引越しでベッド(マットレス)だけの運搬費用を安くしよう!配送料金相場と分解組立てが安い業者

引越しで、ベッド(マットレス)だけを安く運びたいなら、引越し業者の単品配送プランを利用するのがおすすめ。

ただ、そもそもベッドのみ運べるプランをやっている業者、さらにその中で一番安いところを探すのって正直大変です。

そんなとき便利なのが一括見積もり。

一括見積もりの荷物入力で、荷物を「ベッドだけ」にしておけば対応できる業者からまとめて見積もりを取ることが可能です。

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる

3社以上を目安に見積もりを比較してみると、各社ベッドだけの引越し料金に開きが出るのがと思います。その中で一番安いところにお願いすればOK。

ただ、ベッドは引越しプラン料金だけでなく、解体(分解)オプションのことも頭に入れなければいけません。

このページでは、これらすべて含めてベッドだけを安く運搬することを前提にして情報をまとめていますので是非お役立てください。

ベッドだけの引越し向けプラン

シングルベッドセミシングルベッドダブルベッド
ヤマト
(らくらく家財宅急便)
15,050円~15,050円~22,950円~
サカイ
(せつやくコース)
20,000円~30,000円~
アーク
(大物限定コース)
20,000
~30,000円
33,000~
45,000円
ムービングエス
(小口引越しプラン)
8,000円~
キタザワ
(一発予約家財宅急便)
8,000円~10,000円~
赤帽
(通常運送)
13,500円~

※それぞれ東京都内・通常期の条件で電話にて調査したものです(ヤマト・赤帽は除く)

上記の表はあくまでも相場の目安で、ベッドだけの引越しでも見積もり金額は距離や時期などの要因で大きく変動します。

ただ、ヤマト(ヤマトホームコンビニエンス)などの宅配サービスは料金が分かりやすく一定で、時期などによって料金が変動することがありません。

マットレスも一緒に運びたい場合の料金

ベッドと一緒にマットレスも運びたいという方も少なくないはず。

大手引越し業者数社に
「マットレスも一緒に運ぶ場合は、どのくらい料金になりますか?」
と電話にて問い合わせたところ「基本的にベッドの運搬料金にマットレスの料金も含まれます」との回答。

ベッドとマットレスで別々の料金になると思いきや、これは意外な返答でした。

ただし、ベッドの形状や搬入経路、繁忙期にトラックが用意できないなどの事情で、別途追加料金が加算されることもあるので、詳しくは訪問見積もりをとってください、とのことです。

引越し業者によっては、マットレスはプラスで料金が請求される場合もあるので複数社で見積もりを取って確認しておくことは必須で。

 

ヤマトホームコンビニエンス(らくらく家財便)

現在ヤマトの引越しサービスは休止中ですが、家具や家電だけを運ぶ「らくらく家財便」は利用可能です。

通常の荷物のように、家具を1点から気軽に送ることができるのでベッドだけの引越しを考えてる人は候補の一つに入れたいところ。

ヤマトは荷物別にランク分けされており、「シングルベッド」「ダブルベッド」をだけを運ぶ時の目安は以下の通り。

ランクサイズ(3辺合計)東京-東京東京-大阪東京-福岡
Eランク
(シングルベッド)
350cmまで15,050円17,750円23,850円
Fランク
(ダブルベッド)
400cmまで21,250円23,950円31,050円

引越し業者同様、ベッドの設置や梱包資材の引き取りも全て行ってくれます。

ただベッドの分解や組立ての料金は上記には含まれておらず、別途追加されるのでその点だけご注意を。

また、分解や組立てができないベッド、例えばIKEA製品などをヤマトに依頼する場合、搬入経路や玄関を通らない、ベランダなどから吊り上げる(吊り下げる)ことになります。そうなる場合もプラスで料金が発生します。

ヤマト(らくらく家財便)分解・組立てオプション料金

オプション料金
ベッド分解3,000円
組立て3,000円
2段ベッド分解4,500円
組立て4,500円
システムベッド
(ロフトベッド)
分解12,000円
組立て12,000円
電動ベッド分解9,000円
組立て9,000円
吊り上げ
吊り下げ
2階まで10,000円
重量物作業101~120kg10,000円

ベランダなどからの吊上げ(吊下げ)に加えて、キングベッドなどの重量のあるベッドはさらに別途追加料金が発生します。

IKEAのシングルベッドをヤマトで輸送して、オプションで吊り上げをした場合の合計の料金は

15,050円(配送料)+10,000円(吊上げ)=合計25,050円
かかる計算になります。

ヤマトのような宅配便でベッドだけを送る場合、料金は明確なのでわかりやすい反面、これ以上安くなることがないのがデメリットです。

対して、引越し業者にベッドだけを依頼をした場合、複数社からとった見積もりを比較すると、最安値で引越すことができるというメリットが。

「とにかく安くベッドだけを引越したい!」
という人はまず、一括見積もりをとってベッドのみの配送で一番安い引越し業者を探してみましょう。

サカイ引越しセンター(せつやくコース)

サカイ引越センターの「せつやくコース」は大物家具の荷造りや荷ほどきを任せることができるサービスです。

引越し業者ならではのノウハウと技術で、スピーディーかつ安全に運んでもらうことが可能です。

せつやくコースでは「10分間サービス」を利用することができます。引っ越し作業終了後に簡単な掃除や、セッティングの変更などを行ってくれるサービスで「あと少しだけ手伝ってほしい!」という時に役立つ便利なサービスです。

設置した後にベッドの位置や向きを変えたい、なんてことはよくあること。大型家具の移動ってそもそも大変だし、床や壁に傷もできやすいです。10分だと小規模な家具移動しかできませんが、プロがいるうちにお任せしてしまいましょう。

アーク引越しセンター(大物限定プラン)

アーク引越しセンターの「大物限定プラン」は先ほどのサカイ引越センターと同様、大型家具の荷造りから設置までお任せできるサービスです。

大物限定プランを利用すると、特典として

  • ダンボール(最大50枚)
  • ふとん袋(最大2枚)
  • ハンガーボックス(最大5つ)

を受け取ることができます。

「自分で運ぶ荷物の分の梱包材が欲しい!」
という人にはピッタリですね。

引越し後、不要になったダンボールも電話1本で回収しに来てくれるというのも嬉しいポイントです。

ムービングエス(小口引越)

ムービングエスの「小口引越」では、家具や家電を1点から引越しすることが可能です。

軽トラックを使って引越すことになるので、ベッド以外にも軽トラックに積める荷物はどれだけ積んでも料金は変わりません。荷台のサイズは意外と広くシングルベッドならラクラク入ります。

解体が難しいマットレス(シングルサイズ)も一緒に運ぶことができるうえ、他にも自転車やふとん、ダンボール15個程度なら同時に載せられちゃいます。

また、別料金になってしまいがちなベッドの解体や分解も無料でやってもらえます。

ただ、引越しエリアが限られていて全国対応では無いことだけ注意が必要。

 

対応エリア

北海道/青森県/秋田県/岩手県/宮城県/東京都/神奈川県/福岡県/宮崎県

 

キタザワ引越しセンター(一発予約家財宅配便)

キタザワ引越しセンターの「一発予約家財宅配便」というプランは、自分で運ぶのが難しい大型の家具や家電を1点から運んでもらえます。

キタザワ引越しセンターでは不用品買取を行っているのも大きなメリット。例えば新居にベッドが入らなかった場合、有料で家具回収となるのが普通ですが、キタザワ引越しセンターでは無料で引き取ってもらえます。

基本的には首都圏を中心としている引越し業者ですが、条件によっては日本全国のエリアで配達してもらえるので、気になる方は一度確認を!

 

対応エリア

東京都(23区・都下)/神奈川県/埼玉県/千葉県/茨城県/栃木県/山梨県

 

ベッドの組立て・解体は引越し業者が行います

旧居でのベッドの解体や、新居でのベッドの組立は引越し業者のスタッフが行ってくれます。

解体したあとのベッドやマットレスの梱包も引越し業者が行いますので、自分では特に何もしなくて大丈夫です。

そもそもなぜベッドを解体・組立てする必要があるのか

ベッドは基本的に解体・組立てて運ぶのが鉄則です。

大きなベッドを解体せずに運んだら、壁などを傷つける可能性があります。

というより、解体しないと廊下や玄関などを通れずスムーズに引越し作業を行うことができません。

ベッドを購入したときも、解体した状態で住居に運ぶことを想定して、ほとんどのベッドは解体・組立ができる構造になっています。

ですが、引越しでのベッドの解体の作業は基本的にオプション料金になります。

ベッドの解体・組立オプション料金

引越し業者オプション料金
日通無料
サカイ引越センター2,500円~
アーク引越センター3,000円~
ムービングエス無料
キタザワ引越センターオプション無し

※引越し業者に電話調査をした料金

引越し業者に頼らずに、自力でベッドの解体や組立をやろうとする人もいるようですが、素人が下手に解体すると正しく戻せなくなったり、キシんだり、ゆがんだりする可能性が出てきます。

オプション料金がかかってでも、ベッドの解体・組立はプロにお任せすることをおすすめします。

表を見ても分かる通り、解体・組立の料金は引越し業者によって開きがあって、無料でやってくれるところもあります。

どこの引越し業者が解体・組立オプションが安いのかを知るためには、なるべく多くの引越し業者から見積もりをとって比較することが重要です。分解・組立てに限らず、オプション費用込みの引越し料金は複数社の見積もり比較で確実に安くできます。

ただ、安くはなっても業者が多ければ多いほど、見積もり依頼自体が非常に手間。

こちらで探さなくても「ベッドだけに対応している業者」をピックアップしてくれる一括見積もりサービスを使えば、相見積もりがかなりラクに。

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる

IKEA製品など組立て不可のベッドは運んでもらえるか

結論から言うと、組立てが難しいIKEA製品のベッドも、引越し業者に依頼できます。

ただIKEAの家具の組立ては複雑で、作業時間も要するので通常の組立オプション料金に、さらに上乗せした料金(5,000~2万円程度)が加算される可能性があります。

また、組立てたあとのベッドに何らか不具合があった場合でも補償対象外である、ということを理解した上でお願いすることになります。

IKEAは北欧のブランドで、そもそも北欧では引越しの時に家具を持っていくという発想がありません。つまり最初から分解・組立をする前提で作られていないというワケですね。

ニトリや無印良品のベッドでも、解体・組立が困難な種類のベッドはありますが、こちらは日本製なので、日本のライフスタイルに合わせて基本的には解体や組立ができるようになっています。

引越しで運ぶのが困難なベッド

IKEAのベッド以外にもフランスベッドやカッシーナなど、いわゆる高級家具と呼ばれるベッドは組立てが難しいケースがあるようです。

他にもウォーターベッドや電動ベッド、医療用のベッドなどは解体・組立が難しくなっています。

ですがこれらのベッドも、「引越しでは運べない」ということではありません。
これらのベッドを新居に運ぶ時のデメリットは次の通り。

  • 通常の解体・組立オプション料金からさらに追加料金が発生する
    (組立てが複雑、かつ作業に時間がかかるため)
  • 不具合があっても補償対象外である可能性が高い
  • 引越し料金そのものが値上がりする可能性がある
    (解体せず、そのまま持っていくことでトラックのサイズが大きくなるため)

一括見積もりを利用する場合は、「備考欄」にベッドのメーカーを記入しておけば、運搬や組立てが難しいとされているベッドも、納得のサービスで引越せる業者を探すことができます。

単身パックでベッドを運ぶ方法

単身パックは1ボックス内に荷物が入れば低価格帯で運送できるプランのため、家具1点のみでの引越しプランの候補によく挙がります。

が、どの引越し業者の単身パックであってもシングルベッドを運ぶことはできません。

となれば、セミシングル、ダブルも当然無理。あらかじめボックスの大きさが決まっているので、内寸をオーバーするサイズの大型家具はそもそもコンテナボックスに入らず、運べないんですね。

ただ、単身パックのボックスサイズ内に収まるベッドならOKなので、

  • 折りたためるベッド
  • 簡単に解体できるベッド

であれば大体運べますね。
また、上記のようなベッドをボックスに積んで、スペースに余裕があれば折りたたみタイプのマットレスや布団も一緒に運ぶことが可能です。

赤帽でベッド(マットレス)だけ送るという方法も

赤帽とは「赤帽組合」に加盟する事業主が、それぞれ軽トラックを所有して展開している事業のことを言います。

赤帽を利用してベッドだけの引越しを安くなるケースは「近距離(約20km程度)への引越し」に限ります。

なぜかというと、赤帽は作業時間から2時間が経過するごとに料金がどんどん上乗せされていく仕組みになっています。

作業時間を含め、移動距離が長いとそれだけであっという間に2時間が経過して、料金が上乗せされてしまします。

また、ベッドが赤帽車に積めないサイズだったり、新居への搬入経路を通らなかったりする場合は、解体して積むことになります。

赤帽のスタッフはドライバー1人体制なので、解体や組立を手伝わないと、作業時間がどんどん経過して結果、高額な料金になってしまうのです。

赤帽によってはそもそもベッドの解体や組立は行ってもらえず、ある程度自分自身で作業する前提となるため「全てお任せしたい!」という人にとっては、赤帽は不向きだと言えます。

つまり、あくまで「運んでほしい!」という人向き。

引越し先が同区市内など20km以内の近距離で、ベッドの組立や分解がカンタンであれば、比較的安値で引越しができるため、検討する余地はアリです。

不要なベッド(マットレス)の処分方法

「家具付き物件に引越すからベッドは必要ない!」という場合や「建物の構造上、分解してもベッドが新居に入らなかった!」なんてことも考えられます。

そんなときのベッドの処分方法は主に3パターン。

  • リサイクルショップなどで売る
  • 引越し業者にそのまま引き取ってもらう
  • 旧居でベッドを処分して、新居で新しいベッドを買う

自治体でベッドを処分すると有料になるので、できればリサイクルショップやフリマアプリなどで売ってしまいたいところ。

引越し前にベッドを処分できれば、荷物が少なくなるので引越し料金が安くなる可能性もあります。

状態が悪いベッドなどは処分してしまって、新居で新しいベッドを買うというのも一つの手ですね。

また、思わぬトラブルなどでベッドを新居に設置できず、どうしようもなくなったベッドは引越し業者に申告すれば、そのまま引き取ってくれます。

ただし、引き取りは有料の場合が多いので、万が一入らなかったケースも考えて、きちんと料金を確認してからお願いするようにしましょう。

引越しでベッドを運んだ人の失敗談と対策

ベッド(マットレス)だけを引越し業者に依頼する場合でも、自分で運ぶ場合でも注意しておきたい点があります。

新居での採寸は慎重に

新居を決める際、廊下や玄関の幅のサイズも忘れずに測っておきましょう。

ベッドを玄関から搬入できないと、クレーンを使ってベランダなどから搬入することになり、追加でオプション料金が発生することになります。

大手の引越し業者はクレーン車を所有しているので、即日対応してもらえる可能性がありますが、地域密着の引越し業者はクレーン作業を委託する場合もあります。

その場合、クレーン車の手配ができるまでの間、しばらくベッドが搬入できないことに。

「当日にベッドが置けない!」
なんてことにならないよう、新居のベッドを置くスペースの採寸はもちろん

  • 新居の廊下の採寸
  • 新居の玄関の幅の採寸
  • その他ベッドの搬入口となる通路の幅の採寸

をしっかりメモしておき、引越し当日に新居にベッドが搬入できるか事前に確認しておきましょう。

ベッドの引越しをした人の失敗談

男性/50代以上

シングルベッドの引越し

  • 引越し費用
    約15,000円
  • 引越し距離
    札幌→札幌
  • 引越し時期
    3月下旬

玄関から入れることが出来ず、窓を外して入れようとしましたが入りません。結局小さいベットを新しく買う羽目になってしまいました。

投稿日:2019年06月10日 18:33

女性/20代

ロフトベッドの引越し

  • 引越し費用
    約50,000円
  • 引越し距離
    岩手→岩手
  • 引越し時期
    12月上旬

独身時代からネット通販で購入したロフトベッドを使用しておりました。購入時の組み立ては業者さんにやっていただき、セミダブルサイズの広くて頑丈な作りで寝心地は最高です。結婚を機に一軒家に引っ越すことになり、もちろんお気に入りのロフトベッドも持って行こうとしたのですが…

まずバラすのが大変。組み立て時の取説を見ながら2時間かけてバラします。続いて梱包。部品の数が多すぎてわけがわからない…。やっとのことで新居まで運び入れます。二階にある自室へ運んでもらおうとすると…

なんと一番大きな部品が階段で突っかかり、二階まで運ぶことができず…。結局、引っ越し代の倍はかかろうかという廃棄料を払って泣く泣く処分しました。

投稿日:2019年06月10日 15:54

女性/20代

キングサイズベッドの引越し

  • 引越し費用
    約40,000円
  • 引越し距離
    大阪→京都
  • 引越し時期
    6月上旬

独寝室の広さが10畳なので、引越し前から使っていたキングベッドを送ったのですが、玄関から廊下、廊下から寝室への角度の問題で、どう頑張っても部屋に入れることができませんでした。

とりあえずその時はリビングに運んだのですが、そのまま置いておくわけにもいかず、後日処分することになりました。

投稿日:2019年06月10日 16:57

※口コミは弊社でWEBアンケートを実施し募集したものです。

アンケートをみてみると、旧居からは問題なくベッドを運びだせたけど、新居にベッドが入らず泣く泣く処分した、という結果が目立ちました。

愛用しているベッドをどうしても新居に持っていきたいなら、やはり新居での採寸は隅から隅まできちんと行わなきゃですね。

まとめ

ベッド(マットレス)だけを引越しを安くする方法は、一括見積もりを使って複数社から見積もりをもらい、安く引越せる引越し業者を探すことです!

一括見積もりを使えば、「ベッドだけ引越せる引越し業者」の最安値の業者を探すことができるので、とにかく安くベッドだけの引越しを検討している人は、使わないと本当にもったいないです!

ダブルベッド以上の大きなベッドや、マットレスだけの引越しを検討している人は、トラックの空きがないと希望の日程で引越せないこともあります。
希望日に引越しするためにも、一括見積もり使って早めに業者を探しましょう!

近距離でベッドだけの引越しを検討してるなら、赤帽も候補の一つに入れたいところ。
一括見積もり(LIFULL)なら赤帽を含めた見積もりがとれます。

ベッドだけ引越しの安い業者を探すためには、まずは一括見積もりを使ってあなたにぴったりの引越し業者を探しましょう!

あなたにピッタリの引越し会社がみつかる!
まずは一括見積もりで料金相場やオススメの業者をチェック

オススメ一括見積サイトをみる