ケーエー引越センターの評判と口コミ体験談まとめ!対応最悪との声も…“最安値”の実態

ケーエ―の引越し料金から
最大50%OFF

最安値のプランを探す

ケーエー引越センターは対応エリアが首都圏のみと限られていますが、とにかく低価格にこだわった料金設定が特徴。

しかも単身引越しは宅配便よりも安いプランが用意されており、首都圏での単身引越しを考えている人は必ず候補に入れておくべき引越し業者です。

対応エリア
東京都他の東京都対応の引越し業者をみる
神奈川県他の神奈川県対応の引越し業者をみる
埼玉県他の埼玉県対応の引越し業者をみる
千葉県他の千葉県対応の引越し業者をみる

結論、ケーエー引越センターがオススメなのはこんな人

  • 引越しを安くしたい人(条件有)
  • 一人暮らしの人(荷物がごく少量)
  • 引越しの距離が同区市内程度の人

ただし、ケーエ―1社だけでの見積もりはやめておきましょう

他社との比較を前提とした、本命の1社と考えておくことをオススメします。

ケーエ―含め3社程度で「料金の安さ」と「接客の対応」を比較。

作業の丁寧さ」については評判を決め手に、最終的な1社を決めましょう。

…当記事では、ケーエー引越センターの評判と体験談、そしてプランやサービスの詳細をまとめています。

ケーエー引越センターを本命に見積もりを取ろうとお考えの方は参考にしてみてね。

当記事の口コミは弊社でWebアンケートを実施し収集したものです

ケーエー引越センターの評判の良い口コミ体験談

「作業員のチームワークが良く、相場より安くしてもらえたと感じる」

女性/30代

オペレーターの方も感じ良く親身になっていただき、作業員の方々のチームワークも良く、見積もりで申請した荷物以外もすべて運んでいただくことができました

単身で7万は高いように思えますが、アパートの前にトラックが入れられない場所だったので、相場よりは安くしていただいたのかなと感じています。

8月上旬/東京都世田谷区⇒世田谷区

「挨拶も礼儀正しいし、何より作業が丁寧だった点が良かった」

男性/40代

不満に思った点は本当にありませんでした。

料金も荷物の多さや自宅の間取りからみても平均的な相場でした、それよりも作業スタッフの引っ越し作業の丁寧な点が本当に良かったです、挨拶も礼儀正しかったですし安心してお任せする事が出来ました。

9月中旬/埼玉県入間市⇒東京都国立市

「作業が迅速丁寧で、何かと融通が利く点が好印象」

男性/30代

迅速丁寧であった。機敏に動いてくれたし細かな所も丁寧であった。

なにかと融通を聞いてくれた点も好印象でした!

あと料金も比較的安くすみましたし満足しています!

素晴らしかったです

3月上旬/茨城県⇒東京都

「あまり有名な業者じゃなくて不安だったが、作業がとても丁寧で満足」

女性/20代

作業はとても丁寧でした。

あまり有名ではない会社だったので初めは不安でしたが、作業員の挨拶や家の中の養生などもしっかりしてくれて、気持ちよく引っ越しができました。

6月下旬/東京都練馬区⇒江戸川区

「作業時間が過去最速!安い上に仕事ぶりが素晴らしくコスパが良い」

安さをウリにしてる引越し業者って「安かろう悪かろうでは?」っていうのが不安なとこ。安い上に仕事の質も高いなんて文句のつけようがありませんね!

ケーエー引越センターの評判の悪い口コミ体験談

「見積もりから4万円も値上がった上、急に連絡が取れなくなった」

誰もが信頼して任せられる引越し業者に依頼したいと思っている中で、急に連絡が取れなくなるのは不信の念を抱きます。利用者にとって見積もりの内訳だけはハッキリしてもらいたいところ。

「普通のサイズのテレビが運べないと言われた」

荷物量に規定があるプランは見積もりがスマートに済む分、情報伝達ミスが発生しやすいです。普通サイズ、とはいっても定義は人それぞれ。荷物の詳細についてはあらかじめ業者にしっかりと伝えておきたいですね。

「安くて気に入ってたが電話対応が最悪だった態度に不満」

大手と中小はやはり比べられがちです。知名度では大手にかなわない部分がある分、せめて顧客一人一人に誠実に対応して頂きたいもの。せっかく気に入って頂けたのに残念ですね。

ケーエー引越センターの口コミ評判まとめ

良い評判で目立った声
  • 作業が早くて丁寧
  • 他社よりも料金が安い

ほとんどの利用者が「料金が安かった」と言っているように、相場料金や他社の料金よりもかなり安い見積もりを出してくれそうです。

中小企業の引越し業者は「安かろう悪かろうでは?」と不安を抱く人が多い中、安さと作業の質を両立できている業者は数少ないでしょう。

そんな中で作業内容にも満足しているという意見が目立ち、非常にコスパの良い引越し業者であることが伺えます。

とはいえ他社の見積もりをもらっておけば、それより安い料金を提示してくれるかもしれないので、ケーエー引越業者以外の業者からもあらかじめ見積もりをもらっておきましょう。

悪い評判で目立った声
  • 電話・メールの対応が悪い

ケーエー引越センターの悪い口コミは、主に電話やメール応対が悪かったという声が多かったです。

その中でも「メール連絡」に不満を持つ声があり、返事が来なかったという事もあるようです。

引越し業者、とくに地域密着型の中小だと人気に対し対応し切れるキャパシティにどうしても限界があります。

…そのせいで、結果的にずさんな対応になってしまう…なんてことが起こり得ます。

早急に連絡を取りたい場合は、メールの返信を待つだけでなくこちらから電話でアクションをするという事も大切です。

ケーエー引越センターの強みと特徴について

ケーエ―の強みと依頼するメリット

  • 単身プラン料金が首都圏最安値
  • 料金体系が明確で分かりやすい

単身プラン料金が首都圏最安値

「首都圏で単身引越しをするならケーエー引越センター以外の選択肢は無い!」

と言っても過言では無いくらい、ケーエー引越センターは単身引越しに自信を持っています。

なぜ低料金での引越しが実現できるかといえば、不要なサービスをカットし、本当に必要なサービスのみを提供しているから。

例えば

  • 華美なトラックは使わない
  • 梱包材は必要なものだけを提供
  • トラックの給油は価格重視のセルフ給油
  • 下請け業者を利用しない

などなど。

ケーエー引越センターでは「安全に荷物を運搬すること」と「他社より1円でも安い見積もりを出す」という、相反するサービスを提供することをテーマとしています。

その結果、満足できるサービスを少しでも安く提供する為に、余計なコストをかけないという営業スタイルで「首都圏最安値」が実現しています。

とはいえ、ケーエ―でホントに最安値の見積もりがもらえるのは、「梱包材・オプション不要」などとにかく小規模な引越しの場合

業者側にお任せしたいことが少しでもある場合、ケーエー引越センター1社で決めずに、必ず他社の料金とも比較しておく必要があります

料金体系が明確で分かりやすい

他社、特に大手の引越し業者のホームページを見ていると、一番気になる「料金」が書かれていないことって結構多いです。

結局は訪問見積もりを受けないと料金がわからない…って事がほとんど。

ケーエー引越センターの料金は「プラン内容」と「料金」がセットになっており、誰が見ても分かりやすい簡潔明瞭な料金設定となっています。

もちろん、パック料金なので訪問見積もりの必要もありません。

見積もり依頼フォームに、依頼するプランを入力してあとは名前や住所を入れるだけで引越し依頼が完了します。

ただし、家族引越しや単身者でも荷物量が多い場合は別途、訪問見積もりが必要となります。

ケーエー引越センターの会社情報と引越し商品詳細

商号株式会社ケーエー企画
電話番号0120-915-846
創業平成15年2月
本社東京都港区芝浦2-8-8/坂本ビル1F
従業員数88名

ケーエー引越センターのプランについて

概要安さ
遠爆安75プランダンボール20個までの少量の荷物が対象★★★★★
標準プラン2tトラックと作業員2名の引越しプラン★★★☆☆
超節約プラン軽トラックに入る程度の荷物量が対象★★★★★

ケーエー引越センターは、単身引越しに特化しているので、プランのほとんどが単身向けですが、家族引越しをする場合は「標準プラン」を利用することになります。

単身者で、荷物がダンボール20個程度しかなく家具家電が無い場合は後述する「爆安75プラン」の対象者になります。

単身者でも、荷物多めのダンボール50個程度+最低限の家具家電の引越しの場合は「超節約プラン」が該当します。こちらも後述。

このプランは軽トラックを利用するので単身者向けのプランではありますが、荷物の少ないカップルや夫婦の引越しの場合であれば利用も可能です。

ただ、このプランは荷積め・荷下ろしなどの作業を手伝う必要があります。

体力に自信のある方、手伝ってもいいよ!という方なら、手伝う分は確実に安く引越しができるので利用する価値ありです。

ケーエー引越センターの単身引越しパックについて

小規模な引越しに強いケーエ―引越センターには、単身者に向けてのプランに割くコストを徹底的にカットしています。

【爆安75プラン】

爆安75プランは何と7,500円ポッキリ。

ダンボールが20個以下の荷物であれば、これ以上追加料金が発生することはありません。
ちなみに、同じ数のダンボールをヤマトで送った場合だと27,800円かかるので(同一県内)、宅急便よりも安いという事に。

ただし、このプランを利用できるのは以下の条件を満たした場合のみ。

  • ダンボールは利用者側で用意
  • 東京23区、もしくはケーエー引越センターが定めたエリアのみ
  • 1階玄関~1階玄関への引越し(作業を手伝う必要あり)

単身引越しに定評のある赤帽でさえ、この料金で引越しをすることは不可能なので、荷物がダンボール20個以下の場合はこのプラン1択で間違いないでしょう。

【標準プラン】

ケーエー引越センターの中で最も需要のある標準的なプランです。

単身者・家族引越しどちらにも対応できるプランで、大手引越し業者でいうところの「基本プラン(荷造り・荷ほどきは自分で行う)」に該当します。

荷物量や距離によって料金が変動は変動しますが、他の中小企業と比べてもかなり安い料金で引越しができそうです。

距離荷物量料金
同一区内・または隣接する区への引越しダンボール約90個(2t車・作業員2名)13,500円~
20km以内ダンボール約90個(2t車・作業員2名)14,500円~
20km以内ダンボール約120個(2tロング車・作業員3名)24,500円~

※参考:ケーエ―引越センター

個人的な感覚で言うと、よっぽど荷物が多い家族引越しでない限りダンボールが90個にもなる事って滅多にありません。

つまり、積載に必要となるスペースがダンボールが90個分以下であれば、もっと小さいトラックで引越しができる可能性もある訳で、上記の料金よりもさらに安い見積もりを出してもらえる可能性もあります。

標準プランとはつまり、スタッフ2名と2tトラックをチャーターするプランで、どこの引越し業者にも設けられている比較がしやすいプランです。

ケーエー引越センターは「標準プラン」でも確かにリーズナブル。ただ、首都圏は安さで勝負している中小引越し業者の激戦区です。

もっと安い料金を出してくる業者が存在する可能性は往々にあり得るので、必ず他社からも見積もりをもらって比較は必須条件とお考え下さい。

【超節約プラン】

このプランは「荷物は少量だから、レンタカーを借りて自力で引越しをしようかな…」と思っている人に最適なプランです。

「超節約プラン」は軽トラック1台とスタッフ1名をレンタルして引越しをするイメージで、自分でできる作業(荷詰め・荷下ろしなど)は自分で行う変わりに格安で引越しができます。

レンタカーを借りての自力引越しは、確かに安く済みますが慣れない作業で思った以上に時間がかかります。

手伝ってもらった謝礼やガソリン代などを考えると、レンタカーでの引越しでも意外と高くつくことも。

それならばはじめから引越し業者に依頼して、任せられる作業はプロに依頼、自分でできることは自分で、とした方が効率よく作業が進みます。

ちなみに、超節約プランを利用して引越しをした場合の料金は以下の通り。

距離条件料金
同一区内・または隣接する区への引越し軽トラック使用(ダンボール50個程度)/作業員:1名10,500円~
20km以内の引越し軽トラック使用(ダンボール50個程度)/作業員:1名11,500円~

※参考:ケーエ―引越センター

例えばレンタカーを借りて引越しをした場合、平均9,625円が必要となります(バンタイプの車両を12時間借りた場合)。

この料金にさらにガソリン代が追加され、さらに手伝ってもらった友人への謝礼などを考えたら、初めからケーエー引越線センターの「超節約プラン」を利用した方が、結果的に安く、ラクに引越しをすることができそうです。

ケーエー引越センターのオプション・サービスについて

料金詳細
エアコン移設有料1.2万円(基本工賃)
洗濯機移設
不用品回収有料
不用品買取
荷物一時預かり有料
ハウスクリーニング
車・バイク輸送有料
ピアノ輸送有料
ペット輸送有料
ダンボール提供有料5枚3,500円/10枚4,500円
ダンボール回収
テープ提供無料規定数
ハンガーケース提供無料規定数
シューズボックス提供
布団袋提供無料
作業員追加有料平日7,500円/土日祝8,500円/繁忙期1万円
時間指定料金有料2,000~5,000円
横持ち料金有料10m1,000円
養生有料エントランス・階段1m500円/内階段1F5,000円

ケーエー引越センターのオプションは基本的に「有料」だと思ってください。

自分が必要だと思ったオプションだけを追加するシステムなので、逆に言えば一切無駄がなく本当に必要なサービスだけを利用することができるということ。

ダンボールや養生ってたいていどこの引越し業者でも無料のサービスですが、よく考えたら、それって人によっては必要ない場合もあります。

かといって、「ダンボール不要だから引越し料金をもう少し安くしてよ」と言った所で、安くなる訳ではありません。

ケーエー引越センターでは「その人に必要なオプションだけ」を追加で提供することによって、低価格の引越しが実現しているのです。

しかし、例えば全オプションが必要だった場合、結局ケーエ―は安くないの?
というと、実のところそうなります

言い換えれば「ケーエ―は(オプションが発生しない限り)首都圏最安値!」ということになるので、自身の引越し条件に対して安いとは限らないのです。

実際、ケーエ―のオプション部分を加味すると、費用面では他社とそう変わらないなんてことも。

いずれにせよ、あなたの引越し条件に対してホントに最安値を出す引越し業者は複数社の比較をすることでハッキリします。

一括見積もりサイトなら簡単に料金比較ができて便利です!

まとめ:結局、ケーエー引越センターってどうなの?

首都圏で単身引越しをするなら、必ずケーエー引越センターを選択肢に入れておきましょう。

「安いだけでなく、作業内容も丁寧」という口コミも多く、むしろ悪い口コミがほとんど見当たらない、安さ×質を両立している優良企業だといえます。

ただ梱包資材を含め、ほとんどのサービスが「追加料金」というのは注意しておくべき点。

休日に引越しをする場合は割増料金となる他、引越しにおいて必要な養生(建物を保護する)も有料なので、色々追加していたら結局他社よりも高くなってしまった…なんて可能性も充分にありえます。

ケーエー引越センターを本命とする場合は

  • 必要なオプション費用を加味した上でケーエーが安いか
  • それとも必要なオプション込みで、もっと安い業者に依頼するか

この部分をポイントにして、他社と比較検討するのが良さそうです。