引越しがベッドだけ(+マットレスのみ)のプラン料金相場|分解組立・吊上げの見積もり

引越しがベッドだけのプラン見積もり
ベッドの引越し料金が
最大50%OFF

最安値のプランを探す
見積もりがまだの方は今すぐ!
2020年3月~4月は
予約が集中して料金が高くなります

ベッドって大型家具なだけあって、引越しでの扱いは結構タイヘンなんです。

分解解体、それができないタイプなら吊上げなどなどオプション作業が発生します。

3社以上を目安に見積もりを比較してみると、各社ベッドだけの引越し料金でも大きく開きが出るのが分かると思います。

これは、発生するオプション作業に対し、それぞれの引越し業者がその作業を得意としているかどうか?が結構影響していたりします。

インターネットの無料見積もり比較サービスで、ベッド(+備考欄にベッドタイプの詳細があると吉)を入力すると、対応可能な一番安い業者が見つかるので話が早いですね。

ベッドの引越しプランは
SUUMOでみつかる
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 電話がかかってこない

連絡はメールでOK
圧倒的に使いやすい

  • 引越し料金最大50%OFF

安くなるのは当たり前!

公式サイトをみる
ベッドの安い引越しプランを探すポイント(押すと開きます)
SUUMO公式サイトの「依頼する業者」画面

公式サイトのボタンを押し情報を入力していくと、依頼できる引越し業者がいくつかピックアップされます

特に理由がない限り、業者の絞り込み機能は使わないようにしましょう。比較する業者数が多いほど最安値のプランが見つかります。
SUUMO公式サイトの「その他のご要望」画面

もう少し下にスクロールすると、荷物量を入力する項目があります

必須項目ではありませんが、荷物の選択をしてください。家具家電を正確に伝えることで専用プランの提案がされやすくなります(項目にない、もしくは形状やサイズが特殊な場合は「その他のご要望」に入力してください)。
SUUMO公式の登録完了画面

完了画面(もしくは届くメール)で概算見積もりが表示されます

ここの見積もりはあくまでシステムで出された概算(実際はもっと安くなることが多いです)。最低3社に連絡を取って正確な見積もりの比較をすることで最安値のプラン料金が分かります。

一括サービスで各業者のプランを比較してみて一番安いところに依頼しましょう。

ただ、ベッドサイズと分解できるかどうかが追加料金になるため見積もりに大きく影響します

なのでメールだけの概算見積もりではなく、実際に訪問見積もりに呼んだうえでの見積もり金額を比較することをおすすめします。

その他一括見積もりサービス
たくさん比較したいなら「引越し侍」
引越し侍の一括見積もり
  • 提携業者290社以上

大手~中小まで幅広く比較できるため、とにかく安くなりやすい

赤帽も検討するなら「LIFULL引越し」
LIFULL引越しの一括見積もり
  • 赤帽加盟はLIFULLだけ!

赤帽の比較ができるため、近場の引越しなら安くなりやすい

ベッドだけ引越しできるプランの料金相場

シングルベッドセミシングルベッドダブルベッド
ヤマト
(らくらく家財宅急便)
15,050円~15,050円~22,950円~
サカイ
(せつやくコース)
20,000円~30,000円~
アーク
(大物限定コース)
20,000
~30,000円
33,000~
45,000円
ムービングエス
(小口引越しプラン)
8,000円~
キタザワ
(一発予約家財宅急便)
8,000円~10,000円~
赤帽
(通常運送)
12,500円~

※それぞれ東京都内・通常期の条件で電話にて調査したものです(ヤマト・赤帽は除く)

「ベッドだけ」や「ベッドとマットレスだけ」を運搬するプランは、引越し業者の公式HPなどに載っていなくても、おおよそどこの業者にも存在します。

(混載便扱いか軽トラック輸送かは業者の規模によって異なります)

そのため、一括見積もりを活用して業者側からプラン提案してもらうのがベスト。

ただ、ベッドがセミシングルやダブルベッドであったり、大きなマットレスも一緒に運ぶとなると、荷台のスペースを占領することや、大きなトラックを走らせる必要が出てきたりするため当然料金は高くなりますね。

また、どんなプランでベッドを引越しするにせよ各業者の料金が一律ではないことは相場表でお分かり頂けるかと思います。

各業者が出せるトラックのサイズや空席状況、つまり「その日その日の業者側の都合」も見積もりが変動する要因の一つ。

ベッドだけとはいえ、各社の見積もり比較で最安値のプランを見つけることは必須条件と考えましょう。

ヤマトのらくらく家財宅急便サービスを利用する

ヤマトといえばダンボールを送る宅急便のイメージですが、ベッドのような大きな家具1点からの宅急便サービスも展開しています。

従来の宅急便のように玄関先でポンとベッドを渡すだけではなく、養生から設置までの作業を一通り行ってもらえます。

ヤマトはサイズごとにランク分けされており、「シングルベッド」「ダブルベッド」をだけを運ぶ時の目安は以下の通り。

東京-東京東京-大阪東京-福岡
シングルベッド15,050円17,750円23,850円
ダブルベッド21,250円23,950円31,050円

ベッドの分解や組立ての料金は上記には含まれておらず、必要となる場合は別途追加されるのでその点だけご注意を。

ヤマトの家具宅急便が一番安いとは限らない

料金に関しては宅配便サービスであることから一律で分かりやすいという点でメリットは大きいです。

ただし、先述した他社の引越しプランはため、ヤマト宅配便サービスより安く利用できることは往々にしてあり得ます。

そのため各社比較して出た「家具単品輸送プランの最安値見積もり」と「家具宅急便サービスの料金」を比較してみて、安い方にベッドの引越しを依頼する、というのが確実に安くベッドを送る方法ですね。

マットレスも一緒に運びたい場合は引越し業者がおすすめ

ベッドと一緒にマットレスも運びたいという方も少なくないはず。

大手引越し業者数社に「マットレスも一緒に運ぶ場合は、どのくらい料金になりますか?」と電話にて問い合わせたところ「基本的にベッドの運搬料金にマットレスの料金も含まれます」との回答。

一方、ヤマトらくらく家財便は小口配送となるので、ベッド+マットレスで家財2点の扱いとなります。料金が荷物のサイズ(ランク)で決まることから、単純に2倍…とまではいかないにせよ高額な料金が計上されることが見込まれます。

そのため、荷物がベッドとマットレスで2点となる場合は、引越し業者に依頼した方が安い見積もりが出る可能性が大きいといえます。

ただ、引越し業者やマットレスの大きさによっては、別々で料金が見積もられる場合があるので複数社で見積もりを取って確認しておくことは必須で。

ベッドの引越しでは解体・組立料金がかかる

ベッドは基本的に分解解体を行って運ぶのが鉄則です。

大きなベッドを解体せずに運んだら、壁などを傷つける可能性があります。というより、解体しないと廊下や玄関などを通れずそもそも搬入ができないことも。

ベッドを購入したときも、解体した状態で住居に運ぶことを想定して、ほとんどのベッドは解体・組立ができる構造になっています。

ですが、引越しでのベッドの解体の作業は基本的にオプション料金になります。

ベッドの解体・組立オプション料金
引越し業者オプション料金
日通無料
サカイ引越センター2,500円~
アーク引越センター3,000円~
ムービングエス無料
キタザワ引越センターオプション無し

※引越し業者に電話調査をした料金

オプション料金を浮かせるために、自分で解体するのはやめておきましょう。パイプベッドなど分解組立てが容易なものならともかく、通常の木製タイプのものを安全に解体できるかというのは難しい問題になります。

オプション料金がかかってでも、ベッドの解体・組立はプロにお任せすることをおすすめします。安全・確実なのはもちろん万が一の事態でも補償してもらえます。

表を見ても分かる通り、解体・組立の料金は引越し業者によって開きがあって、無料でやってくれるところもあります

そのため、なるべく多くの引越し業者から見積もりをとって比較することが重要です。分解・組立てに限らず、オプション費用込みの引越し料金は複数社の見積もり比較で確実に安くできます。

ベッドの引越しプランは
SUUMOでみつかる
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 電話がかかってこない

連絡はメールでOK
圧倒的に使いやすい

  • 引越し料金最大50%OFF

安くなるのは当たり前!

公式サイトをみる

IKEAなど分解不可のベッドは吊上げ作業が必要

結論から言うと、組立てが難しいIKEA製品のベッドも、引越し業者に依頼すれば分解は可能です。

しかし、IKEAの家具の組立ては複雑で作業時間も要するので、通常の組立オプション料金にさらに上乗せした料金(5,000~2万円程度)が加算される可能性があります。

また、ベッドの分解・組立ての際に何らか不具合があった場合でも補償対象外である、ということを理解した上でお願いすることになります。

そのため、IKEA製や特殊なベッドなど分解が難しいベッドは、吊上げてのベランダからの搬入となる可能性もありますね。

吊上げとなる場合は、ベッドを設置する階数によって、手吊り(2F)もしくは、クレーン吊上げ(3F~)かが変わり、追加料金も異なります。

オプション相場内訳
手吊り約1万円作業員追加料
クレーン車約2~3万円クレーン車手配料

ベッド購入の際に搬入ができたことから考えにくい話ではあるんですが、旧居から搬出ができない場合は別途吊下げのオプション費用も発生します。

ワンポイントアドバイス

IKEAは北欧のブランドで、そもそも北欧では引越しの時に家具を持っていくという発想がありません。つまり最初から分解・組立をする前提で作られていないというワケですね。

ニトリや無印良品のベッドでも、解体・組立が困難な種類のベッドはありますが、こちらは日本製なので、日本のライフスタイルに合わせて基本的には解体や組立ができるようになっています。

単身パックでベッドは運ぶことはできる?

単身パックは1ボックス内に荷物が入れば低価格帯で運送できるプランのため、家具1点のみのケースで候補としてよく挙がります。

が、どの引越し業者の単身パックであってもシングルベッドを運ぶことはできません。

となれば、セミシングル、ダブルも当然無理。あらかじめボックスの大きさが決まっているので、内寸をオーバーするサイズの大型家具はそもそもコンテナボックスに入らず、運べないんですね。

ただ、よく単身パックと混合されがちな「単身プラン」であれば、普通に運ぶことが可能です。

というのも単身プランは、ボックス輸送の単身パックとは違って小型トラックを利用して運送する通常のトラックチャータープランだからです。

しかし、いずれにしても引越しが「ベッドだけ」の場合に単身プランを利用するのは料金の無駄です。

ベッドは大型家具とはいってもトラック1台分のスペースは不要。1トラック分の見積もりが出てしまうので、家具1点のみ配送可能なプランで見積もりを出してもらった方が最適といえますね。

単身プランはベッドに加えて何点か荷物があるとき、つまり通常の引越しで利用するのが相応しいプランです。

赤帽でベッド(+マットレス)だけ送るという方法も

赤帽とは「赤帽組合」に加盟する個人事業主が、それぞれ軽トラックを所有して展開している事業のことを言います。

赤帽を利用してベッドだけの引越しを安くなるケースは「近距離(約20km程度)への引越し」に限ります。

なぜかというと、赤帽は作業時間から2時間が経過するごとに料金がどんどん上乗せされていく仕組みになっています。

作業時間を含め、移動距離が長いとそれだけであっという間に2時間が経過して、料金が上乗せされてしまします。

また、ベッドが赤帽車に積めないサイズだったり、新居への搬入経路を通らなかったりする場合は、解体して積むことになります。

赤帽のスタッフはドライバー1人体制なので、解体や組立を手伝わないと、作業時間がどんどん経過して結果、高額な料金になってしまうのです。

赤帽によってはそもそもベッドの解体や組立は行ってもらえず、ある程度自分自身で作業する前提となるため「全てお任せしたい!」という人にとっては、赤帽は不向きだと言えます。

つまり、あくまで「運んでほしい!」という人向き。

引越し先が同区市内など20km以内の近距離で、ベッドの組立や分解がカンタンであれば、比較的安値で引越しができるため、検討する余地はアリです。

引越しでベッドを処分してしまうなら

建物の構造上、分解してもベッドが新居に入らなかった!なんてことも考えられます。

そんなときのベッドの処分方法は主に3パターン。

  • リサイクルショップなどで売る
  • 引越し業者にそのまま引き取ってもらう
  • 旧居でベッドを処分して、新居で新しいベッドを買う

自治体でベッドを処分すると有料になるので、できればリサイクルショップやフリマアプリなどで売ってしまいたいところ。

状態が悪いベッドなどは処分してしまって、新居で新しいベッドを買うというのも一つの手ですね。

また、思わぬトラブルなどでベッドを新居に設置できず、どうしようもなくなったベッドは引越し業者に申告すれば、そのまま引き取ってくれます。

ただし、引き取りは有料の場合が多いので、万が一入らなかったケースも考えて、きちんと料金を確認してからお願いするようにしましょう。

【料金実例】引越しでベッドを運んだ人の体験談

男性/50代以上

シングルベッドの引越し

  • 引越し費用
    約15,000円
  • 引越し距離
    札幌→札幌
  • 引越し時期
    3月下旬

玄関から入れることが出来ず、窓を外して入れようとしましたが入りません。結局小さいベットを新しく買う羽目になってしまいました。

投稿日:2019年06月10日 18:33

女性/20代

ロフトベッドの引越し

  • 引越し費用
    約50,000円
  • 引越し距離
    岩手→岩手
  • 引越し時期
    12月上旬

独身時代からネット通販で購入したロフトベッドを使用しておりました。購入時の組み立ては業者さんにやっていただき、セミダブルサイズの広くて頑丈な作りで寝心地は最高です。結婚を機に一軒家に引っ越すことになり、もちろんお気に入りのロフトベッドも持って行こうとしたのですが…

まずバラすのが大変。組み立て時の取説を見ながら2時間かけてバラします。続いて梱包。部品の数が多すぎてわけがわからない…。やっとのことで新居まで運び入れます。二階にある自室へ運んでもらおうとすると…

なんと一番大きな部品が階段で突っかかり、二階まで運ぶことができず…。結局、引っ越し代の倍はかかろうかという廃棄料を払って泣く泣く処分しました。

投稿日:2019年06月10日 15:54

女性/20代

キングサイズベッドの引越し

  • 引越し費用
    約40,000円
  • 引越し距離
    大阪→京都
  • 引越し時期
    6月上旬

独寝室の広さが10畳なので、引越し前から使っていたキングベッドを送ったのですが、玄関から廊下、廊下から寝室への角度の問題で、どう頑張っても部屋に入れることができませんでした。

とりあえずその時はリビングに運んだのですが、そのまま置いておくわけにもいかず、後日処分することになりました。

投稿日:2019年06月10日 16:57

※口コミは弊社でWEBアンケートを実施し募集したものです。

旧居からは問題なくベッドを運びだせたけど、新居にベッドが入らず泣く泣く処分した、という結果が目立ちました。

こうなってしまうと、そもそも引越し料金が無駄になるだけでなく、大切なベッドを処分するハメに。

愛用しているベッドをどうしても新居に持っていきたいなら、やはりベッド分解の可不可と新居での採寸は隅から隅まできちんと行わなきゃですね。

まとめ:ベッド引越しの扱いは業者によって違うので比較が必須

ベッドの引越しではプラン料金の相場に加えて、分解・組立てが必要か、それとも分解が不可能で吊上げオプションとなるかで料金が変動します。

依頼する引越し業者にこれらの作業ができるスタッフが在籍しているかどうか、下請け業者に委託しているかどうかで、それぞれのオプション料金だったり、そもそも分解・組立てや吊上げができるかに違いがあります。

生活必需品でありながら、意外と手間のかかるベッド。一番の方法は引越し業者(3社以上)を訪問見積もりに呼んで、実査定してもらうことですね。実際に見てもらった上でオプション込みの見積もりを出してもらい、業者比較することをおすすめします。

電話はナシ!最大30社から比較可能
「SUUMO引越し」
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 最大50%OFF!
    引越し料金が安くなる
  • 電話番号不要!
    メールだけでやりとりできる

公式サイトをみる

トコトン安くなりやすい
「引越し価格ガイド」
引越し価格ガイドの一括見積もり
  • 最大50%OFF
    引越し料金が安くなる
  • 業者数250社以上
    安い業者を徹底的に探せる

公式サイトをみる

地元~大手まで徹底的に料金比較
「引越し侍」
引越し侍の一括見積もり
  • 最大50%OFF
    引越し料金が安くなる
  • 業者数250社以上
    安い業者を見つけやすい

公式サイトをみる

近距離コスパ最強の赤帽も比較できる
「LIFULL引越し」
LIFULL引越しの一括見積もり
  • 赤帽も比較できる
    近場の引越しなら必見!
  • 最大10万円キャッシュバック!
    Wチャンスで現金1万円

公式サイトをみる