引越しが近距離(市内・区内など)の見積もり相場とおすすめ引越し業者のプラン

近距離引越しが安い引越し業者紹介と、費用をトコトン下げるコツ

引越し先が近場の場合、できるだけ引越し費用を節約したいところ。

荷物全部を自分で運べるなら話は早いです。
しかし、荷物の量や大きさによっては引越し業者を利用する必要も出てくるはず。

――となると依頼する荷物量にピッタリな業者のプラン選びが重要となってきます。

一度の荷物情報の入力で最安値のプランが見つかる、一括見積もりをとるのが一番ラクです。

近距離の引越しだからこそトコトン安く引越せる!
運びたい荷物に合った最安値のプランは比較して見つけよう

オススメの一括見積もりサイトをみる

新居までの距離が短距離である分、工夫次第でトコトン安くできる近距離の引越し。自身の運ぶ荷物をきちんと把握しておいて、相応しい引越し方法を見つけることが大事です。

近距離の引越しに「おすすめの引越しプラン」「費用をガッツリ下げるコツ」などをまとめてますので、近場の引越しをお考えなら参考にしてくださいね。

近距離引越しの料金相場一覧

約15km以内
(同区市内)
約50km以内
(同県内)
単身(荷物小) 2~6万円 3~10万円
単身(荷物大) 2~10万円 3~15万円
2人家族 3~8万円 5~18万円
3人家族 6~12万円 10万円~
4人家族 8万円~ 10~20万円

※大手引越し業者数社から電話調査した相場を参考に算出しています。
※繁忙期(3月~4月)除く。

上記はあくまでも目安の相場で、距離・荷物の量・引越す時期によって価格は変動します。
一般的には3月4月の引越し繁忙期と呼ばれる時期や土日は、上記の金額からさらに、5,000~20,000円程度アップすることが見込まれます。

また、引越しには付き物の「不用品処分」「エアコンの着脱」「扱いが特殊なピアノの運搬」などを同時にお願いする場合は、作業員を増員しなくてはいけないので料金はますます上がっていきます。

ただ、先述したように工夫次第で安くできるが近距離の引越しです。上記の相場以上に安くなることも往々にしてあり得えるので、のちの章でお伝えしていきますね。

近距離おすすめの業者と引越しプラン

業者ごとにプラン内容は異なり、それに伴って運べる荷物量も違ってきます。自分が運びたい荷物の量と大きさにピッタリのプランを選ぶことが肝心です。

近距離引越し向きの引越し業者とそのプランをいくつかまとめます。

日通【単身パック当日便】

こんな人向き!

  • 引越し作業を当日中に済ませたい
  • 荷物をまとめて引越し業者に依頼したい

「単身パック」といえばボックス単位での輸送が一般的なイメージですが、日通の「単身パック当日便」はトラック1台をチャーターして運ぶプランです。つまり、ボックスでは運べないベッドやソファなどの大型の家具も通常通り運送可能ということ。

また、プラン名に「当日便」と付くだけあって、引越し作業が半日で終わるというのがウリのプランです。

通常、引越しでは集荷~搬入までの作業は日をまたいで2日間必要なんですが、少量の荷物かつ、車で30分程度の近距離という条件のもと、スピーディな引越しが可能というわけですね。

クロネコヤマト【らくらく家財宅急便】

こんな人向き!

  • ダンボールに入る荷物は自分で運びたい
  • 大型の家具だけを配送してほしい

クロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」は、大型の家具や家電のみを小口配送する宅配便サービスです。

近距離の引越しであれば低価格で家具の配送が可能です。加えて家具1点ごとの配送料金がきちんと決まっているため予算を組みやすいです。

ただし、良くも悪くも一定額。引越し業者のように複数社の見積もりを比較すれば安くできる!というメリットは期待できません。

アリさんマークの引越社【ミニ引越しプラン】

こんな人向き!

  • 荷物をまとめて引越し業者に依頼したい人

アリさんマークの引越社には「ミニ引越しプラン」という近距離限定プランが荷物量別に3つ用意されています。

荷物量目安
ミニ引越しプラン ダンボール20箱まで
+ たたみ3畳分程度
特ミニ引越しプラン ダンボール15箱まで
+ たたみ1畳分程度
超ミニ引越しプラン ダンボールのみ10箱まで

近距離向けのプランが3つもあることもあって、運びたい荷物量ピッタリのプランを案内してくれるところがアリさん特有の強みではないでしょうか。短距離の引越しでも全部まとめて運んでもらいたい人におすすめです。

ただ、プラン適用条件として
同区市内(5km以内)の超近距離の引越しであること
引越し日や時間帯の指定ができないことには注意しましょう。

赤帽

こんな人向き!

  • 荷物全部をとにかく安く引越したい
  • 多少引越し作業を手伝ってもいい

近距離の引越しをする上で外せない候補が「赤帽」
正確には引越し業者ではなく、運送業を営む個人事業主で構成された「貨物軽自動車運送協同組合」という組織の総称です。

引越しサービスも行っているため、近距離の引越しに利用することが可能です。料金の決まり方はおおよそ以下の通り。

作業時間2時間以内/走行距離20km以内の場合 = 13,500円
(1台1工程・ドライバー1名、土曜・日曜・祝祭日は2割増)

条件に当てはまりやすい近距離の引越しであれば、かなり安く利用できますね。ただ逆に赤帽は距離が増えれば増えるほど料金が加算されるので、長距離の引越しには向きません。

また、赤帽ではダンボールなどの梱包資材は自分で用意しなくてはいけない上、作業員1名をお借りする形であるため、多少作業を手伝うことを頭に入れておく必要があります。なので体力に自信のない方には不向きかも。

「手伝うのは問題ないよ!」という方で、近場の引越しを検討しているのであれば赤帽は安く引越せるのでオススメです。

近距離の引越しなら地元の地域密着型業者もアリ

近場の引越しであれば全国に支社を構える大手業者に依頼するよりも、住んでいる県の地域密着型の中小業者に依頼する方が安く済む可能性が高いです。

というのも一般的に中小業者は大手と比べCMなどの宣伝費やコールセンターなどの人件費といったコストをカットしている分、安い料金設定で勝負しているところが多いんです。

とはいえ中小業者は各県にたくさんあるため千差万別。必ず大手より安い!というワケではありません。

なので「自分の住む地域の中小業者」と「大手業者」からまとめて見積もりをとり一番安い業者に決定するのがベストな選択。

ただ、知名度の関係もあって自分のエリアの中小業者を探すのってじつは結構大変なんです。

が!一括見積もりなら対応エリアの業者が大手中小問わずピックアップされるので、その点は問題ありません。

近距離引越しなら地域密着型業者の見積もりも比較!
引越し距離の入力で大手・中小もまとめて比較可能!

オススメの一括見積もりサイトをみる

管理人の近距離引越し実例

実例1

距離:同一市内(約5㎞)
最終見積もり:A社:8万円 B社:5万円 C社:3.5万円
差額:4.5万円

やったことといえば、インターネットの見積もりサイトを使って自分の引越し情報を入力して見積もり比較しただけ。

そして、その中から数社に訪問見積もりに来てもらうこと!

訪問見積もりをするのとしないのでは、金額が大きく変わってくるので、安く引越したいのであれば訪問見積もりは最低でも2社からとることをおすすめします!

実例2

距離:同区内(東京都)
最終見積もり:A社:17.6万円 B社17.2万円 C社:15.6万円 D社:10.2万円
E社:9.9万円 F社:9.7万円
差額:7.9万円

本当は7社に見積もり依頼をしましたが、そのうち1社に他社さんの価格を伝えた瞬間「ウチでは無理です」といってお断りされてしまいました。

そして、6社で見積もりをとってもらった結果その差額なんと7.9万円!
「時間がなくて、訪問見積もりを依頼する時間なんてないよ!」
なんて気持ちもわかりますが、実際にやってみると毎回このくらい値段の幅が出てきますので正直笑っちゃいます。
なんでこんなに違ってくるのかと…

こんなに差が出ちゃうと正直、相場費用とかよく分からなくなります。

短距離だろうが、単身パックだろうが、そして繁忙期でも閑散期でもとにかくその引越し業者がどれだけ仕事が欲しいか、スケジュールを埋めたいかによって費用は変わってくるんだろうなと痛感しています。

これだけ何回も引越しを繰り返していると、費用を安くするためには複数社から見積もりを取る以外の選択肢は個人的に見当たりません。

近所への引越し費用をトコトン下げるコツ

この章では近距離だけに限らず、あらゆる引越しのときにも応用がきく“引越し費用を抑えるコツ“をいくつかご紹介しようと思います。

荷物が少ないなら自分で引越す方法もあり!

家具や荷物が極端に少ない場合、独り身の単身者なのにわざわざ引越し業者を呼ぶのも面倒だし、お金もかけたくない。

荷物が少量で時間や労力に余裕があるならマイカーを使って自分で引しするのも全然ありでしょう。

ただし、各社が打ち出す単身パックを使えば、WEB割引があるので1万円ちょっとの最安値で引越しできる場合も普通にあります。

近距離引越しに定評のある赤帽でも1万円を切るケースはよくあります。

2万円以下で時間を節約できて、重たい荷物も運んでもらえる。
特に近距離引越しなら安くなる可能性が上がる、などとりあえず料金比較だけはしておくと思わぬ価格で引越しできたりします。

荷物が少ないなら大型家具だけ引越す方法も

移動距離が短く、運べる荷物が少なくてある程度自家用車などで運べてしまう場合や、今回の引越しである程度家電や家具を買い換えてしまいたいと考えている場合は「家具だけ引越し」を検討してみるのもひとつの方法です。

家具だけ引越しプランを打ち出して対応している業者もありますので、引越し料金を最小限で抑えることも可能です。

荷物が多い場合は不用品の処分を

引越しの見積もりを取る際に、部屋が不用品であふれていれば、その分見積もりも余計に計上されていまいます。

できれば見積もりをとるまでに、不用品はキレイサッパリ処分しておきたいものです。

不用品の処分方法は大きく分けて4つあります

  • 不用品を売ってお金に換える
  • お金を払って処分する
  • 自分で処分する
  • 譲る

簡単に言うと「売る」「捨てる」「譲る」ということになります。
リサイクルショップや、フリマアプリなどを利用して不用品を売れば、お小遣いにもなって一石二鳥ですよね!

一括見積もりをとる

引越し費用を少しでも安くしたいと思うなら、まずは自分の引越し費用の適正価格やおおよその費用相場を知ることが重要ですよね。

そのために有効なのが「一括見積もりをとる」ことです。
一括見積もりは、その名の通り「まとめて何社か見積もりを出してくれるシステム」です。

パソコンやスマートフォンから「一括見積もりサイト」にアクセスして、必要な項目(住所、引越し予定日など)を入力するだけで、あなたにあったおすすめの引越し会社を何社かピックアップしてくれるという仕組みになっています。

近距離の引越しだからこそトコトン安く引越せる!
運びたい荷物に合った最安値のプランは比較して見つけよう

オススメの一括見積もりサイトをみる

訪問見積もりをとる

管理人の実体験でも書きましたが、引越し費用を安くしようと思ったら「訪問見積もり」をとることは必須です!

その際、最低でも2社以上から訪問見積もりをとることをおすすめします。
なぜなら、1社から訪問見積もりをとってもそれが自分にとって適正価格か判断することはできません。

訪問見積もりを2社以上からとり、引越し会社に価格を競わせることで引越し費用はグンと安くなる可能性があります。

訪問見積もりでの値下げ交渉術

訪問見積もりをすれば、引越し料金が安くなるのはおわかりいただけたかと思いますが、さらに安くなる秘訣を解説したいと思います!

ダメ元で最後にもう一声!

引越し業者から提示された金額から、さらに値引き交渉をするためには
「〇〇円まで下げていただければ、即決します!」
と、自分の方から希望の値段を提案してみましょう。

その金額で通るかどうかは保証できませんが、引越し業者もできれば自分の会社で引越してほしいと思っているので、「わかりました、いいですよ!」という返答が返ってくる可能性も十分に考えられます。

現金払いでさらに値引きが可能!?

引越し料金をクレジットカードで支払おうとしているのであれば、まだ値下げの余地があるかもしれません!

というのも、クレジットカードで支払いをすると、業者側はクレジットカード会社に手数料として売り上げの数%を支払うことになり、その分利益も減ります。

現金で支払うことで、クレジットカード会社に手数料を支払う必要がなくなり、その分値引きをしてくれる余地ができます。

必ず値引きをしてもらえるという保証はありませんが、現金払いを条件に値引きを承諾してくれる場合もあるので、ダメ元で交渉してもても損はないでしょう。

本命の引越し業者の訪問見積もりは一番最後!

引越しまでに時間に余裕があるのなら、本命の引越し業者の見積もりは一番最後にしましょう。

これまで8回引越しをした管理人の経験的な部分で言うと、初回の見積もり料金は各社ともほぼ間違いなく高くだしてきます

そして、訪問見積もりは後になればなるほど金額がさがる傾向にあります。

つまり、本命の引越し業者を一番最後にすることで、一番安い金額を提示してもらえる可能性があるのです。

まとめ

これで安くなる!
もともと値段は抑えやすい近距離引越し、最後のひと押しで料金を下げるカギは「他社との比較見積もり」ですね。

管理人はいつも他社でもらった見積もり料金を違う業者に伝えて、どんどん値下げ交渉しています。

また、こういった値下げ交渉は、引越し業者の比較をするからこそできるんです。

まずは引越し一括見積もりサービスを利用して、近距離に対応した安い引越し業者を探すことが格安引越しへの第一歩!

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる