引越し料金を安くする

このエントリーをはてなブックマークに追加

引越し料金を安くするなら

引越し料金を徹底的に安くしよう

引越し料金を安くするための一番の方法は、

 

「引越し業者から見積もりを最低2つ以上取り比較競争させること」です。

 

ましてや料金が高くなる長距離引越し、転居に掛かる家具や電化製品の入れ替えなど何かと出費がかさむことになるので、確実に安く抑えたいもの。

 

管理人も転勤が多いため引越しの度に使っていますが、インターネットを使って大手から中堅どころの安心できる引越し業者に無料で見積もりが取れるサイトの活用が便利で安心です。

キャッシュバックキャンペーン中

長距離の引越し料金を比較する

 

当サイトの趣旨:管理人の引越しに対する捉え方

引越し業者選びで重要な事は「料金×対応×補償」

管理人からのご挨拶

管理人はこれまで6回引越しをしてきましたが、いつも思うのは、「引越しはどこの業者が良いのか?」を事前に調べても結局は、
@料金が安いかどうか
A営業マンの対応が良いかどうか
B質の良い作業スタッフに当たるかどうか

 

この3点です。
どこの業者でもそんなに大きな違いは無く、一定の教育水準を受けており、ただ引越しをするだけならどこの業者でもほとんど変わりはありません。

 

ユーザーが引越し業者に対して求めていることは、それほど高品質なサービスでもなく、こちらがやって欲しいことを低料金でしっかりとやってくれるかどうか、ではないでしょうか。

 

結局、問題なく荷物を運んでくれて、気持よく対応してくれて、そして安く引越してくれるかどうかです。その中でも優先順位の高い「料金の安さ」を最初にクリアしてくれていれば、支障なく引越しできるものです。

 

ただ、これらに加えて「万が一のトラブルや事故があった場合にしっかりと補償してくれるかどうか」は大切なポイントです。これらを踏まえて管理人なりの引越し業者の選び方をこのサイトでお伝えしています。

 

 

長距離引越しの相場料金

 

300km

500km

500km以上

単身

3万〜6万円

4万〜8万円

5万〜10万円以上

2人家族

5万〜8万円

8万〜12万円

10万〜15万円以上

3人家族

7万〜10万円

8万〜14万円

15万〜20万円以上

4人家族

8万円〜12万円

15万〜20万円

20万〜30万円以上

 

遠距離の引越しはその距離数によって、人数によって、時期によって、荷物の量によって、そして引越し業者の作業人数によって大きく変わってきます。

 

実際に見積もりをとって見なければ正確な料金は分からず、また付帯作業やオプションサービス、例えばエアコンの取り付け・取り外しや不要品の処分や引き取りなどがプラスされると更に金額は変わってきます。

 

上記はあくまでも目安の金額であり、実際には複数の見積もりをとって比較することが必要で、また見積もりを比較することで各引越業者ごとに大きく料金が変わることが分かるでしょう。

 

一人暮らしの引越しでは家族引越比べて荷物量も少ないので安くなりますが、距離が長くなればなるほどどうしても高くなります。各社が打ち出す単身パックなどを使って上手に引越しするのがオススメです。

長距離単身引越しを更に詳しく

 

 

家族で長距離引越しする場合の相場料金

家族で長距離引越しする場合も単身同様に、荷物の量×移動距離×時期(+作業人数)によって大幅に変わっていきます。引越しの部類の中でも一番料金が高くなるパターンですので、各社が打ち出す「家族向け引越しプラン」を上手に活用して料金を下げることが大切ですね。

 

家族で長距離引越しを更に詳しく

 

 

赤帽を含めた単身パックの選び方

引越し業者

単身者の引越しについては、各社で「単身パック」としてプランを打ち出している業者がたくさんあります。

 

ヤマトの単身引越しサービスや日通単身パック、近距離ではお得になる赤帽など、どこを選べば一番安くなるのか迷ってしまいますよね。

赤帽で引越しは本当に安くなる?

 

当サイトでは、それぞれの業者別で単身パックプランを比較検証し、各社のプランや料金体系、不要品の引き取りや買い取り、エアコンの取り付けや取り外しなど、どこかお得で安いのか、実際に使ってみた人たちの口コミ評判なども取り上げた上で、業者の選び方について詳しくまとめています。

引越し単身パックの料金・口コミ評判を更に詳しく

 

 

引越し見積もりを取る際に必ず行っておきたいこと

引越し料金を安くするための前段階として必ずやっておきたいのが、

●複数の引越し業者から見積もりを取る
●見積もりは同じ日時に業者を集めて見積もりしてもらう

ポイント

 

この2点が非常に重要です。
引越し業者はあらかじめ複数社で見積もりをされていることが分かるため、ライバル他社との料金競争に負けないために、限界まで安い料金を提示することになります。

 

あなたはまさにオークション商品として、売り手である各引越し業者から我先にと安い料金見積もりが提示されることになりますので、その中からもっとも安い料金を提示した引越し業者にお願いすれば良いですね。

 

 

洗濯機を落とされた!引越し業者に頼む際の注意点

管理人も経験がありますが、引越しにはトラブルが付きものです。
例えばどんなトラブルが起こる可能性があるかというと、

@輸送中または搬送中に荷物を落として破損
A荷運び中にエレベーターや壁にぶつける

引越し保証なしはダメ

引越し業者は事故が起こらないように万全の注意を払って作業を行っていますが、実際に管理人が経験した事故として、ドラム式の洗濯機を落とされて使えなくなってしまったことがあります。

 

その際には運良くその引越し業者が保険に入っていたために、代替え品として新しい洗濯機が用意されましたが、それでもグレードは下がってしまったために前の洗濯機よりは性能が劣るものを使うことになってしまいました。

 

引越しを依頼する前には、標準引越運送約款に入っているかどうか、特にAのトラブル時には自分のものではない物損に対して賠償責任が発生することになりますので、トラブル時の補償制度については必ず事前に確認しておくことが大切ですね。

 

補償内容について明確に伝えてこない引越し業者だけは避けるようにしましょうね。

 

 

料金の安さ+補償が引越し業者選び方のコツ

これで安くなる!

料金が安いこともさることながら、補償制度も充実した安心できる業者を比較してみましょう。

 

「引越し価格ガイド」なら200社以上の業者から一括で見積もりが無料で取れる上に、引越し料金が50%OFFになったり、キャッシュバック10万円キャンペーンもやっているのでオススメです。

キャッシュバックキャンペーン中

長距離の引越し料金を比較する

 

このエントリーをはてなブックマークに追加