引越しやることリスト【最低限版】準備や手続きチェックリスト

引越しやることリスト!単身・家族別の準備と手続き
引越しは予約が早い程安い!
見積もり比較で最大50%OFF!

最安値のプランを探す

引越しってやることいっぱいあるんですよね。

忘れたら後々困ることも沢山あるしやらなければ…と思うんですが、どうしても忘れがちなこと、あとでしまった!となることも多くて…

そんな最中、現時点で引越し業者がまだ決まってない!という人は、早めに業者から見積もりを出してもらいましょう!

なぜなら、引越しは予約が遅れれば遅れるほど、料金が高くなってしまいます。

引越し需要が高まる3月4月の繁忙期だと、予約自体とれないなんて当たり前。

とにかく滑り込み予約はNG!
遅くとも1ヶ月前から各業者の見積もりを比較し、依頼する業者を見つけておきましょう。

【 引越し侍 】なら
“一番安い引越し業者”がみつかる!
  • 登録業者数が業界最多の314社!
  • 人気大手から地元の中小まで幅広く比較!
公式サイトはこちら

「できれば簡潔に、最低限やるべきことだけを押さえておきたい!」

こんなズボラな人のために、特に注意したい項目を中心に 優先度を「高・中・低」に分けた「やることリスト」を作ってみました。

引越し準備には「単身者限定でやること」「家族限定でやること」もしくは「共通でやるべきこと」があるため、そちらも分けた期間別チェックリスト表になっています。

上から順番にチェックを入れていけばOK。

▼PDFで一覧をダウンロードできるようにもしていますので、ぜひ印刷して使ってみてください!

その他一括見積もりサービス
電話番号が必要ない!SUUMO引越し
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 電話番号の入力任意!
    電話がかかってこない唯一の比較サービス

赤帽とも比較ができる!LIFULL引越し
LIFULL引越しの一括見積もり
  • 赤帽も検討するなら!
    赤帽の比較ができるため、近場の引越しなら安くなりやすい

【単身&家族共通】引越しが決まったら早めにやること

 優先やること手続き先手続き方法
住居・駐車場の解約手続き不動産屋電話
インターネットプロバイダ契約変更各プロバイダ電話
ネット
引越し業者選び引越し業者ネット
新居の契約と下見不動産屋電話・窓口

住居・駐車場の解約手続き

引越しが決まったら、まず解約申請はできるだけ早めに行いましょう。

早めにやっておかないと、契約更新の日付によって翌月の賃料がかかってきてしまいます。

インターネットプロバイダ契約変更

ネット回線の手続きは約1ヶ月かかる場合もあるため、本当に早くやったほうがいいです。

回線状況でより安いプランに変更できる場合もあり、この手続きにも時間がかかります。

引越し業者に依頼

新居が決まったら、早めに引越し業者に依頼をしましょう。

というのも、引越しの予約が遅れると引越しの料金がグンっと高くなることが多いんです。

引越し予定日のトラックの空き状況など、業者側の都合が見積もりに大きく影響することが主な原因です。土日や月末月初、3月4月の繁忙期であればなおさら。

なるべく安い引越し業者を見つけるため、複数の業者から相見積もりをとることをオススメします。
そのためには、時間をかけずに最安値の業者が探せるインターネットの一括見積もりサービスを役立てたいところ。

何かとやることが多くて忙しい引越し準備…「営業電話の対応なんてしてられない!」って方は、電話番号登録不要の【SUUMO】がおすすめです。

【 SUUMO 】なら
“電話番号ナシ”で見積もり比較!
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 電話番号入力なし!営業電話に悩まされない
  • 大企業リクルート運営の安心感
公式サイトはこちら

この一括見積もりサービスの登録も、早めにしておくのがおすすめ。
予定日から早ければ早いほど、数多く業者がヒットして安いプランが見つかります。

新居の契約と下見

意外と見落としがちなのが、引越しを意識した下見です。これ、結構忘れがち。

冷蔵庫やソファなど大きめの家具を搬入する際の玄関・通路の幅は充分あるか設置した際にきちんと使えるスペースがあるかは重要です。
家財のサイズを把握した上でメジャーを持っていきましょう。

下見にカメラも持っていく

引越し業者との契約する前に「訪問見積もり」という「見積もり+打ち合わせ」のやりとりがあります。ただ、旧居には足を運んでくれるものの、基本的に新居の状況まで確認することはありません。この訪問見積もりに備え、新居の搬入経路を撮影した写真や間取り図を用意しておくと、当日になって大型家具が搬入できなかったなんてトラブルの予防になります。

【家族限定】引越しが決まったらすぐにやること

 優先やること手続き先手続き方法
児童手当の手続き役所窓口
子供の転校届け学校学校次第

児童手当の手続き

中学校卒業までもらえる児童手当は、引越し先がこれまでと違う市区町村の場合に手続きが必要です。
役所で申請手続きする必要があり、転入した日から15日以内の期限付きです。

子供の転校届け

公立の小中学校で必要な書類は以下の3点。

  • 在学証明書(学校でもらう)
  • 教科書給与証明書(学校でもらう)
  • 転入学通知書(役所でもらう)

これらを転校先の学校へ提出します。

高校は各都道府県、私立の場合はその学校によって異なるため要確認です!

その他すぐにやること

引越し準備の計画

引越し業者を決めたら、梱包資材の手配と当日に向けての打ち合わせをします。
打ち合わせが曖昧だと、スケジュール通りにいかなかったり、当日家具が新居に運べなかったりとトラブルが多発することも。

転居はがきの作成と送付

知り合いや上司宛てに転居はがきの作成・送付をするのは人それぞれですが、礼儀を重視する業界や会社、これまでお世話になった人たちへの対応として必要に応じて行いましょう。

【単身&家族共通】引越しの2~3週間前にやること

 優先やること手続き先手続き方法
すぐ使わないモノの荷造り梱包電話
固定電話契約変更NTT電話116
ネット
荷物転送手続き郵便局窓口
ネット

すぐ使わないモノの荷造り

使わないものは少しずつ、早めに荷造りしておきましょう。

引越し準備中も生活に支障が出づらく、より楽に荷造りできておすすめ。
思い出の品が出てきて見入っちゃう現象には要注意!(笑)

不用品も早めに選別しておくと、処分しやすくなりますよ。

固定電話契約変更

最近ではインターネットの回線で電話できる光回線通話などで電話料金をグッと押さえたりできることもあるので、早めに検討しておくと引越しをきっかけに固定費を下げられます。

荷物転送手続き

郵便局に転居手続きをしておけば、荷物を自動で1年間転送してくれます。

窓口訪問の場合は身分証明書が必要ですが、最近はスマートフォンでも手続きできるようになりましたのでインターネット手続きが便利。

郵便局のe転送

あと、アマゾンの利用が多い方や、いつも配達に来る荷物がクロネコヤマトが多い人は、ヤマトの転送サービスもネットで手続きできます。 (こちらも1年間有効)

宅急便転居転送サービス

その他2~3週間前にやること

携帯電話の住所変更手続き

これはぶっちゃけ引越しした後でも大丈夫な項目。
郵便局の転送手続きをしておけば明細もしっかり新居に届きます。

ただ、いずれはやらないといけないので、時間がある内にやってしまいましょう。
スマホからも可能。IDとかパスワードとかを忘れると、結局お店に行くことになりますが…

【単身&家族共通】引越しの1週間前にやること

 優先やること手続き先手続き方法
転出・転居手続き役所窓口
国保と健康保険手続き役所窓口
印鑑登録手続き役所窓口
公共料金の解約・開通手続き各管轄会社電話
ネット
不用品・粗大ゴミ手続き役所または買取店電話
窓口
荷造り梱包自宅梱包

転出・転居手続き

手続きは転出用届けに記入して窓口に出すだけ。
すると転出証明書がもらえます。

これは早めにやっておかないと、引っ越し後に前居住地の役所に行かなければなりません。
遠方の引越しの場合時間も交通費も無駄にしてしまうので、必ず引越し前に行いましょう。

受付は原則引越し日の14日前からなので注意。

国保と健康保険手続き

転出・転入手続きで役所に行った際に一緒に手続きすればOK。
印鑑と健康保険証(免許証)が必要です。

印鑑登録手続き

こちらも転出・転入手続きで役所に行った際に一緒に手続きすればOK。
印鑑と身分証明書(健康保険証か免許証)が必要です。

公共料金の解約・移転手続き

電気・水道・ガスなど「ライフラインの解約」と「転居先住所の開通手続き」はそれぞれ一度の連絡で可能です。

ネットでも手続きできますが、記入が面倒なので電話がオススメです。
お客様番号など聞かれますが、契約者名や電話番号を伝えれば手続き完了です。

ガスだけ転居先での立会が必要になるので、覚えておきましょう。

あとはNHKにも連絡が必要です。こちらもネットでも手続き可能です。

不用品・粗大ゴミ手続き

大型の廃棄物は役所に連絡して有料で処分してもらう必要があります。
地域にもよりますが、1週間前からの回収手続きが必要だったり、回収日が1ヶ月に1日しかなかったりするので要確認。

また、冷蔵庫や洗濯機、エアコンやテレビなどの家電は、家電リサイクル法で普通の粗大ゴミとして出せないと定められているので注意してください。

不用品回収やリサイクルに対応している引越し業者を利用する、もしくはヤフオクやメルカリ、ジモティーなんかを使って売るという手もアリですね。

荷造り梱包

1週間前ともなれば引越し準備はいよいよ大詰めに。
普段使わないものからどんどんダンボールに入れていきましょう!

食器などギリギリまで使うもの以外の梱包は最小限に抑えつつ、どんどん梱包していけば同時に掃除も進むのでおすすめ!エアコンなども一緒に掃除しておきましょう。

あと、新居のどの部屋に置くのかナンバリングしておくと、業者さんが搬入の際分かりやすくなり後々ラクに。
もちろん、荷造り梱包サービスを有料で頼む場合は業者さんがやってくれます。

その他1週間前にやること

新聞の解約手続き

新聞社に解約手続きしておかないと、引越し後も引き落としが発生する可能性があります。
新聞を取っている方は忘れずに行いましょう。

アマゾンや楽天などネット通販の住所変更

転送手続きをしておけば引っ越し後の荷物は自動で転送されますが、ネット上で簡単に住所変更できますのでサクッと済ませましょう。

事前に変更しておけば、引越し前に商品を注文して引っ越し先に届くようにしておくこともできますよ。

銀行やクレジットカード会社への住所変更手続き

引越し前に手続きしなくても特に大きな問題は発生しませんが、やれる時にやっておきましょう。
自動車保険や生命保険の住所変更も、加入しているのなら忘れずに。

火災・地震保険の解約手続き

今住んでいる家には火災保険地震保険がかかっています。
こちらも転居前に各会社に連絡して解約の手続きを。

ケーブルテレビや衛星放送の契約

転居先でも引き続き見る場合は、住所変更及び設置の手続きを。見ない場合は解約手続きを。

【単身&家族共通】引越し前日~当日にやること

 優先やること手続き先手続き方法
常に使うもの仕分け自宅ダンボール以外
冷蔵庫・洗濯機の水抜き自宅製品次第
鍵の返却と受取不動産屋訪問または来訪
新居の家具配置図自宅新居間取り図

常に使うもの仕分け

仕事で使うものやノートパソコン、携帯やスマホの充電器、洗顔やシャンプー、歯ブラシなど水回り用品、貴重品など…明日からもすぐに使うものや失くすと大変なものはダンボールに入れないように仕分けておきましょう。

ダンボールに入れてしまうと、他の荷物に紛れて取り出すのが大変!

スーツケースに入れたり、専用の手提げカバンに入れたりしておくと分かりやすく保管できますよ。

冷蔵庫・洗濯機の水抜き

洗濯機は意外と大丈夫な機種が多いですが、冷蔵庫は電源を早めに切っておかないと溶け出した霜で当日水浸しに。電源は前日には抜いておきたいところ。

電源を抜くと、冷蔵庫の下部もしくは背面に内蔵しているトレーに水が溜まるので、運び出す前に排水が必要です。

【引越し1週間前~】冷蔵庫のタイプを確認
▼ 冷蔵庫の水抜きについては次の記事でまとめています。参考にしてください。

冷蔵庫を引越しする前にやること準備リスト

鍵の返却と受取

不動産屋が抜かりなく連絡してくるので忘れるケースはほぼありませんが、事前に日時を決めるなどの段取りを忘れずに。
スペアキーがあればそちらも提出。

新居の家具配置図

荷物搬入時にパパッと業者に指示できる人なら作成する必要はありませんが、事前に家具の配置図を簡単に作っておくほうが混乱せずに無難。
当日ものすごい勢いで家具が搬入されてきますので、配置図があるとかなり楽になります。

その他前日~当日にやること

掃除

次に入居する人のためにも、そしてお世話になったお礼も込めて、ピカピカに掃除しておきましょう。家具を動かした場所、ベランダ周りや玄関も忘れずに!

ご近所さんへの挨拶回り

都会ではあまり挨拶回りの慣習を見かけませんが、郊外や田舎では結構必要だったりします。
立つ鳥跡を濁さず…というほどではないですが、お世話になったご近所さんたちへの挨拶を。

引越し業者への精算

引越し業者への料金支払はほとんどの場合、引越し当日に現場で行うことになります。
支払いのための現金(またはクレジットカード)の用意は忘れずに!

電気のブレーカーを下ろす

家を出る直前にはブレーカーを忘れずに落としてから退去しましょう。

【単身&家族共通】転入後にやること

 優先やること手続き先手続き方法
電気・ガス・水道の確認自宅※ガスは要立会
転入届役所窓口
国保と健康保険手続き役所窓口
印鑑登録手続き役所窓口
免許証の住所変更警察署
運転免許センター
窓口
車庫証明の申請警察署窓口
車検証の住所変更警察署陸運局

電気・ガス・水道の確認

電気と水道はほぼ当日使えることが確認できますが、ガスだけは立ち会いが必要。
事前に引越し日当日に立ち会いに来てもらえるよう段取りしておきましょう。

また、ネット回線やテレビの受信有無も併せてチェック。
インターネットは工事日が引越し当日になるよう、事前連絡して調整しておきましょう。

転入届

役所への転入届は引越し後14日以内。
事前に手配しておいた転出証明書と身分証明書、印鑑を持参してお住まいの管轄役場で早めに手続を。

マイナンバーカードの変更手続きも併せて行いましょう。

国保と健康保険手続き

転入届手続きの際に一緒にやっておきましょう。
健康保険は遅れると保険証の発行が遅れて医療費に関わるため、なるべく早めに。

国民年金は会社員の場合は会社で被保険者住所変更を出せばOKですが、主婦や自営業などそれ以外の方は国民年金担当課で手続きを。

印鑑登録手続き

こちらも転入届手続きの際に一緒に。
身分証明書が必要です。

免許証の住所変更

運転免許証を持っている場合は印鑑住民票を持って、最寄りの警察署または運転免許センターに。住民票が必要なので、先に転入届を済ませておく必要があります!

車庫証明の申請

免許証の住所変更手続きの際に一緒に申請しましょう。免許証の手続きが先なので注意。

また、印鑑が必要です。車庫証明書は申請後4営業日後の発行になるため、再度警察署に行く必要があります。

車検証の住所変更

車検証の住所更新期日は引越し後15日以内ですので早めにやっておきましょう。

【家族限定】転入後にやること

 優先やること手続き先手続き方法
子供の転校届け学校学校次第
児童手当の手続き役所窓口
犬の登録役所窓口

子供の転校届け

転入前の学校で事前にもらっておいた転入学通知書、在学証明書、教科書給与証明書を持参の上、転校先の学校または教育委員会で手続きを。
役所で転入届を出した後です。

児童手当の手続き

転入前と同様役所で手続きを。手続きしないと手当がもらえません。

犬の登録

犬を飼っている場合は役所での登録変更が必要です。ちなみに猫やその他ペットの登録は必要ナシ。

狂犬病の予防注射が関係していますね。

その他転入後にやること

パスポートの住所更新

都道府県によって窓口が異なります。
戸籍謄本、住民票、パスポートが必要です。

バイク・原付自転車の住所変更

バイクは排気量によって手続き先が異なります。
125cc以下の場合は現住所と新住所の役所に。126cc以上の場合は陸運局に。
こちらも期限付きで引越し後15日以内です。

母子手帳の登録変更

会社員の方で会社で加入している場合は手続きの必要がありませんが、それ以外の方は印鑑持参の上役所に行って手続きをしておきましょう。

挨拶回り

新しい人が近所に引越してきたら、ご近所さんは気になるもの。可能な限りで挨拶回りを。

梱包資材の回収依頼

業者によってはダンボールの回収を無料では行ってくれないところもあるので、引越し前に確認しておくと良いですね。

各種サービスカードや会員情報の更新

すぐやらなくても支障はありませんが、引越したことで住所が変わったことを伝える必要があるサービスに登録している場合は、時間がある時に対応を。やるって日を決めたら一気にやるといいですよ!

まとめ:やっぱり引越し準備ってやることいっぱい!

「ズボラさんのための…」と銘打って一覧を作ってみましたが、最低限に絞ってもやることはいっぱい!

やらないといけないことばかりなのでちょっと気合がいりますが、できるだけ早くスタートして少しずつ片付けていけば大丈夫です!

一番最初にやっておくべきなのは「業者選び」

引越しが決まったら真っ先に行っておきたい引越し業者選び。

3月4月の繁忙期では予約が集中して、見積もり料金が2倍以上跳ね上がるだけならまだマシな方。

最悪の場合、どこも受け付け中止していて引越し業者が見つからない!なんてことも。

引越しが決まって、すぐに依頼しただけでも状況は全然変わってきます。
空席状況を確認するという意味でも、できればより多くの引越し業者から見積もりを取ってみて最安値の業者を見つけておきたいところ。

こちらとしても余裕を持って引越し準備ができやすくなりますね。

より多くの引越し業者から見積もりを取るなら、無料の一括見積サービスを活用するのがオススメ!引越し条件をサイトに入力・送信するだけで複数社からの見積もりがカンタンにとれます!

引越し侍
引越し侍の一括見積もり
  • 提携業者300社以上!
    大手~中小まで幅広く比較できるため、とにかく安くなりやすい

SUUMO引越し
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 電話がかかってこない!
    電話番号の入力が任意のため、メールだけでやりとりができる

LIFULL引越し
LIFULL引越しの一括見積もり
  • 赤帽加盟はLIFULLだけ!
    赤帽の比較ができるため、近場の引越しなら安くなりやすい

また、各業者がやっているプランやサービス内容によっては、梱包材の調達や荷造りをする必要がなかったりと引越し準備にも影響してきます。
段取り良く準備を進めるためにも、早めに業者選びを済ませて、プランやサービスを確定しておきたいところ。

調査データのご利用について

Webサイトや紙媒体でご利用できます。商用利用も可能です

ノンクレジットOK!できれば引越しチェキの紹介もしてください!

禁止事項

公序良俗に反しているサイトでの利用
データの加工
データの二次配布(加工したものも含む)

ご紹介用サイト情報

サイト名:引越しチェキ
キャッチフレーズ:引越し見積もり料金を相場より安くするためのサイト
URL:https://www.yinlips.com/

表記例

データ提供:https://www.yinlips.com/

リンクタグ例

データ提供 <a href=”https://www.yinlips.com/” target=”_blank” rel=”noopener”>引越しチェキ</a>

ABOUT US

引越しチェキ!編集部
新しい場所へ移り住むワクワク感を求めてついつい引っ越しを繰り返すため常に金欠状態。
その結果、いかに安く引っ越せるかを自然と学び、友達が引っ越しすると聞けば呼ばれてないのに現場に駆けつけて業者さんと交渉を繰り返すおせっかい屋さん。
引越し歴:岐阜市⇒名東区(愛知)⇒小牧市(愛知)⇒伊勢原市(神奈川)⇒犬山市(愛知)⇒神戸市⇒目黒区⇒目黒区⇒渋谷区(累計8回)