引越しのおまかせプランはできないことが意外とあった!上手な利用法まとめ

引越しはやることが多くて大変ですよね。荷造りに引越しの手続き、ごみの処分に…やることはまだまだたくさんあります。

しかし…

「仕事が忙しくて荷造りなんてやっている時間はない」
「妊婦だから無理な作業はしたくない、子供が小さいから荷ほどきに手がかけられない」
「家族の介護もあるから引越しで重労働はしたくない」

など事情はさまざま。また上記事情とは別に「楽に引越ししたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方に向けて「おまかせプラン」ついて解説していきます。

おまかせプランは、仕事や家事に忙しいかたにぴったりの「引越し作業を業者にまるまるお願いするプラン」の事なんです。

詳しくみていきましょう。

おまかせプランって何?

「おまかせプラン」とインターネット検索をするとさまざまな引越し業者のサービスが表示されますが、よく見ると名前が違うプランがたくさんあります。

どれも同じプランなのでしょうか?解説していきます。

そもそもおまかせプランとは

おまかせプランとは引越しに関わる荷造りから荷ほどきまでおこなってくれるサービスのことです。

おまかせプランはほとんどの引越し業者でおこなっているサービスで、特定の業者しかおこなっていないというサービスではありません。

おまかせプランは引越し業者によってプランの名前が異なります。

例えばアリさんマークの引越し社の場合には「アリさんフルパック」

アーク引越しセンターの場合「すべておまかせフルフルプラン」

サカイ引越センターの場合「らくらくAコース」

などなど引越し業者によって名称が違います。

しかし、プランの内容は「荷造り」「家具の配置」「荷ほどき」などをおこなってくれるプランの事なので、プランの名前が違うからと言ってプラン内容に大きな違いがあるということはありません。

一部のプランだけをおこなってくれるサービスもある

おまかせプランとは逆に「荷造り、荷解きの一部だけやってもらう」というサービスもあります。

例えば「妊娠中だから重たい家具の配置はできないけど、荷解きだけは自分でやりたい」という方には、荷解きだけを自分でおこなうプランもあります。

一部だけおこなうプランは、荷造りから荷解きまですべて引越し業者にお願いするプランより安くなります。

事情があり、おまかせプランを使いたいけど抑えるところは抑えておきたいという方は、できないところだけを引越し業者にお願いしてできることは自分でしましょう。

普通のプランとの違い

おまかせプランと普通の引越しプランの違いは荷造りや荷解きをやってもらえるか?という点と料金です。

普通の引越しの場合、多くの引越し業者では荷物を家から家へ運ぶまでが基本的な業務となります。

そのため、荷造りや荷ほどきまではおこなってくれません。

おまかせプランの場合、荷造り、荷物運び、荷ほどきまですべて行ってくれるんです。

ただ、お願いする作業が増える分、普通の引越しに比べて高くなってしまいます。

荷解き、荷造りをおこなうため、それだけ引越し業者の作業員の人件費がかかります。

日々忙しい方子育てや介護で重労働を避けたい方は「お金がかかってもお願いしたい」と思う方も多いと思います。おまかせプランなしとありでは、具体的にどのくらいの金額差があるかまでは分かりません。

引越しは、荷物の量や引越し距離で見積もり料金が大きく変わるからですね。

そのため、一度複数の引越し業者から見積もりを取って「おまかせプランありとなしはどれだけ料金が違うのか」を確認してみましょう。

おまかせプランを利用すれば引越しで面倒なところを大体やってもらえるので、人によってはすごく便利です。

おまかせプランではできないこと

おまかせ、というくらいですから何もかもやってもらえるかと思いきや、じつはおまかせできない作業もあるんです。

「え、これってやってくれないの?」

と当日慌ててしまうかもしれないので、おまかせプランではできないことを事前に確認しておきましょう。

掃除や粗大ゴミの廃棄

掃除や粗大ゴミの廃棄はほとんどの引越し業者でオプションサービスになっています。

そのため、荷造りから荷解きをおこなうだけのおまかせプランでは通常おこなってくれません。

しかし、引越し業者のプランによっては掃除や不用品処分をおこなってくれる業者やオプションサービスも含まれたおまかせプランという業者もあります。

ライフラインの手続き、役所の手続き

すべておまかせ!と引越し業者が宣伝していたとしても、実際のところライフラインや役所の手続きなどは自分でおこなわないといけません。

急ぎの引越しや、仕事や家事で忙しいかとは思いますが手続きだけは自分で済ませましょう。

貴重品の梱包

貴金属、有価証券、現金、年金手帳や印鑑などの貴重品や個人情報に関わるもの原則自分で新居まで運ばなくてはなりません。

大体、どこの引越し業者でも「貴重品は責任もってご自分で運んでください」と貴重品の梱包や運搬は断っています。貴重品は前日までにかばんや手持ち金庫などにまとめて、引越し業者に引き渡す他の荷物と混じらないようにしておきましょう。

エアコンの取り外し、照明の取り外しなど

エアコンの取り外しや照明器具の取り外しは、粗大ゴミの撤去や掃除と同じくオプション扱いとなり料金が発生します。

そのため、運んでもらえるものだとのんびりしていると、当日追加料金を払って取り外してもらい、さらに追加料金を払って新居に運んでもらわなくてはなりません。

自分で取り外すか、引越し業者にエアコンの取り外しを依頼しておきましょう。また、引越し業者とは別の電気屋さんなどの業者に依頼してもエアコンは取り外してもらえますよ。

ペットの引越し

ご自宅でペットを飼われているも多いと思います。

犬、猫、鳥、熱帯魚などさまざまなペットがいますが、じつはどのペットも引越し業者では運んでくれません。

生き物はデリケートなので引越しの荷物と一緒に運ぶわけにはいかないからです。もしも、ペットの引越しを引越し業者に頼みたいのであればオプション料金を払ってペット引越しの専門業者を手配してもらうことになります。

近距離の引越しの場合は移動の際、一緒に車に乗せて引越しするという手もありますね。

おまかせプランでこれができる・できないまとめ

ここまでで「引越しのおまかせプランでできることとできないこと」を簡単にまとめてみました。

できることできないこと
荷造りゴミの処分
家具の配置行政など引越しの手続き
荷ほどき旧居や新居の掃除

 ー

エアコンや照明の着脱
ペットの引越し

ざっと多くの引越し業者のおまかせプランで行えないことをまとめてみましたが、おまかせプランのサービス内容は引越し業者によって違います。

たとえばサカイ引越センターの場合「10分間サービス」というサービスが、どの引越しプランでも付いてきます。10分間の間であれば照明の取り付けや簡単な掃除などを行ってくれるんです。

サービスの料金は業者によって違うので引越し業者の公式ホームページで確認したり、引越し業者に問い合わせて聞いてみましょう。

では、次はおまかせプランを頼んだら事前にやっておくこと、やっておいた方がよいことをご説明していきます。

おまかせプランを頼んだら事前にやること

おまかせプランは引越しの面倒なことをやってくれる便利なプランです。

ただ、任せっきりではなく、利用者側でも事前にやっておくべきことはあります。

引越し前日にやること【冷蔵庫や洗濯機の水抜き】

冷蔵庫や洗濯機を運び出す前には、利用者側で事前に水抜きをしておく必要があります。水抜きがしっかり行なえていないと、移動中の水漏れなどのトラブルが起こってしまうからですね。

引越しの前日には、冷蔵庫や洗濯機の水抜きをおこなっておきましょう。

引越し前日までにやること【新居の家具配置図】

新居のどこに何を置くかを記した新居の家具配置図を作成しておくと引越しをスムーズに進めることができます。

とくに荷物の配置までをおまかせプランでお願いする場合には「どこに何を置くか?」の指示を的確に出す必要があります。

現在では無料で引越しの間取り図を作ることができるアプリがありますので、アプリで間取り図を作成して印刷しておくといいかもしれませんね。

引越し前日までにやること【プライベートな荷物や貴重品の荷造り】

思い出の品や下着など他人に見せたくないプライベートな荷物は誰にでもありますよね。とくに女性の場合には思い出の服や水着、下着や普段使っている化粧品など見られたくないものも多いでしょう。

そういった見られたくないものは引越し業者が来る前に梱包してしまいましょう。梱包を済ませた後に「開封しないでください」などと箱に書いておけば引越し業者が荷解きをする心配はありません。

また、貴重品は基本的に自分の手で新居まで持っていきます。

引越し当日はバタバタしてしまいますので、貴重品をばらばらの場所に保管している方は貴重品が他の荷物に紛れてしまう可能性もあります。

できれば、前日までに貴重品はひとまとめにしおき、他にも自分の手で運びたいものと一緒にまとめておきましょう。

引越し前日までにやること【パソコンのバックアップ】

ほとんどの引越し業者ではパソコンやHDDのバックアップを推奨しています。

引越し業者もパソコンが入っているとわかっているダンボール箱はできるだけ丁寧に扱いますが、引越しの最中に何が起きるかわかりません。そのため、USB、外付けハード、CDやクラウドドライブなど複数の場所へのバックアップを推奨しています。

バックアップ作業も引越し業者ではおこなえない作業なので事前に終わらせておきましょう。

 

以上がおまかせプランを利用する上で前日~前日までにやっておいた方がよいことです。

引越しをスムーズに終えるように事前に準備をしておきましょう。

荷造りから荷解きまで行ってくれるおまかせプランはとても便利です。とくに日々忙しい方や高齢や妊娠で重労働ができない方にはなくてはならないサービスです。

引越しのお得情報&便利サービス

この章ではおまかせプラン以外の引越しのお役立ち情報をいくつかご紹介していきます。

おまかせプランではできないあんなことやこんなこと、知っているとちょっと得するサービスなどを集めてみました!

まずはお役立ち情報から見ていきましょう。

安くしたいのであれば単身パックがオススメ!

ほとんどの引越し業者では「単身パック」という荷物が少ない人向けの引越しプランがあります。

単身パックは専用のコンテナを使う引越しからダンボールの個数を制限した引越しなどいろいろあります。

マイルが貯まる、ポイントが貯まる!

引越し業者によってはポイントやマイルが貯まる引越し業者があります。

例えば、日通の場合、JALマイレージ、PONTAポイントや楽天ポイントが貯まるなど業者によって貯まるポイントは違うのでできればいろいろな業者を見て比較してみましょう。

掃除もおまかせ「サカイ楽々パック・楽々コースプレミアム」

おまかせプランではおこなってもらえない掃除までやってもらえるサービスです。

しかも、合計3回まで利用できるサービスで、食器洗いから花壇の水やりなどちょっと引越しとは関係なさそなところまで手伝ってもらえます。

無料で不用品を引き取ってくれるかも「ハート引越センター不用品引き取りサービス」

通常不用品の引き取りは別料金がかかってしまいますが、ハート引越センターでは一部の不用品を無料で引き取ってもらえます。

ただし、見積もり時にサービスの利用を申し出ましょう。

女性スタッフにおまかせ「アート引越センターレディースパック」

女性の方は見られたくないものも多いですよね。特に開封までお願いするので気が引けることもあるかもしれません。

しかし、レディースパックなら作業員は女性なので安心して任せられます!

盗聴器調査サービスを無料で「アップル引越しセンター」

ちょっと意外なサービスとして無料で盗聴器を調査してもらうサービスもあります。

ただし、もしも盗聴が見つかった時の撤去費用は利用者持ちとなるので注意して下さい。

まとめ

引越しはめったにおこなわない大変なイベントですよね。数十箱と荷物を積める作業や重たい荷物を運ぶ作業はとても大変です。

また、事前に荷物を箱詰めするなどやることも多く仕事で忙しい方や日々育児や介護に追われている方にとっては「引越しをする前から大変だ!」とすべてを投げ出してしまいたい気分に襲われるかもしれません。

しかし、おまかせプランを使えば引越しで大変な部分のほとんどをおこなってくれるほか、追加でサービスを選べば引越し以外のことも手伝ってくれるので本当に楽ちんです。

日々、忙しい方はおまかせプランの利用も考えてみましょう。