引越しでタンスだけ運ぶ料金相場と費用見積もりが安いプラン

タンスの引越しプランが
最大50%OFF

最安値のプランを探す
見積もりがまだの方は今すぐ!
2020年3月~4月は予約が集中して
家電だけの引越しプランが埋まりやすいです

引越しで荷物を運ぶ際、地味に困る家具がタンス。

大きくて重いので運搬が大変なのは言うまでもなく、引き出しの中身に衣服や雑貨がパンパンに入っていると梱包も正直しんどいですよね。

結論からいうと、タンスの引越しでは各業者の比較をしておくことを強くおすすめします。

その理由はざっくりと2つ

  • 引越し業者によって見積もりがバラバラだから
  • タンスを中身ごと運んでくれるかは業者次第だから

そもそも各業者で見積もりが数万円単位で開くうえ、タンスの中身の扱いも違うので業者によってプランや梱包にかかる手間も全然違います。

タンスの引越しをする上で安くてラクできる引越し業者とは、一括見積もりで比較しておくだけで出会えます。

冷蔵庫・洗濯機だけの引越しプランは
SUUMOでみつかる
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 電話がかかってこない

連絡はメールでOK
圧倒的に使いやすい

  • 引越し料金最大50%OFF

安くなるのは当たり前!

公式サイトをみる

タンスを引越しで運ぶ際の種類ごとの費用相場、気になる中身の扱われ方について詳しくまとめます。

大切なタンスを引越しするときの参考にしてください。

その他一括見積もりサービス
たくさん比較したいなら「引越し侍」
引越し侍の一括見積もり
  • 提携業者290社以上

大手~中小まで幅広く比較できるため、とにかく安くなりやすい

赤帽も検討するなら「LIFULL引越し」
LIFULL引越しの一括見積もり
  • 赤帽加盟はLIFULLだけ!

赤帽の比較ができるため、近場の引越しなら安くなりやすい

タンス(チェスト)だけ運べる引越し業者と料金相場

整理タンス(ローチェスト)整理タンス(ハイチェスト)洋服ダンス(ワードローブ)
引越し業者(家具だけプラン)8,000円~8,000円~10,000円~
赤帽12,500円~12,500円~12,500円~
日通単身パック18,000円~18,000円~不可
ヤマト家財宅急便4,000円6,850円9,950円

※同区市内想定

近距離でのタンス単体引越しを想定したプラン料金目安ですが、高くともおおよそこれくらいの見積もりが出るはずです。

家具1点だけを運んでほしいという要望は意外にも多く、各業者もそれに答えるように専用プランを用意しています。

専用プランと一口に言っても輸送方法は、1トラック内を他利用者と共有して運ぶ「混載便」だったり、軽トラック1台にタンスを積み切って運ぶ「チャーター便」だったりと業者によって違います。

いずれにせよ、見積もり比較サービスを活用しておけば、こちらであれやこれやと考えるまでもなく、送るタンスごとに最適かつ一番安いプランが提案されます

整理・洋服ダンスなど種類やサイズによって違う引越しプラン

タンスのサイズが違えば必要なトラックの荷台スペースも異なるので、もちろん適用されるプランも変わります。

ざっくりとタンスのサイズを3つに分け、それぞれのおすすめ引越しプランをまとめています。
(タンスの中に荷物が入っていることを前提としています)

整理タンス(ローチェスト)だけ

  • 県外や他地方への長距離:日通やヤマトの単身パック
  • 同県内や市区内の近距離:赤帽や中小の軽トラックチャーター便
3~5段の整理タンスだけの引越し

比較的小さな整理タンス(ローチェスト)であれば単身パックのBOXサイズに余裕で入ります。高さが無いので横幅が広いタイプでも向きを変えれば積載可能ですね。

また、仮に引き出しの中身を梱包して別送する必要があり、ダンボール何個かプラスになったとしても問題なく輸送することが可能です。

整理タンス(ハイチェスト)だけ

  • 県外や他地方への長距離:引越し業者の混載便
  • 同県内や市区内の近距離:赤帽や中小の軽トラックチャーター便
5~7段の整理タンスだけの引越し

やや大きめの整理タンス(ハイチェスト)でも、高さはおおむね単身パックのBOXに収まりますが、横幅の問題で入らないケースは充分考えられます。

そのため、ヤマトの家具宅急便での個別配送を検討した方が良さそうに思えますが、これはタンスの中に荷物がない場合に限ります。

ダンボールに詰めて通常の宅急便での輸送となるので「タンスの宅配料金+ダンボール数個の宅配料金」が出費となります。

つまり、タンスの中身の荷物量によっては総合的に高額な料金になってしまうことも。

引越し業者のプランであれば、タンスの大きさとダンボール数に応じて、適切なサイズのトラックのチャーター便、もしくは混載便が提案されます。

なので見積もりを取って割安なプラン提案をしてもらう方が話も早く、結果的に安く済むことが多いといえますね。

洋服タンス(ワードローブ)だけ

  • 県外や他地方への長距離:引越し業者の混載便
  • 同県内や市区内の近距離:赤帽や中小の軽トラックチャーター便
洋服タンスだけの引越し

主に洋服などを収納することを目的に作られたタイプのタンスは、必要な積載スペースの問題で単身パックでは到底運べません。

中身の荷物量も込みで考えると、ヤマトの宅急便+家具宅急便でもかなり高額になることが見込まれます。

とはいえ、軽トラックでも横向きにして積んだり、荷室の屋根を上げたりと調整することで積むことは可能です。

ただ各業者で所有しているトラックの種類は異なるため、提示されるプラン料金にも差が出ます。

つまり、中小や大手引越し業者はもちろん、赤帽からも幅広く見積もりをとって比較することがポイントとなりますね。

タンスの中身そのままで運べるかは引越し業者次第

タンスの中身をそのままにして運んでくれるかどうかは引越し業者によって違います。

中身そのままで運搬可能かどうかはダンボールが増えるかどうかの問題、つまりプランが変わるため見積もりにも影響する重要なポイントです。

あとは梱包の手間ですね。大きなタンスだと中の荷物もいっぱいで正直めんどくさいです。

アート引越センターでは、タンスの中身の扱いは次の通り。

タンスの中身については、家具の状態、中身の量、輸送距離、作業条件などにより、そのままでよい場合も駄目な場合もあります。ご近所の場合は中身をそのままで運ぶというケースも多いのですが、狭い階段の通路で縦にしたり横にしたりという場合も出てきます。また、そのまま運んだ場合には家具の歪や、引出しの出し入れがしづらくなる場合も考えられます。詳細については、お見積りの際に打ち合せされることをおすすめします。

引用:アート引越センター【梱包に関するご質問】

日通でも似たような記述が見られます。

整理タンスの中身は、そのままで良い場合と、事前にダンボールに詰めていただく場合と、状況に応じて変わってきます。例えば、タンスの大きさ、中身の重さ、階段などの建物条件、輸送距離などの条件があります。なるべくお客様のご負担にならないように考慮させていただきますが、無理に中身を入れたままにして運ぶと、タンスの歪みの原因になることもありますので、見積もり時に確認のうえ最適な方法をご案内させていただきます。

引用:引越しは日通【整理タンスの中身は箱詰めしなくてもよいですか?】

各業者で明確な取り決めがあるわけではなく、中身の荷物や搬入経路などといった状況次第となります。

結局、ダメとしていても融通を効かせてやってくれたり、タンスを中身ごと輸送すること自体を無料サービスとしていたりと各業者で扱いが違うんですね。

そのため、中の荷物量や運搬作業の難易度の関係で、タンスが大きければ大きいほど各業者で中身の扱いも大きく異なります。

必ず各業者の比較をしておき、費用面はもちろんサービス面で最適な引越し業者を選ぶようにしましょう。

中身(洋服や雑貨)を別で梱包しなくてはいけない場合

もし、中身を取り出して梱包しなくてはいけない場合は、タンスと一緒に運ぶか、宅急便などで別送するかの二択になります。

整理ダンス(ローチェスト)の場合は、宅配用ダンボール1箱、多くとも2箱程度であるため、一緒に運ぶにせよ別送にせよ大した料金差にはなりません。

ただ大きなタンスに限って、中身を取り出して別に梱包する必要が出てきてしまうもの。タンスも大型な分、ダンボールの個数も多くなってしまうことが見込まれます。

タンスの大きさ、中身を梱包した際のダンボール数に応じてプランは変わりますが、一緒に運ぶプランを一括見積もりで各業者を比較してしまえば、最適かつ最安値のプランが分かります。

引越しで桐タンスの扱いには注意が必要

高級家具である桐タンスは、引越しにおいて扱いに細心の注意を払わなくてはならない家具です。

軽くて加工も容易、見た目も美しい桐素材は衝撃や水気に弱く、運搬の際は通常のタンスと同じような取扱いができません。

引越し業者側も非常に丁寧に扱う必要があり、運び方はもちろん、梱包資材などにも気を配らねばなりません。

とにかく繊細で作業中にキズやヘコミができやすい性質から、単身パックや混載便のような他利用者と一緒に運ぶリーズナブルなプランで運ぶことはおすすめしません。

桐タンスだけの引越しであっても、事前に引越し業者に相談しておき、しっかりと訪問見積もりで説明を受けた上でプラン提案を受けるようにしましょう。

荷物に桐タンスがある場合は、運送料金を安くするという考えよりも、少し高くなってでも安全に輸送することを心掛けるようにしてください。

2階への階段を運搬できないと発生する「吊上げ作業」

3~5段程度の整理タンスならまだしも、7段のタンスだったり洋服タンスの大きさだったりすると、新居の搬入時に2階へ運べないという事態が発生することがあります。

2階に運べないことが発覚すると、吊り上げ作業でベランダから搬入することに。

2階からの搬入であれば、人力での手吊り作業となって1万円程度の追加料金となります。

また、3階以上への搬入となるとクレーン車を手配しての吊上げ作業が必要となり、2~3万円の追加オプション料金を覚悟しなくてはなりません。

さらに、クレーン車の到着までの間は搬入作業ができないため、業者の一時保管サービスを利用して作業日を待つか、引き取ってもらって処分するかの二択を迫られます。

そうなると、結果的にタンスを引越しするより、買い替えてしまった方が安く済んだのでは…なんてことに。

事前対策ではありますが、新居の下見の時点で搬入経路を確認しておき、引越し業者にあらかじめ伝えておく他ありません。

まとめ

小さな整理タンス(ローチェスト)であれば、引越しで困らせられることはほとんど無いと言っていいでしょう。

ただ、大きな洋服タンス(ワードローブ)などは、そもそもの大きさに加えて中身の荷物のこともあって扱いに困ってしまいがちです。

タンスだけを送るプランは様々で、サイズによって輸送方法も変わってきますが、これらは引越し業者に見積もりを取ることで最善なプランが提案されるので、わたしたち利用者側でむずかしく考える必要はありません。

タンスの中身をそのまま運べるか?ということに関しても、引越し業者によって扱いがバラバラ。

タンスの中身も一緒に運べないと、単純に荷物にダンボールが何個か増えるので、梱包の手間だけではなく、費用面にも影響します。

最適な輸送方法の提案と、タンスの中身の扱い…
いずれにしても無料一括見積もりサービスで比較をしておくだけで、一番安い引越し業者に依頼することができます。

SUUMO引越し
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 電話がかかってこない

それでも当然のように安くなる

LIFULL引越し
LIFULL引越しの一括見積もり
  • 赤帽加盟はLIFULLだけ!

赤帽の比較ができるため、近場の引越しなら安くなりやすい

引越し侍
引越し侍の一括見積もり
  • 提携業者290社以上!

大手~中小まで幅広く比較できるため、とにかく安くなりやすい