長距離の単身引越し料金目安と相場より安いプランで見積もりをとるコツ

長距離引越しの相場価格まとめと安い見積もりが取れるおすすめの方法
長距離の引越しプランが
最大50%OFF

最安値のプランを探す

進学・就職・転勤・単身赴任などで単身の長距離への引越しが決まったら、できるだけ費用を安く抑えたいのは誰もが願うところ。

でもやはり距離が遠い分、普通に見積もりを取ると高くなってしまいがち。そこで肝心となるのが、長距離に強い(=長距離輸送プランがある)引越し業者を選ぶこと。

一括見積もりサービスで引越しの距離や荷物量を入力すると、その条件ならいけるよ!って一番安い業者のプランが見つかります。

で、業者ごとの料金を比較すれば最安値の業者がラクに見つかるというワケです。

長距離向け引越しプランはSUUMOでみつかる
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 最大50%OFF!
    引越し料金が安くなる
  • 電話番号不要!
    メールだけでやりとりできる

公式サイトをみる

その他の見積もり比較サービスはこちら

…以上、一括見積もりサービスが長距離引越しを安くする最大の答えなんですが、遠距離への引越し料金を安くするためのコツをもう少しだけ詳しくまとめます。

最後までチェックしてみてね。

長距離単身引越しの料金相場目安

約200km約500km約1,000km
1R~1LDK
(荷物量:少)
7.3万円8.8万円14.0万円
2LDK~3LDK
(荷物量:多)
12.5万円13.8万円20.1万円

※大手引越し業者数社より調査した通常期の金額を参考に算出した料金

引越し料金は荷物量や距離だけでなく、通常期(5~2月)や繁忙期(3、4月)といった時期、平日や休日などといった引越しのタイミングも大きく影響します。

たとえば、もっとも高くなると考えられるケースの繁忙期の土日祝だと、上記表の料金目安の1.5~2倍の見積もり金額がでることも珍しくありません。

引越し料金を下げるためには早めの業者手配はもちろんのこと、長距離に強いプランがある引越し業者選びが肝心となります。

赤帽を使う場合は近距離限定で!

単身だからといって赤帽を検討している人もいるかも知れませんが、ほぼ間違いなく驚愕の超高額料金を提示されますので辞めておいたほうが無難。赤帽の格安料金が活きるのは近距離、それもかなりの近場の場合に限って見積もりを取るようにしておきましょう。

長距離おすすめ引越しプランは「単身パック」

単身パックを使うという手も
長距離の引越しでは、比較的距離による見積もりの計上が少ない「単身パック」を利用するのがおすすめです。

コンテナボックスの内寸に収まる荷物のサイズと量限定となるので、ベッドなど大型家具は運べません。ただ積み切れる荷物量なら逆に大幅に安い見積もりが期待できます。

単身パックの相場で安いところは?
約100km以内※1約350km※2
日通1.8万2.4万円
ヤマト1.7万2.6万円

※1:東京都内程度
※2:東京から名古屋程度

ボックス輸送タイプの単身パックだと、この2社は必ず検討に入るかと思います。

混合されがちな他社の「単身プラン」は1トラックでの輸送となるので、距離による料金の上がり方が大きいです。

そのため荷物量がコンテナボックスに収まる量なら単身パックを選んだ方が安く済むはず。

関連記事

他にも単身パックをやっている引越し業者はいっぱい。それぞれの相場に関しての詳細はこちらでまとめています。

主要各社の単身パック相場比較!それぞれの料金と荷物量からベストな業者を選ぼう

依頼する荷物がダンボール数個程度なら宅配便を使った方が安い可能性があります。

引越し荷物がダンボールのみで長距離の移動なら引越し業者のプランを使おう

結局最安値はヤマト?日通?

単身赴任パックの値段単体で見れば、両社ともとても魅力的。

ただ、1BOXで積み切れない荷物がある場合、両社それぞれでボックス追加や別送などと、その日その日の状況に応じて扱いが変わり、見積もりも変動します。

また、オプションなど全て込みでの見積もりを出してもらうと、自分の荷物量や距離だと通常プランの方が安かったり、なんてことも普通にあり得ますね。

つまり、ヤマト・日通、単身パック・プラン問わず、そもそも引越し料金が一律ではないため、実際に複数社の見積もりを取るまで一番安いプランは分からないということになります。

特に長距離の引越しではなおさらで、各業者でその時その時で出せるトラックサイズや輸送方法にバラつきがあるため必ず見積もり比較は行っておきたいところです。

「混載便」や「JRコンテナ便」だと安い見積もりが出やすい

 

長距離引越しを少しでも安くするコツ

他の利用者とトラックのスペースを共有する「混載便」という運送方法と、鉄道を利用した貨物輸送の「JRコンテナ便」という運送方法が利用できれば、引越し料金はグッと安くなるはずです。

というのは、混載便とJRコンテナ便はどちらも同一方向へ引越しする他の利用者の荷物と一緒に運ぶため、通常のトラック1台をチャーターする運送方法と比較して運賃や人件費の面で大きくコストカットできているからですね。

しかし、いずれのプランも他の利用者と一緒に荷物を運ぶ引越し方法であるため

  • 引越しする日時の細かい指定ができない
  • 積載スペースを他人と共有するため荷物量が限定される

という2点がデメリットとなってきます。

単身パックのように、ボックスで分けた輸送ではなく、荷物自体を混載して運ぶ業者もいますが、紛失や混ざってしまうなどのトラブルが起きることも。特にJRコンテナ便は引越し完了までの期間が長くなったりする可能性があります。

さらに遠い距離だと「船便」「航空便」での輸送に

離島など海を渡る規模の距離の引越しだと、船による海上輸送や飛行機による空輸となります。

船や飛行機での輸送となると大規模な引越しで、見積もりも高くなるように思えますが結局はこれもコンテナ便と同じ扱い。

鉄道貨物輸送が、船、飛行機に置き換わっただけと考えても良いです。

両者の違いを挙げるなら、船便は日数がかかるが安い、航空便は日数はかからないがやや高い。といったところでしょうか。

日数がかからない「チャーター便」は高くなりやすい

チャーター便とはいわゆるトラック1台貸切りの通常のプラン。

単身者のやや多めな荷物を2tトラック1台で引越し先まで直送する「単身プラン」として扱われていることが多いですね。

他利用者との依頼と同時にさばく単身パックや混載便、JRコンテナ便などと違って、利用者1名につきトラック1台で輸送するので日数を必要としません

また、積載量の上限がトラック1台分の荷台スペースとなるので、ベッドや冷蔵庫など大きめの家具が数点あっても利用できるのがメリットです。

ただ料金面でいうと、県や地方をまたぐ長距離の引越しの場合高い見積もりが出やすい点がデメリット。

そのため、長距離向けの引越しプランとはいえませんが、引越し業者なら基本どこでも用意されており中小~大手まで検討できる選択肢が幅広いです。

「帰り便」ならもっと安く!

帰り便とは他の利用者の引越し完了後、営業所に戻る際に空のトラックを利用して引越しする運送方法。

業者側にとっても空のトラックを走らせる…というのはコストの無駄であるため、運よく適用されればかなりお得に引越しできるはず。

しかし、帰り便は他の利用者の引越し作業日数やタイミングとの兼ね合いがあるため、かなりレアなプランです。

少しでも適用される可能性を上げるためには、早めの依頼複数社から見積もりを取ることでしょうか。見積もりをとる業者が多ければ多いほど確立は上がりますが、適用されればラッキーくらいに考えておきましょう。

長距離向きプランがある引越し業者は比較して探す

長距離の単身引越しを安くするには、
一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりを取るのが一番ラクな方法。

「そもそも長距離向けプランがある業者は?」
「長距離向けプランの空き状況は?」
…なんていちいち探す手間も省けます。

また、業者の空き状況によっては通常プランの方が安く見積もられるなんてことも。

結局、各社から見積もりをとって比較してみないことにはわからないってことです。

一括見積もりサービスは引越し距離や日程、荷物を入力すると対応できる業者が一度にピックアップされます。

その中から最安値の見積もりを出した業者を利用すればOK。入力した条件下で一番安い引越し業者のプランで引越せます。

補足

できるだけ優先的に適用してもらうという意味でも、備考欄に「混載便(単身パック)やJRコンテナ便など安いプランを希望します」と書いておくのがおすすめ!

長距離向け引越しプランはSUUMOでみつかる
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 最大50%OFF!
    引越し料金が安くなる
  • 電話番号不要!
    メールだけでやりとりできる

最安の引越し業者を探す

やっちゃいけないこと、やるべきことはコレ!

「とりあえず有名な業者だから安心だろう」と1社だけに電話して見積もり依頼をするのは完全にNG。相場費用よりも大幅に安く、できれば最安値価格まで持っていくためには、時期や距離、予算関わらず3社以上で見積もり比較が必須です。

日数調整とスケジュールの流れが見積もりに大きく影響する

長距離への引越しでは、引越し当日から日数を起算して早めの業者手配をしておきましょう。スケジュール通りに引越しが作業が進みやすいのはもちろん、かかる費用も抑えやすくなります。

例えば、どの業者でもよくある「当日に荷受けと荷降ろしを完了させるのではなく、2日から3日に分けて引越しを行う」という方法で費用をグンと下げたりできることがあります。時間や日取りに余裕をもつと引越し代金が安くなる

運送業者はトラックの空き時間、スタッフの現場配置、他の業務への手配などできるだけ効率よく進めたがっているのが一般的。

そのため、引越し依頼が早ければ早いほど、混載便やJRコンテナ便、帰り便などの長距離引越し向けプランが利用できる可能性も上がります。 また、スケジュールを早めに確定させておくことで、余裕を持って引越し先の整理や家具設置ができるというメリットも。

ともかく高くなりがちな長距離の引越しは、依頼が早ければ早いほど業者側でのスケジュール調整が効きやすく、私たちに提示される見積もりも安くなりやすいということになります。

荷物が多い家族引越しは長距離だと高くなる

費用を抑えられる長距離向け引越しプランは、輸送する荷物量に大きく制限がかかります。

つまり、適用されるためには単身者程度の荷物量であることが前提となるので、家族で引越しする場合、もしくは単身であっても家族同等の荷物量の場合はそもそもプランが利用できず、必然的にチャーター便を利用することになります。

荷物が2tショート程度のトラックで収まればまだしも、3人、5人家族となれば4t程度のトラック、さらに作業員も複数名必要になるので、とにかく高額な見積もりが出てしまうことは避けられません。

関連記事

高くなりがちな家族の長距離引越し料金を安く抑える工夫については次の記事で詳しくまとめています。

家族で長距離引越しをする料金相場とできる限り安くプラン見積もりを取る方法

まとめ:長距離の引越し費用を格安にするためには

これで安くなる!
遠方への引越しは繁忙期かどうかはもちろんのこと、長距離向け引越しプランが業者が展開しているか?予定日に適用可能どうか?が料金に大きく関わります。

紹介したような「単身パック「混載便」「JRコンテナ便」などの長距離向け引越しプランが自身の引越しに適用されるかは、業者のスケジュールや空き状況次第。

となれば、長距離向きプランを適用されやすくするためにも「複数社からの見積もり取得」「早め早めの引越し予約」をしておくことをおすすめします。

複数社からの見積もり取得をラクに行うなら、一括見積もりサービスの利用が必須。業者同士の見積もりを比較して最安値の長距離引越しプランを見つけましょう!ピックアップされる業者をできるだけ増やすという意味でも、やっぱり一括見積もりも早めにやっておきたいところ。

電話はナシ!最大30社から比較可能
「SUUMO引越し」
SUUMO引越しの一括見積もり
  • 最大50%OFF!
    引越し料金が安くなる
  • 電話番号不要!
    メールだけでやりとりできる

公式サイトをみる

トコトン安くなりやすい
「引越し価格ガイド」
引越し価格ガイドの一括見積もり
  • 最大50%OFF
    引越し料金が安くなる
  • 業者数250社以上
    安い業者を徹底的に探せる

公式サイトをみる

地元~大手まで徹底的に料金比較
「引越し侍」
引越し侍の一括見積もり
  • 最大50%OFF
    引越し料金が安くなる
  • 業者数250社以上
    安い業者を見つけやすい

公式サイトをみる

近距離コスパ最強の赤帽も比較できる
「LIFULL引越し」
LIFULL引越しの一括見積もり
  • 赤帽も比較できる
    近場の引越しなら必見!
  • 最大10万円キャッシュバック!
    Wチャンスで現金1万円

公式サイトをみる

その他コンテンツ

関連記事

長距離引越しでペットを連れていく場合、少し扱いが特殊になります。

ペットと一緒に長距離引越しする場合はどうしたらいい?

オートバイや原付を送る場合、専門業者ではなく引越し業者のプラン内でお得に輸送できる可能性があります。

原付バイクは専門業者より引越し業者で送った方が安くなることも

自転車の引越しではタイプによって相応しいプランが違います。

自転車の引越しは単身パックでも可能?西濃運輸+その他輸送プラン料金詳細