エアコンの引越し「移設」「買替え」おすすめはどっち?体験をもとに最善策を解説!

「引越しと一緒にエアコンも持っていきたい!」
引越しの際にエアコンも移設したい場合があります。
私も引越しの際にエアコンが付いてなかったので、新品をネットで安く購入して2機購入(38,000円×2台=76,000円)して取り付けました。

かなり痛い出費だったのですが、エアコンが無いのはもちろん無理。
まあでも新しいエアコンなら気持ちいいしということで購入したんです。

けれども1年住んでみてそのマンションの湿気に耐えられず、やむなく近隣に引っ越しすることに。

で、買った新品のエアコン、かなりもったいないじゃないですか。
新居に持っていきたいですよね普通に。

なので、いつも引越しの際に使っていた一括見積もりサイト(Aサイトとする)を通じてついでにエアコンの移設もできるとのことだったのでお願いしたのですが…

かなりのトラブルになって結局移設しないほうが安いという結果になった経験があります。

安易に移設をお願いすると、余計に高く付く場合もあるため、慎重に検討する必要があると思っています。

ここでは私の経験を元に、エアコン引越しについて分かりやすくまとめてみました。

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる

エアコン着脱の見積もりをしてみた結果

Aサイトで引越し自体の見積もりを取ると、付帯サービスとして
「エアコンの移設は検討されていませんか?」
といった電話がかかってきたんですね。

もちろん検討してます、検討というか一緒に引っ越し絶対します!状態だったのですぐさま見積もりを依頼したわけです。

すると帰ってきた返答は約「15,000円」(端数はありました)。

2台ですよ、安い。安すぎる。
この時相場は分かりませんでしたが、また新品を買うことを考えたら全然安く感じたわけです。

でそのまま「じゃあ移設お願いしまーす」と二つ返事で依頼しました。

業者さんが見積もりにきた結果、驚愕の費用見積もりを出される!

もう引越しの日程も業者さんも決まっていて、あとはエアコン外してもらうだけという状態。

Aサイトから依頼されて来た移設業者さんが来訪、実際にいろいろ見てもらって出てきた見積額がなんと…

「75,000円!!」

業者さんが見積もりにきた結果、驚愕の費用見積もりを出される!

正直なところ、瞬間的に「やられた!!」と思ってしまいましたよ。

なんで15,000円の見積もりが5倍の75,000円に跳ね上がるのか…。

だけど、業者さんはいかにも職人さんといったご年配の方で一切の悪気もなさそうなご様子。

私としても、この方には強く詰められない気持ちもありましたが、それでも
「どうしてそんなに掛かるのか?見積もりと違いすぎて意味がわからないので説明して欲しい」
とお願いしてみたのですが…。

細かな技術的なことは今でもよくわからないのですが、どうやらガス自体が違う種類になるので、配管自体を全部交換しないといけない、といった内容。

軽く調べてみたのですが、ガスの種類はR22とかR410Aとかいくつかあるようです。
が、そんなことは知ったこっちゃない。

こっちは見積もりが安いと思ったから移設をお願いしたのに、5倍も掛かるってもう新品買ったほうがいいじゃないですか。

結果どうなったかというと…

業者さんがいい人だけに強くクレームも入れづらいなあと思いつつ、当然納得は行かないのでAサイトのサポートセンターに電話してもらったんです。
で返ってきた返答は「その金額がかかります」の一点張り。
本当に、心から納得が行かなかったので一旦業者さんには帰ってもらい、数時間後にまたサポートセンターに電話したわけです。
するとサポートセンターの一番お偉い方が出てきちゃいまして。

以下実際のやり取り。

私:「どこの世界に見積もりの5倍の額を請求されるなんて話があるんですか!?(怒)」

サポート:「いえ、ですから掛かるものはかかるわけですから仕方ないです、どうされますか?」

私:「どうしても、何ともならないのですか?こんな額払えないし、移設できないと困るんです(涙)」

サポート:「そうですね、では5,000円値引きで対応いたします。どうされますか?」

多分ですね、今思うに、この工事でそれくらい掛かるのは本当に仕方ない取り付けと取り外しの費用だったと思うんです。
でもその時は、あまりの金額の開きに怒り心頭になって、あたかも騙された感くらいの気持ちになって感情的になってしまった部分もあると思うんですよね。
結局30分以上押し問答を繰り返し、結局どうやっても下がりようが無いということを理解した私は、結局移設を諦めてそのままエアコンを残して引越しすることになりました。
(もちろん次の家では新品をまた購入しました。)
要するに、このくらいの工賃が掛かる可能性があるってことを事前に知っていたら、ここまで無駄な時間と余分な感情を伴わずに済んだはず。

それでもやっぱりここまでの差額は予想ができなかったんですよね。
また買うのか、とスゴくショックでした。

「ここでAサイトさんが悪い、最低だ!」
とか言いたいわけではなく、せっかくこんな経験というか失敗をしたので、どうせならこういう事例もあるよって捉えておいてもらえたらと思って書いています。

 

エアコンを「移設する」「買い替える」どっちがいいの?

このような事があったからこそ、エアコンを引越しするときは「移設する」のか「買い替える」のか結局のところどっちがいいの?

という、自分でも判断できる基準があったらいいなと思いました。

以下、判断ポイントをまとめていますのでエアコンを引越しする際にぜひ参考にしてくださいね!

古いエアコンは買い替えるのがおすすめ

法律上の耐用年数は13年とされていて、内閣府経済社会総合研究所公表の消費動向調査「主要耐久消費財の買替え状況の推移(二人以上の世帯)」によると、エアコンを買い換えるまでの平均使用年数は13.6年となっています。

ただ、各メーカー、例えば日本の大手の場合は修理対応年数がパナソニックと三菱が10年、シャープが9年となっており、大体このあたりで不具合が出やすくなっているようです。

つまり、10年を目処に、古ければ買い替えがおすすめです。

不具合のあるエアコンは買い替えるのがおすすめ

「異音がする」「冷えにくくなった」「温まりにくく感じる」「水漏れがある」「ブレーカーが落ちやすい」「リモコン操作ができにくくなった」などの不具合が出てきているようなら、10年経ってないエアコンでも買い替えるのがおすすめです。

移設費用が高い場合は買い替えるのがおすすめ

見積もりで出された金額ではなく、実費でいくら掛かるのか把握しておく。
(実費に近い金額を聞いておく)

エアコンを買った金額よりも、移設費用が高くなるのであれば買い替えるのがおすすめです。

新品で移設費用が安い場合は移設するのがおすすめ

移設費用がそこまで高くなく(業者さんに実費費用をあらかじめ聞いておく)買ったばかりの新品に近いエアコンなら、基本的にはそのまま持っていくのがおすすめ。

“移設するべき”“買いなおすべきか”ポイントをお話ししましたが
「そもそも移設費用の相場がわからないから、業者に金額を提示されても、それが安いのか高いのか判断できない!」

こんな疑問が出てくると思います。

次の章では“エアコン移設費用の相場”について解説していこうと思います!

 

エアコン移設の追加料金の目安

エアコン移設工事の際に、追加料金として計上される可能性のあるものをピックアップしてみました。

項目 目安料金
コンセントの延長(5m以内) 5,000円
コンセントの交換 3,000円
電圧切り替え作業
(100V⇔200Vの場合)
3,000円
ホースの長さの追加 3,000円~/1m
ガスの補填 10,000円~
配管化粧カバー工事 8,000円/室内
8,500円/室外

※サカイ引越センターの場合(公式サイトより参照)
※通常期の料金
※あくまでも概算です。エアコンの状態により金額は変わります。

 

移設前にチェックしておくべきポイント

エアコンも一緒に引越したいと思っている場合は、以下の3点に注意しておく必要があります。

エアコンを設置する予定の新居で行う項目ばかりなので、新居の下見へ行く際はぜひ下記の項目を忘れずチェックしておいてくださいね!

  • 新居に室外機がおけるスペースを確保できるか確認する
  • エアコン設置予定場所にエアコン用コンセントがあるかどうか確認する
    (通常のコンセントとは違い、顔のような三つ穴のコンセント)
  • 新居に配管を通す穴があるかどうか確認する(壁に丸い穴があるかどうか。
    通常穴はプラスチックの丸いフタがされている)

これらが標準工事内で済めば一般的には費用はかからない業者が多いはずです。
とはいえ、私たち素人ではあらかじめどれだけ余分な手出し費用がかかるのかは分かるはずもありません。
つまり適用外になると追加料金が掛かってくるので、それがいくら位になるのか、実際に見てもらう前の見積もりを鵜呑みにせず、しっかり実査定をしてもらった上でどうするのかを決めるということが必要になってきます。

当たり前といえば当たり前なんですけどね。

これは引越しの一括見積もりでも同様で、やってみると分かるのですがメールで連絡が来る内容は実際にかかる引越し費用よりも格段に安くなっていることが往々にしてあります。
キツイ言い方になりますが、現場を見てもらう前に提示された金額は一切信用しない、一切参考にはならないってことをあらかじめ知って心の準備をしておけば、変な精神的負担も追わずに済む、ということだと今では考えています。

 

一般的なエアコン引越し費用の相場料金は?

一般的にどれくらいの費用がかかるのか、私がお願いした「エアコンサポートセンター」の公式サイトに掲載されている料金が下記です。

取付のみの費用

エアコンの種類 費用
取り付け(6~14畳) 12,500円~
取り付け(14畳以上) 15,000円
中古エアコン 7,000円~

 

取り外しのみの費用

作業内容 費用
取り外しのみ 6,000円~

 

取付~取り外しセットの費用

作業内容 費用
取り付け~取り外しセット 8,000

 

分解洗浄サービスのみ依頼した場合の費用

作業内容 費用
分解洗浄 1,500円

 

引越し業者にエアコン移設をお願いした場合の料金

引越し業者に、エアコンの移設を依頼する場合の料金相場をまとめてみました。
3社すべて、費用を電話で調査しました。

アリさんマークの引越社

費用 補足
9000円~

・3月~4月は別料金。別途見積もりが必要

・移設にかかる日数は状況により変動あり。

※通常期の料金です

サカイ引越センター

費用 補足
10,800円

・取り付け/取り外し込みの料金

・3月~4月は別料金。別途見積もりが必要

・室外機の場所によって値段変動(要見積もり)

・当日中の移設も条件次第では可(要相談)

※通常期の料金です

アート引越センター

費用 補足
16,200円

・取り付け/取り外し込みの料金

・3月~4月は別料金。別途見積もりが必要

・当日中の移設の条件次第では可(要相談)

※通常期の料金です

料金に納得いく業者にお願いするのがおすすめ

先ほども少し触れましたが、見積もり金額に関してはあくまでも最低限の金額であって、実際にエアコン工事をすると別途追加料金が発生する場合が往々にしてあります。

例えば…

基本料金:15,000円
この金額に承諾をして、工事をお願いしました。

追加料金:43,000円(合計:58,000円)
(穴埋めキャップ・高所作業・カバー再利用・配管7m・エアカットバブルなど)

追加料金の説明がなかった。トータルの金額が高くなるなら新品を買う事も検討していたので、騙された気分だった

エアコンに関して知識のない私のような素人からしてみれば、追加オプションが本当に必要なものなのか判断ができません。
もしかしたら、本当は必要じゃない料金まで加算されているかもしれません。

業者に「この部品が必要なので、追加しておきました」と言われれば、信じてしまいますよね。

でも、引越し業者にエアコン移設をお願いすれば追加料金の発生が本当に必要なものなのか、営業スタッフに確かめてもらえるのです。

エアコン移設業者に依頼していたとしたら、こうはいきません。
せいぜい「はい、本当に必要なので払ってください」と言われる事でしょう。

納得いかない追加料金を払わなくて済むように、引越し業者にエアコン移設も任せるのがおすすめです。

 

移設で、相場よりも安く引越しする場合の一番良い方法は?

買い替えではなく、あくまでも取り外して新居に持っていきたいという場合は、結局どこに頼むが一番良いかは、実際に見積もりしてみないとわかりません。

あれこれ連絡するのが面倒な場合は下記の方法がおすすめです。

  • 一括見積もりで来た各引越し業者にエアコンの取り付け取り外しがいくらになるのか一緒に見積もりする
  • エアコンサポートセンターに見積もり依頼する

特に1の一括見積もりを使う場合、各社がどうしても引越しを仕事としてとっていきたいため、熾烈な金額交渉が発生します。

その時に、あらかじめ「エアコンの移設費用も含めて一番安いところでお願いしたいです」と伝えておけば、あとは勝手にどこかが安く見積もりを出してきます。

実際やってみれば分かりますが、値下げ交渉にはこの一言が効果的です!

私もつい先日引越しをした際に、「机と椅子の廃棄費用まで含めて見積もりしてください」とお願いしたところ、いつもは使わないアリさんが他社よりも5万円安い見積もりを出してきたのですんなりお願いしました。

エアコンも含めて安い業者を探すには、まずは一括見積もりをしてあなたにピッタリの引越し業者を探しましょう!

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる