビ2,780円~
テレビ台980円~
炊飯器480円~
ダイニングセット1,980円~
タイヤ980円~
植木480円~
ギター980円~
デスクトップパソコン1,980円~
軽トラック1台分の荷物25,000円~

※不用品回収業者の見積もり事例

回収業者に電話1本するだけで、自宅に不用品を回収しに来てくれます。
上記の料金はあくまでも一例ですので、詳細の料金は依頼する業者に事前に確認をしておくとよいでしょう。

不用品の数が多い場合は、軽トラックなどを借りて処分するプランもあります。
1点ずつ処分を依頼するよりも、軽トラックプランなどでまとめて処分した方が安くなる場合もありますので、事前に見積もりを取って料金を比較することをおすすめします。

引越し業者に依頼した場合の相場料金

品目料金
カラーボックス(小)500円~
ギター・ベース500円~
姿見(鏡)500円~
洗濯竿500円~
ストーブ・ヒーター1,000円~
加湿器・空気清浄機1,000円~
炊飯器1,000円~
掃除機1,500円~
折りたたみベッド2,000円~
TV台(ローボード)1,000円~
スチールラック1,000円~

※引越し業者の見積もり事例

引越しの不用品って
「採寸ミスで新居に入らないから、引き取ってほしい」
「いると思って残しておいたけど、やっぱりいらない!」
など、意外と引越し当日に出ることが多いんです。

上記の料金を支払えば、引越し当日に出た不用品もその場で回収してもらうことができます。(引越し業者によっては回収してもらえない場合もあります)

不用品を処分するおすすめの方法とダンドリ

家族で引越しをする場合、大型家具や電化製品のような不用品に加えて小物や雑貨など細々した不用品もたくさん出ることでしょう。

一口に不用品とはいっても、品目によって処分方法が細かく異なるため、たくさんあると正直面倒。

不用品が7品目あると仮定し、次の表のようなイメージで処分を進めるとします。

処分したい不用品の例
冷蔵庫タンス液晶TVカーペット電子ピアノ雑誌ホビー
①引越し業者に依頼
冷蔵庫タンス液晶TVカーペット電子ピアノ雑誌ホビー
②リサイクルショップに依頼
タンスカーペット雑誌ホビー
③自治体か回収業者に依頼
タンス

※黄色:回収可能

引越し業者が処分できなかったモノをリサイクルショップに、リサイクルショップで処分できなかったモノを回収業者か自治体に…

といったように不用品処分を順番に進めていけば、

  • 売ればお金になるモノをゴミとして処分してしまった
  • 無料で回収してもらえるモノに高額な処分費用がかかってしまった

なんて失敗を防げるため、費用を抑えつつ効率良く片付けることができます。

それぞれの処分方法を詳しくまとめます。

引越し業者に依頼する

「何からどうやって処分したらいいかわからない!」

こんなときはまず引越し業者から見積もりを取る際、不用品回収(買取)サービスを利用しましょう。

引越し業者に依頼すれば

  • 粗大ゴミ処分場までの運搬の手間
  • 処分業者を別で探す手間

などの手間を省くことができ、処分方法をアレコレ考える必要がありません。

引越し業者の中には、不用品の回収はもちろん不用品を買い取ってくれる業者もあります。

そういった業者に処分をお願いすれば、不用品の査定から引取りまで一括して引越し業者が行ってくれるので、時間もお金も無駄になりません。

もちろん、全ての引越し業者が不用品の回収を行っている訳ではないので、まずは不用品の処分を行っている引越し業者を探す必要があります。

無料で引越し業者を比較できる「引越し一括見積もりサービス」を活用することをおすすめします。

一括見積もりサイト内に「不用品の処分」という項目があるので、そこにチェックを入れれば不用品の回収を行ってくれる引越し業者を簡単に探すことができます。

引越し侍の不用品回収項目

ただし不用品回収を行っている引越し業者でも、品目によっては全て引き取ってくれないことがあります。

そういった回収不可能だったモノについては、リサイクルショップで引き取ってもらうのがおすすめです。

リサイクルショップに依頼する

引越し業者でも処分できない不用品があった場合、引越し当日までにリサイクルショップで査定してもらいましょう。

リサイクルショップでは、不用品が処分できる上にモノによっては高値が付くことがあります。

大手リサイクルショップ、例えばハードオフのような店なら店頭買取はもちろん、

  • 出張買取
    店舗側が車で自宅まで買取査定しにくるサービス
  • オファー買取
    宅配便で店舗に送ることで買取査定してもらうサービス

上記2点を無料で行えるため、不用品のサイズや量に合わせて一括で査定、買い取ってもらうのがおすすめです。

また、リサイクルショップでは状態が悪く値段が付かない商品でも、その場で無料で引き取ってくれることが多く、実質タダで処分できる可能性も高いです。

ただ、故障した家電や破損の大きい家具など、全く使い物にならないモノについては引き取ってもらえないことがあります。

不用品回収業者もしくは自治体に依頼する

引越し業者にも引き取ってもらえず、リサイクルショップでも引き取ってもらえない不用品は、処分料金を払ってゴミとして処分することになります。

その際は、不用品回収業者、もしくは自治体に依頼することになるんですが、どちらも一長一短であるため、引越し当日までの日程と照らし合わせて、最適な方に依頼しましょう。

メリットデメリット
自治体安い手間がかかる
リサイクル品は回収不可
不用品回収業者手間がかからない高い

少しでも安く処分したいのであれば、処分業者に依頼するよりはお住まいの自治体で処分する方が安くなります。

ただし、利用券を購入する必要があったり、指定場所まで不用品を運ばなくてはいけなかったりと、手間がかかるのがデメリットです。

対して不用品回収業者なら、電話すれば自宅まで回収しにきてもらうことができますが、自治体より数倍高くなってしまいます。

引越し当日までの日程に余裕があり、なるべく費用を安くするのなら自治体。

当日まで時間の余裕がない場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

不用品回収業者一覧

  • ワンナップLIFE
    東京・神奈川・埼玉・千葉エリアを対象とした不用品回収業者です。リサイクル対象商品である「冷蔵庫」「洗濯機」「テレビ」「エアコン」すべて処分する場合、総額から1,100円お値引きするサービスもあります。
  • RING(リング)
    全国エリア対象で、電話1本するだけでスピーディーに家まで駆け付けてくれます。
    料金にも自信があるので、他社より1円でも高い場合は積極的に値引きに応じてもらえます!
  • エコクリーン
    日本全国どこのエリアでも対応が可能です。依頼から回収までスピーディーに対応してもらえるのが特徴で、回収品目も多いので他所で断られた不用品もエコクリーンなら引き取ってもらえる可能性大です!

不用品の回収・買取ができる引越し業者

なるべく多くの品目を、なんなら不用品を全て処分してしまいたいのであれば、不用品回収に強い引越し業者を選ぶ必要があります。

大手から中小まで、不用品回収サービスを行っている引越し業者は多いですが、エリア限定であったり、品目によっては回収不可能だったりという点には注意が必要です。

また、全国展開している大手引越し業者よりも、特定のエリアで活動している地域密着型の中小引越し業者の方が不用品回収・買取サービスに強い傾向があります。

ただ、中小は大手に比べて宣伝を大々的に行っておらず、知名度が低く見つけづらいのが難点。

そのため、大手~中小まで、幅広く業者探し・比較が可能な引越し侍のサービスで、不用品回収に強い引越し業者を探すのがおすすめです。

サカイ引越センターの不用品回収・買取

リサイクル家電大型家具雑貨
引取り
買取り×

サカイ引越センターでは「不用品買取サービス」を行っており、生活家電から工具・おもちゃ・衣類など幅広い商品を買い取ってもらうことができます。
(ただし、ダンボールに入るサイズの商品というのが条件)

「ネット買取宅配サービス」のイメージに近く、不用品をダンボールに詰めて送るだけで、サカイ引越センターが買い取ってくれるのです。

査定後、翌営業日には口座に料金が振り込まれるので、何かと物入りな引越しの時期にはありがたいサービスです。

ダンボールに入らないような大きな家具や家電は「買取り」ではなく「引取り」になります。

引越しの作業時に引越し業者に回収料金を支払って、その場で引き取ってもらう流れになりますが、一部のエリアでは引取を行っていません。

サカイ引越センターに不用品を回収してもらおうと考えている人は、自分のエリアが引取り対象であるかどうか事前に確認しておきましょう。

アリさんマークの引越社の不用品回収・買取

リサイクル家電大型家具雑貨
引取り××
買取り×××

アリさんマークの引越社では家電リサイクル対象の電化製品の引取りのみ行っており、それ以外の不用品は引取りも買取も行っていません。

リサイクル家電を処分する際、普通は自分でリサイクル券を購入して処分手続きを行う必要があります。

しかしアリさんマークの引越社は業界で唯一「家電リサイクル券」の取り扱いを行っている
ので、アリさんにリサイクル家電の処分をお願いするだけで、リサイクル券の発行から処分まで全て任せることができるんです。

リサイクル家電って処分するまでの工程も多いのですが、一括で全て行ってくれるのは非常にありがたいですよね。

日通の不用品回収・買取

リサイクル家電大型家具雑貨
引取り
買取り×××

日通では家電リサイクル対象の電化製品以外にも、ベッドや机など処分に困る粗大ゴミや雑貨類の引取りも行っています。

ただし有料での引取りになるので、事前に料金を確認しておく必要があります。
また、エリアによっては引取りできない場合もありますので、対象エリアであるかどうかも併せて確認しておきましょう。

クロネコヤマトの不用品回収・買取

リサイクル家電大型家具雑貨
引取り
買取り×

ヤマト(ヤマトホームコンビニエンス)ではヤマトの基準をクリアした商品であれば不用品を買い取ってもらうことができます。

本来なら処分費用が発生する家電リサイクル対象の電化製品でも、ヤマトに処分(買取り)を依頼すれば廃棄費用がかからないばかりか、得になるんです。

例えば自分で冷蔵庫を処分しようと思ったら、3,400円(リサイクル料金)+運搬料(約2,000円)=合計5,400円が必要です。

しかしヤマトに冷蔵庫の買取りをお願いすれば、この処分料金はかかりません。
そればかりか、買い取ってもらえる訳ですからちょっとしたお小遣いになるという訳です。

ただしリサイクル家電を買い取ってもらう場合、いくつか注意点があります。

・冷蔵庫/洗濯機→製造より6年以内の家電のみ買取可能
・エアコン/ブラウン管テレビ→買取不可

買取ができなかったリサイクル家電に関しては、廃棄をしてもらう代わりに廃棄料が必要となります。

アップル引越センターの不用品回収・買取

リサイクル家電大型家具雑貨
引取り
買取り

アップル引越センターはリサイクル業者と提携しているので、あらゆる不用品の「引取り」や「買取り」が可能です。

コストを抑えて不用品を処分しようと思うと、自分で不用品を運んだり事前に廃棄手続きをしたり…と何かと手間がかかります。

逆に手間を省いて、全て業者にお任せしようとすると料金は高くなりがちです。

ですがアップル引越センターに依頼すれば、その両方の良いとこ取りができるのが最大の特徴です。

具体的にどういうことかと言うと、アップル引越センターは引越し業者でありながらもリサイクル業者と提携しているので、豊富な実績をもとに他社より1円でも安く買い取るノウハウがあるのです。

回収作業も引越しと同じタイミングで行うため、事前に不用品だけ処分して…引越し作業はまた別日に行って…など2度手間になることも無く非常に効率的です。

ただしアップル引越センターの対応エリアは東京をメインとする首都圏のみなので、そこだけは要注意です。

キタザワ引越センターの不用品回収・買取

リサイクル家電大型家具雑貨
引取り
買取り

キタザワ引越センターは流通会社やリサイクル業者と提携していることを強みに、不用品の回収をなんと0円で行うことができるんです!

大量の不用品やリサイクル家電ももちろん無料で引き取り可能。
だたし8年以上経過したリサイクル家電は、有料での引取りになる場合もあるので料金に関しては事前に確認しておくとよいでしょう。

キタザワ引越センターでは、以下の不用品をダンボールに詰めて送れば1箱500円で買い取ってくれるというサービスも行っています。

  • 靴・小物
  • バッグ
  • おもちゃ・ホビー
  • 食器
  • 服・衣類
  • 雑貨・服飾小物

さらにキタザワ引越センターでは「不用品買取引越しプラン」という他ではあまり見かけないサービスも行っています。

このプランは「引越し当日までは使いたいけど、新居では必要ない」といったテレビや電化製品、小型家具などの不用品を買い取ってくれるというサービス。

もちろん査定は事前に行う必要はなく、引越し当日に行うので時間も無駄になりません。
そればかりか、ちょっとしたお小遣いにもなるお得なプランなんです。

キタザワ引越センターの営業エリアも首都圏が中心となりますが、首都圏エリアでの引越しを検討している方はキタザワ引越センターを検討してみては。

【番外編】不用品をお金に換える方法

引越し業者で回収してもらえない不用品で、状態がいいものはできるだけ売ってお金に換えてしまいましょう。

お金に換える方法は3つ。

  1. リサイクルショップで売る
  2. オークションサイトやフリマアプリを利用する
  3. ネット宅配買取サービスを利用する

それぞれの特徴を詳しく解説します。

リサイクルショップで売る

一番手っ取り早い方法がリサイクルショップで売る方法です。

リサイクルショップの魅力は、ジャンル問わず基本的には何でも買い取ってくれるというところ。

 

買い取ってもらえるモノ一例

家具/家電/デジタル機器
衣類/インテリア雑貨/ファッション雑貨
食器(未使用)/スポーツ用品/アウトドア用品
楽器/貴金属/ブランド品
ホビー雑貨/おもちゃ/ベビー用品

 

たいていのモノはリサイクルショップで買い取ってもらえます。

どこに持っていったらいいか分からない不用品は、迷ったらとりあえずリサイクルショップで査定してもらうのがいいかもしれませんね。

高値が付きやすいモノ

売ってお金になればラッキーですが、できることなら高く買い取ってもらいたいですよね!

リサイクルショップで値段が付きやすいモノをまとめました。

ブランド品
  • 外箱・保証書・鑑定書などがある
  • 状態がキレイであること
  • 人気のある形やデザイン
  • グッチ、ルイヴィトン、シャネル、エルメス
洋服
  • 有名ブランド
  • クリーニングのタグは外さずそのままにしておく
  • Mサイズの洋服
  • シミや汚れが少なく、キレイな状態であるモノ
  • アイロンをかけてシワを伸ばし、キレイにたたまれたモノ
家電
  • 保証書や取扱説明書がある
  • キレイな状態
  • 型番が新しい
  • 付属品をそろえておく
ゲーム

1本あたりの買取単価が高い傾向にあります。ゲームによってはプレミア価格になる可能性も。

フィギュア

限定生産で、人気のジャンルであればプレミア価格になる可能性があります。

ゴルフクラブ

ゴルフクラブは、そもそもの単価が高いため、中古でも十分に高く売れる可能性があります。

 

着物

着物も、単価が高いので古着でもそこそこの価格になる可能性があります。有名な織物や伝統のある着物であればさらに高値で取引される場合も。

お酒

生産本数が少ない希少なお酒は、定価よりも高く売れる場合があるようです。ただし、保存状態によっては買い取ってもらえないこともあるので、売ろうと思ったら早めに売ったほうがいいかもしれません。

電子工具

電子工具も1個あたりの単価が高いことが多く、高値で売れるものの一つです。保存状態がよければ、さらに高く売れる可能性もあるようです!

「リサイクルショップで売りたいけど、近所のリサイクルショップがどこにあるのか分からない」という方のために、大手のリサイクルショップをいくつかご紹介します!

代表的なリサイクルショップ

  • ハードオフ
    店舗数の数も多く、出張買取も可能です!
    付属品の無い家電や、年式が古い家電でも買い取ってもらえる可能性があります
  • トレジャーファクトリー
    全国に100店舗数以上展開しています!
    電化製品から贈答品、洋服、貴金属と幅広い商品を取り扱っています。
  • 2nd STREET
    全国500店舗以上、年間380万件の買取実績を持つ大手リサイクルショップです。
    買取方法も、お客様に合わせて「店頭買取」「WEB買取」「出張買取」が選べます!

オークションサイトやフリマアプリを利用する

リサイクルショップで売るのとは違い、オークションサイトやフリマアプリは自分の納得いく価格に設定して売ることができるというのが大きなメリットです。

あまりにも見当違いな金額をつけてしまうと、逆に売れなくなってしまうので注意が必要です。
しかし、オークションサイトは自分がつけた価格よりも最終的には高く売れる可能性があるのであなどれません。

フリマアプリが急増し、気軽に利用できるようになったのが魅力のひとつですが、商品の写真を撮ったり、発送する手間などはどうしてもかかってきてしまいます。

また、フリマアプリやオークションの場合、商品を受け取った人から「写真には写っていない傷があった」「写真と違う商品が届いた」などのトラブルになる可能性が高いのも事実です。

ただし注意点を抑えて、モラルさえ守ればフリマアプリやオークションサイトは非常に便利なものです。賢く売って処分費用を浮かせちゃいましょう!

代表的なオークションサイト・フリマアプリ

  • ヤフオク!
    言わずもがな、日本最大級のオークションサイトです!
    ヤフー株式会社が運営しているので知名度もバツグン!安心して利用することができます。
  • メルカリ
    スマホで写真を取るだけで、簡単に取引をすることができます!
    成約率も高く、配送キットなどもそろっているのでスピーディーに配送手続きを行うことも可能です。
  • ラクマ
    楽天が運営するフリマアプリです。
    販売手数料が必要なフリマアプリが多い中で、何と「ラクマ」なら販売手数料が無料!

ネット宅配買取サービスを利用する

あまり聞きなれない「ネット宅配買取サービス」ですが、どんなサービスなのか簡単に説明します。

リサイクルショップに売りに行くような手間がなく、同じことが自宅にいながら簡単に行えるというものです。

自宅に宅配キット(ダンボールや送り状)が一式届くので、ダンボールの中に不用品を詰めて送り返すだけで買い取ってくれるというサービスです。

買い取ってくれる不用品の種類は業者によって違いがあるものの、たいていのモノは買い取ってくれるところが多いようです。

もし買い取れず価格がつかないものがあった場合は「送り主に商品を返却」もしくは「業者のほうで処分」どちらか選べる業者が多いようです。

ネット買取宅配業者

  • 買取王子
    CMも放映しており、知っている方も多いのではないでしょうか。取引料金や返送料などの手数料は全て無料!不用品をいろいろダンボールに詰めて送るだけの簡単買取サービスです。
  • 駿河屋
    本・CD・DVDなどを大量に買い取ってもらいたいなら「駿河屋」がおすすめです!ブックオフや、古本屋など書籍のリサイクルショップは数多くありますが、大量の本を持っていくのは重たいですし、手間がかかりますよね。そういったときはネット宅配で書籍を買い取ってもらう方法がおすすめです!
  • いーあきんど
    ゲームやホビー商品を売りたいなら、「いーあきんど」がおすすめです。集荷から査定結果が出るまでなんとわずか1日。お金が早急に欲しい人にとっても助かるのではないでしょうか。宅配キットを提供してくれるので自分でダンボールを用意する手間もはぶけちゃいますね。

まとめ

引越しの見積もりを取る前にできれば不用品は処分しておいて、少しでも引越し費用を安くしたいもの。

自治体のルールに沿って粗大ゴミとして処分する方法が安く済みますが、処分所まで自分で運んだり処分日に間に合うように不用品をまとめたり…と時間と労力がかかります。

かといって不用品回収業者に全て任せると、処分費用が高くなる可能性も。

その点、不用品を処分してくれる引越し業者に依頼すれば、引越し作業と不用品処分作業が1日で済む上に、買取をしてもらえる業者にお願いすれば引越し費用も浮きますよね。

不用品を買い取ってくれる業者って、意外と中小企業の地域密着型の引越し業者が多いので、引越しの見積もりを取る際は必ず中小企業も含めて何社か見積もりを取ることをおすすめします。