引越し前には洗濯機の水抜きを!写真付きで手順をわかりやすく解説

引越しで洗濯機を新居へ持っていく場合、事前にやっておかなくてはいけない準備や、注意事項がいくつかあります。

「洗濯機の移動なんて、引越し業者が全部やってくれるんじゃないの?」
「事前にやること?よくわからないけど、当日でも何とかなるんじゃない?」

このように、引越しで洗濯機を運ぶ際に「いつ」「何を」「どうしたらいいか」分からない方のためにコラムを作成しました!

「引越し業者にすべて任せてあるから大丈夫!」

という方も、実は事前にやっておかなくてはいけない準備があるんです。

新居に引越してから、洗濯機を今まで通りスムーズに使用するためにもぜひこの記事を参考にしてくださいね!

洗濯機の水抜きとは

洗濯機の故障移動中の水漏れを防ぐ目的で引越しなどで洗濯機を移動させる前に“水抜き”を行う必要があります。

洗濯機の水抜きとは、洗濯槽の水を抜くことではなく「給水ホース」と「排水ホース」の水を抜くこととを言いい、水抜きにかかる時間は洗濯機のメーカーによっても異なりますが、おおよそ10~30分程度です。

最悪、引越しの当日に水抜きをしても間に合う可能性もありますが、引越し当日はあわただしいので前日までに水抜きを終わらせておくことをおすすめします!

洗濯機の水抜きは、そんなに難しい作業ではありませんが「縦型洗濯機」「ドラム型洗濯機」で多少手順が異なります。

そこで次の章では、縦型洗濯機とドラム型洗濯機の水抜き方法について、写真付きで詳しく解説していこうと思います!

縦型洗濯機の水抜き方法

先ほども少し書きましたが洗濯機の水抜きをするには「給水ホースの水抜き」と「排水ホースの水抜き」の両方を行う必要があります。

実際の画像をみながらに早速解説していきます!
水抜きを行うときは、洗濯槽の中に洗濯物が入っていないことを確認してから行いましょう!

給水ホースの水抜き方法

  1. 水道栓を閉じる
    (洗濯機の種類によって水道栓の形状が異なります)
  2. 洗濯機のフタを閉め、電源を入れてスタートボタンを押す
    (スタートボタンを押すと、自動で洗濯機が稼働し始めます)
  3. 洗濯機の稼働が止まったら電源を切る
  4. 給水ホースをはずす(壁に接続されているホース)
  5. 脱水をかける(一番短い時間でOK)
    縦型洗濯機の水抜き手順【脱水ボタン】
  6. 洗濯機側についている給水ホースを外す
    縦型洗濯機の水抜き手順【給水ホース】
  7. 水道栓に残ってる水と、洗濯槽の水をタオルで拭き取る

以上で給水栓の水抜きは終了!

排水ホースの水抜き方法

  1. 排水ホースを抜く
    縦型洗濯機の水抜き手順【排水ホース】
  2. 洗濯機を傾けて(排水ホースの方向に)中に残った水を抜く
    縦型洗濯機の水抜き手順【排水ホース2】

縦型洗濯機の排水ホースの水抜き手順は以上です。

ドラム式洗濯機の水抜き方法

ドラム式洗濯機の水抜きは「給水ホース」「糸くずフィルター」「排水ホース」の3つの手順で行います。

給水ホースの水抜き方法

  1. 蛇口を締める
  2. 電源を入れる
    ドラム式洗濯機の水抜き手順【蛇口】
  3. 槽クリーン(槽洗浄)を選択し、20秒程度稼働させる
    ドラム式洗濯機の水抜き手順【槽クリーン】
  4. 約20秒たったら、電源を切り給水ホースを外す
    ドラム式洗濯機の水抜き手順【給水ホース】

糸くずフィルターの水抜き方法

  1. 洗濯機の電源を入れる
  2. 脱水ボタンを一番短い時間で設定し、止まるまで待つ
    ドラム式洗濯機の水抜き手順【電源と脱水ボタン】
  3. 糸くずフィルターのつまみを開け、中に溜まった水を洗面器などで受ける
    ドラム式洗濯機の水抜き手順【糸くずフィルター】

排水ホースの水抜き方法

  1. 排水ホースを洗濯機からはずす
    (洗濯機の下にあります)
    ドラム式洗濯機の水抜き手順【排水ホース】
  2. ホースや洗濯槽に残った水分をふき取れば終了

 

事前に用意しておくと良いもの

  • タオル
    (ホースや洗濯槽の水分をふき取るのに使用します)
  • 不要な毛布やタオルケット
    (床や壁を傷つけないように、洗濯機を保護するため)
  • 軍手
    (手を痛めないためにもあったほうが良い)
  • 洗面器
    (ドラム式の場合、糸くずフィルターから出る水を受け取る時に使用)

洗濯機の安全な運搬方法

洗濯機は重たい物が多く、1人で運ぶのには意外と労力を使うものです。

引越し業者に頼らず、いくら自力で洗濯機を運搬するからといって1人で洗濯機を動かすことはケガにつながりかねません。事前に家族や友人にお願いをして、2人以上で運ぶことをおすすめします。

洗濯機を運ぶときは2人で息を合わせて持ち上げて運ぶのですが、この時にいくつポイントがあります。

【ポイント1】洗濯機は横向きにしない

洗濯機は横揺れに非常に弱く、洗濯機を傾けると故障する場合があります。必ず立てて(置いてある状態のまま)運ぶようにしましょう。

【ポイント2】洗濯槽を固定してから動かす

洗濯槽(洗濯時、回転する部分)は固定されていないので、運搬時に外れてしまう恐れがあるため、ガムテープなどで固定しておきましょう。

【ポイント3】重心を低くして持つ

先ほども少し書きましたが、洗濯機は重たいので運搬時に思わぬケガをしてしまう可能性があります。重心を低くして、2人以上で持ち上げることで安定するため、ケガを防ぐことができます。

新居での洗濯機の設置方法

洗濯機の水抜きと運搬は自分で行っても問題ありませんが、洗濯機の設置に関しては基本的には洗濯機を購入した家電量販店や、専門業者に設置をしてもらうことになります。

その理由としては2つあります。

まず1つめは、洗濯機を自分で設置して万が一故障や損害が起きた場合、メーカーで補償してもらうことができないからです。

そして2つめは、新居が賃貸住宅だった場合、洗濯機の設置不良で水漏れなどを起こしたら、床の張り替えや修繕費用を自己負担しなくてはいけなくなるためです。

このような理由から、洗濯機の説明書にも「お客様自身での施工は避けてください」と注意喚起されている場合が多いようです。

それでも、「自己責任で設置するから、方法を教えて欲しい!」という人のために、簡単に設置方法を説明したいと思います。

洗濯機の設置方法

設置方法は基本的には「水抜き」の手順と逆になり、縦型式とドラム式洗濯機で設置方法はほぼ同様の手順になります。

  1. 水道栓を開け、電源プラグを入れる
  2. 給水ホースをつなげる
    (ドラム式洗濯機の場合、排水ホースの接続部分は洗濯機の下部分にあります)
    ドラム式洗濯機の水抜き手順【排水ホース2】
  3. 電源を入れ、正常に稼働するか確認する

洗濯機を設置するときのポイントもいくつかあるので、ひとつずつ解説していきたいと思います。

新居に洗濯機が入るのかサイズの確認を!

まず、新居に洗濯機が入るかサイズをきちんと確認しておきましょう。

サイズと一言で言っても、洗濯機自体のサイズだけでなく、新居の廊下や玄関を通ることができるかなど、搬入経路のサイズを把握しておくことが重要です。

万が一、新居に洗濯機が入らない場合はクレーン車などで吊り上げて搬入することも可能ですが、その場合は追加料金が発生してしまいます。

洗濯機を新居に搬入する際、最低限測っておきたい場所は下記の4点です

  • 玄関の幅のサイズ
  • 廊下や階段の幅
  • 脱衣場の戸のサイズ
  • 洗濯パン(洗濯機を載せる台)のサイズ

3つのポイントを押さえて設置を!

ドラム式洗濯機【設置】
  • 【ポイント1】給水ホースがきちんと接続されているか
  • 【ポイント2】床とすき間がなく、平らな状態で設置されているか
  • 【ポイント3】排水ホースは正しく設置されているか

洗濯機のメーカーや型式によって、排水ホースや給水ホースの接続方法は異なります。
かならず説明書を読んで正しく設置するようにしましょう。

洗濯機の配置について

洗濯機を設置する際、決められたスペースを開けて設置する必要があります。

縦型洗濯機【設置】
  • 洗濯機の上面は最低50センチ以上離す
  • 左右と、後方の壁から最低2センチ以上離して設置する

この設置サイズは「消防法設置基準」に基づいており、建築物の可燃物(壁など)から一定の間隔を保つために必要となっています。

引越し業者に洗濯機の運搬を依頼する場合

引越し業者に洗濯機を運んでもらう方も、前日までに水抜きを行う必要があります。

水抜きの手順は先ほど解説した通りです。

引越し当日はあわただしくなることが予想され、当日に水抜きをしている余裕はないと思ったほうがいいでしょう。

余裕をもって作業を進めるためにも、最後の洗濯が終わったら早めに水抜きを終わらせておきましょう。

引越し会社に依頼した場合の洗濯機設置料金の目安

引越し会社に依頼して洗濯機を新居に設置した場合、設置料金がかかってくるのを知っていましたか?

もちろん洗濯機を新居に運ぶだけであれば、見積もりから特にプラスで料金が発生する訳ではありません。

ただし、洗濯機の配線やすぐ使えるように設置を依頼する場合はオプション料金がかかってきます。

大手引越し会社の洗濯機設置料金の目安は下記の通りです。

縦型洗濯機(税別) ドラム式洗濯機(税別)
アーク引越センター 3,000円 4,000円
サカイ引越センター 4,000円 6,000円
アリさんマークの引越社  無料 4,500円

(2018年11月時点)

価格は時期により変動する可能性がありますので、事前に引越し会社に確認をとることをおすすめします。

洗濯時だけの引越しにも対応!おすすめ引越し会社

アーク引越しセンター

アーク引越しセンターでは「大物限定プラン」という引越しプランがあり、その名の通り大型家具や家電だけを運ぶ引越しプランです。

「引越し会社には頼らず、自力で引越ししたいけど洗濯機や大物家具だけはどうしても1人で運べない…」
そんな方にはピッタリのプランなのではないでしょうか?

付属品を収納するためのダンボールやハンガーBOXなども無料で提供してもらえます!

赤帽

街で赤帽のトラックをみかけたことがある人も多いのではないでしょうか?

赤帽は、引越し会社ではなく「運送業者」ですが実は引越しのプランもあるって知っていましたか?

引越し会社とは違い、赤帽は個人事業主で形成される組織なので、引越しに来てくれるスタッフは1人、もしくは2人であることがほとんどです。

つまり、スタッフの数が足りないので荷物の積み下ろしなどの作業を手伝う必要がありますが、格安で引越しをお願いすることができちゃうんです!

赤帽の引越しは軽四トラックを使用するので、洗濯機の他にもベッドや冷蔵庫などの大型家具も一緒に運んでもらうことができます。

費用を抑えて最低限の荷物だけ引越しをしたいという人にとっては、ピッタリです!

まとめ

今回は洗濯機の引越しで事前に行うべき手順を解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

「洗濯機の水抜き」を事前に行わなくてはならないことを、知らない人が意外と多いようなので、引越しの予定がある人はぜひこの記事が役に立てば幸いです。

また、洗濯機の設置や大型家電の設置はオプション料金が発生することがあるので、可能であれば自分で設置したいところですよね。

しかし、洗濯機に関しては自分で設置することを推奨しておらず、専門業者や引越し会社のスタッフに設置を依頼することをおすすめしています。

今回紹介した引越し会社以外にも、「大型家電のみ」や「安く引越せる業者」が何社かあるので、比較検討して慎重に業者選びをしましょう!