長距離引越しの料金相場と見積もりを最大限安く取る方法

長距離引越しの相場価格まとめと安い見積もりが取れるおすすめの方法
長距離の引越しプランが
最大50%OFF

最安値のプランを探す

進学・就職・転勤・単身赴任などで単身の長距離への引越しが決まったら、できるだけ費用を安く抑えたいのは誰もが願うところ。

でもやはり距離が遠い分、普通に見積もりを取ると高くなってしまいがち。そこで肝心となるのが、長距離に強い(=長距離輸送プランがある)引越し業者を選ぶこと。

一括見積もりサービスで引越しの距離や荷物量を入力すると、その条件ならいけるよ!って業者がいくつかピックアップされます。

で、業者ごとの料金を比較すれば最安値の業者がラクに見つかるというワケです。

長距離向け引越しプランはSUUMOでみつかる
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 最大50%OFF!
    引越し料金が安くなる
  • 電話番号不要!
    メールだけでやりとりできる

公式サイトをみる

…以上、一括見積もりサービスが長距離引越しを安くする最大の答えなんですが、遠距離への引越し料金を安くするためのコツをもう少しだけ詳しくまとめます。

最後までチェックしてみてね。

長距離の単身引越しの料金相場目安

約200km
(東京~静岡)
約500km
(東京~大阪)
約1,000km
(東京~福岡)
1R~1LDK
(荷物量:少)
7.3万円8.8万円14.0万円
2LDK~3LDK
(荷物量:多)
12.5万円13.8万円20.1万円

※大手引越し業者数社より調査した通常期の金額を参考に算出した料金であるため、実際の見積もり金額と異なる場合があります。

引越し料金は荷物量や距離だけでなく、通常期(5~2月)や繁忙期(3、4月)といった時期、平日や休日などといった引越しのタイミングも大きく影響します。

たとえば、もっとも高くなると考えられるケースの繁忙期の土日祝だと、上記表の料金目安の1.5~2倍の見積もり金額がでることも珍しくありません。

詳しくはこれから解説していきますが、引越し料金を下げるためには早めの業者手配はもちろんのこと、長距離に強い引越し業者選びが肝心となります。

赤帽を使う場合は近距離限定で!

単身だからといって赤帽を検討している人もいるかも知れませんが、ほぼ間違いなく驚愕の超高額料金を提示されますので辞めておいたほうが無難。赤帽の格安料金が活きるのは近距離、それもかなりの近場の場合に限って見積もりを取るようにしておきましょう。

荷物が少なければ「単身パック」で長距離引越し

単身パックを使うという手も
一人暮らしの荷物量であれば、少量の引越しプラン「単身パック」を利用するのも手です。

ボックスの規定サイズに荷物が収まれば比較的割安で運べるという荷物の少ない単身者向け引越しプランで、遠距離への単身引越しでおすすめできるプランです。

ただし、荷物の量や大きさがボックスのサイズをも超えてしまうと、通常の引越しプランへの切り替え、荷物の別送、1ボックス追加……などと扱いが変わってしまい、たちまち料金は上がってしまいます。

また、単身者向けプランとはいえ、冷蔵庫やベッドといった大型の荷物に加えて、ダンボール数箱…と一人暮らしに必要な荷物すべて運ぶことはできません。 そのため、ある程度の家具の処分や買い替えが前提となる、本当に荷物の少ない単身者向けのプランといえるでしょう。

単身パックの距離による料金の決まり方

荷物量はボックスサイズに収まればOK。となると気になるのは料金の決まり方ですが、単身パックで代表的な日通の単身パックSを例に挙げて解説します。

距離料金
東京~東京
(約50km以内)
18,000
東京~愛知
(約350km)
24,000
東京~大阪
(約500km)
26,000
東京~広島
(約800km)
31,000
東京~福岡
(約1,000km)
35,000

参考:日本通運

最低料金18,000円に距離による料金が上乗せされるイメージです。あとは土日祝、時間帯、シーズンなどによる割増料金、オプション料金で数千~数万円の追加料金が発生するといった料金の決まり方。

また、こういったボックス単位で運ぶ単身パックサービスは以下の引越し社で用意されています。

  • 日通
    (単身パックS・L)
  • クロネコヤマト
    (単身引越サービス)
  • サカイ引越センター
    (小口引越サービス)

※ヤマトの単身パックサービスは休止中(2019年7月現在)

あくまで一例となりますが、ボックス単位で荷物を輸送する単身パックがある業者は上記が代表的。 ただ、料金の決まり方は引越し業者によって様々です。一定額なイメージのある単身パックでも、実際に見積もりを受けないことには正確な料金はわかりません。

参考記事

他にも単身パックをやっている引越し業者はいっぱい。それぞれの相場や荷物量に関しての詳細はこちらでまとめています。

主要各社の単身パック相場比較!それぞれの料金と荷物量からベストな業者を選ぼう

もし荷物がダンボールだけの場合で長距離の引越しをするのなら、宅配業者よりも単身パックなどの少量引越しプランがおすすめです。

引越し荷物がダンボールのみで長距離の移動なら引越し業者のプランを使おう

「混載便」や「JRコンテナ便」の利用で格安に

長距離引越しを少しでも安くするコツ

先述した単身パックもそうですが、他の利用者とトラックのスペースを共有する「混載便」という運送方法と、鉄道を利用した完全長距離向けの「JRコンテナ便」という運送方法が利用できれば、引越し料金はグッと安くなるはずです。

というのは、混載便とJRコンテナ便はどちらも同一方向へ引越しする他の利用者の荷物と一緒に運ぶため、通常のトラック1台をチャーターする運送方法と比較して運賃や人件費の面で大きくコストカットできているからですね。

しかし、他の利用者と一緒に荷物を運ぶ引越し方法であるため

  • 引越しする日時の細かい指定ができない
  • 積載スペースを他人と共有するため荷物量が限定される

という2点がデメリットとなってきます。

また、コンテナ便だと各駅で複数の利用者の荷物の積み下ろしを行うため、集荷した荷物が目的地に到着するまで時間がかかってしまうことも。

つまり混載便・JRコンテナ便のどちらもスケジュールに余裕のある単身者にとってメリットがある運送方法といえますね。

「帰り便」ならもっと安く!

「帰り便」は他の利用者の引越し完了後、営業所に戻る際に空のトラックを利用して引越しする運送方法。 業者側にとっても空のトラックを走らせる…というのはコストの無駄であるため、運よく適用されればかなりお得に引越しできるはず。

しかし、帰り便は他の利用者の引越し作業日数やタイミングとの兼ね合いがあるため、かなりレアなプランです。

少しでも適用される可能性を上げるためには、早めの依頼複数社から見積もりを取ることでしょうか。見積もりをとる業者が多ければ多いほど確立は上がりますが、適用されればラッキーくらいに考えておきましょう。

長距離向けプランのある引越し業者を探す

長距離の単身引越しを安くするには、
一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりを取るのが一番ラクな方法。

「そもそも長距離向けプランがある業者は?」
「長距離向けプランの空き状況は?」
…なんていちいち探す手間も省けます。

また、業者の空き状況によっては通常プランの方が安く見積もられるなんてことも。

結局、各社から見積もりをとって比較してみないことにはわからないってことです。

一括見積もりサービスは引越し距離や日程、荷物を入力すると対応できる業者が一度にピックアップされます。

その中から最安値の見積もりを出した業者を利用すればOK。入力した条件下で一番安い引越し業者のプランで引越せます。

補足

できるだけ優先的に適用してもらうという意味でも、備考欄に「混載便(単身パック)やJRコンテナ便など安いプランを希望します」と書いておくのがおすすめ!

長距離向け引越しプランはSUUMOでみつかる
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 最大50%OFF!
    引越し料金が安くなる
  • 電話番号不要!
    メールだけでやりとりできる

最安の引越し業者を探す

やっちゃいけないこと、やるべきことはコレ!

「とりあえず有名な業者だから安心だろう」と1社だけに電話して見積もり依頼をするのは完全にNG。相場費用よりも大幅に安く、できれば最安値価格まで持っていくためには、時期や距離、予算関わらず3社以上で見積もり比較が必須です。

遠方への引越しは早めのスケジュール調整がメリット大

長距離への引越しでは、引越し当日から日数を起算して早めの業者手配をしておきましょう。スケジュール通りに引越しが作業が進みやすいのはもちろん、かかる費用も抑えやすくなります。

例えば、どの業者でもよくある「当日に荷受けと荷降ろしを完了させるのではなく、2日から3日に分けて引越しを行う」という方法で費用をグンと下げたりできることがあります。時間や日取りに余裕をもつと引越し代金が安くなる

運送業者はトラックの空き時間、スタッフの現場配置、他の業務への手配などできるだけ効率よく進めたがっているのが一般的。

そのため、引越し依頼が早ければ早いほど、混載便やJRコンテナ便、帰り便などの長距離引越し向けプランが利用できる可能性も上がります。 また、スケジュールを早めに確定させておくことで、余裕を持って引越し先の整理や家具設置ができるというメリットも。

一番安く済ませるためにはできるだけ「繁忙期を避ける」

引越しの時期をずらすというのは人によっては不可能な場合もあるためなかなか難しい問題。

だけど、とにかく大幅に安くするためには

  • 可能な限り時期を変更する
  • 3、4月の繁忙期を避ける

これに限ります。
なんで料金が高くなるかって、要はトラックも人も足りなくなるから。

つまり、引越し会社もなんとか依頼をこなすためには、自社でまかない切れない分を外注や下請けに回さざるを得ないためです。

ただでさえ高く見積もられがちな長距離の引越し。加えて繁忙期でかなり高額な見積もりが出されるだけならまだ良い方。最悪なのはどこの業者にも依頼できず引越し難民となってしまうこと…

もしも、引越し日が3、4月の繁忙期である場合、もう予定が決まったその段階で依頼してください。2月に予約するよりも1月に、1月に予約するよりも12月に…といったように早ければ早いほど良いです。

早め早めの見積もり依頼、もしくは時期を前倒しにする!
これをぜひ覚えておいてください。

家族で長距離引越しをする場合

家族での引越しとなると問題となるのが荷物量。加えて新居までが長距離だと、かなーり高く見積もられてしまいます。

また、大家族であればあるほど、単身と違ってやるべきことがいっぱい…!

そんな家族での引越しをできるだけ安く、ラクに済ませるための業者のプランや方法を以下のページでまとめていますので、家族で引越しされる方はご一読ください。

長距離引越しでの車(バイク)やペットの扱い

新居が長距離の場合、車やバイク、ペットの移動が大変ですよね。

車やペットは通常の荷物と一緒にトラックで運ぶことはできないし、混載便(単身パック)での引越しなんてもちろん無理。となれば、オプション料金を払っての輸送(陸送)であったりと引越し方法を工夫する必要があります。

長距離引越しで荷物に車(バイク)があるとき、ペットを運ばなくてはいけないときでも安く済ませるための方法を以下のページでまとめていますので、参考にしてみてください。

まとめ:長距離の引越しを格安にするためには

これで安くなる!
遠方への引越しは、長距離向け引越しプランが適用されるかどうかが料金に大きく関わります。

ただ、ページ中で紹介したような「単身パック含む混載便」「JRコンテナ便」などの長距離向け引越しプランが自身の引越しに適用されるかは、業者のスケジュールや空き状況次第。

となれば、長距離向きプランを適用されやすくするためにも「複数社からの見積もり取得」「早め早めの引越し予約」をしておくことをおすすめします。

複数社からの見積もり取得をラクに行うなら、一括見積もりサービスの利用が必須。業者同士の見積もりを比較して最安値の長距離引越しプランを見つけましょう!ピックアップされる業者をできるだけ増やすという意味でも、やっぱり一括見積もりも早めにやっておきたいところ。

長距離向け引越しプランはSUUMOでみつかる
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 最大50%OFF!
    引越し料金が安くなる
  • 電話番号不要!
    メールだけでやりとりできる

最安の引越し業者を探す