引越し業者で一番安いのは?|単身・家族・近距離・長距離別

引越し業者を選ぶなら安さで決定したいのは誰もが思うこと。

ただ、引越しではそれぞれ単身・家族であったり、近距離・長距離であったりと条件は人によって異なるもの。

引越し業者にもそれぞれ得意とする分野があるため、各引越し条件によって安くなりやすい業者は違います。

各条件で安い見積もりが出やすい引越し業者と、実際の見積もり実例をまとめています。

安い引越し業者一覧
引越し業者見積もり平均値
単身クロネコヤマト49,714円
家族ハート引越センター60,000円
近距離赤帽32,700円
長距離日通82,000円

ただし、単身でも荷物は多かったり、家族でも2人の場合もあれば5人以上の場合もあるので、参考のためあくまでざっくり。

実際に見積もりを取って比較するまでは、あなたの条件で一番安い引越し業者は分かりません。

というか逆に見積もり比較さえしとけば、不明確な引越し料金を調べまわるより断然早く一番安い引越し業者が見つかりますね。

単身が安い引越し業者:クロネコヤマト

平均見積もり:49,714円

単身引越しが安くなりやすいポイント
  • 単身パックによる単身引越し
  • 宅急便によるダンボールのみ引越し
  • らくらく家財宅急便による家具のみ引越し

単身者の引越しが安くなりやすい業者は、クロネコヤマトがおすすめ。

まず、一人暮らしの荷物量であればボックス輸送プラン「単身パック」が安く完結しますがこれは日通も同様。

ヤマト運輸ではメインとしている宅配サービスも併せて引越しに利用することができるのが最大の強みといえるでしょう。

例えば「引越し先が同一区市内の近距離で、ダンボールなどは自分で運ぶことができる」という状況では、家財宅急便で大型の家具だけ配送を依頼すれば引越し費用は安く済みます。

逆に「新居に家具家電1式が揃っており、荷物がダンボールしかない」という状況ならば、従来の宅急便サービスの利用で引越し業者のプランよりもずっと安く引越しすることが可能です。

つまり宅配事業をメインとするクロネコヤマトのサービスを利用することで、単身者の荷物量であれば、たとえ近距離でも長距離でも大きな家具があろうがなかろうが、臨機応変に安くしやすいためおすすめです。

ヤマトで単身引越しをした人の料金実例

見積もり荷物量時期距離
24,000円単身(荷物少)12月上旬神奈川県-大阪府
48,000円単身(荷物少)9月下旬京都府-沖縄県
20,000円単身(荷物少)7月中旬岡山県倉敷市-備中高梁市
30,000円単身(荷物少)12月上旬東京都-東京都
36,000円単身(荷物少)10月下旬青森県-岩手県
70,000円単身(荷物少)11月下旬群馬県-東京都
120,000円単身(荷物多)11月中旬東京都江東区-文京区

家族が安い引越し業者:ハート引越センター

平均見積もり:60,000円

家族引越しが安くなりやすいポイント
  • 無料提供される梱包材
  • 不用品買取

家族での引越しが安くなりやすい業者は、ハート引越センターがおすすめ。

そもそもハート引越センターでは、距離・人数関わらず比較的安い見積もりが出される傾向にあります。

というのも、CMなどでの宣伝に力を入れていない引越し業者というのは、その分料金の安さに還元しているところが多いです。実際、大手引越し業者とはいってもハートのCMって全然見かけないと思いませんか?

また、家族の引越しは荷物が多いもの。3人家族でおおよそ30~50枚程度必要になるでしょうか。無論その分調達費用も安くありません。

ハートではダンボール最大50枚の無料提供・回収というサービス面はもちろんクリアできています。ただ、この辺りは大手の引越し業者であれば標準ラインといえるでしょう。

家族引越しが安くなる決め手となるのが、不用品買取サービスです。

どうしても高くなる家族の引越し料金をいかに安くするかは、いかに断捨離して荷物量を減らすかということが大事で、不用品の処分先が買取り(品目多数)という形で用意されているハートと相性は抜群です。

買取りで懐に入るお金だけでは、引越しサービスの料金を浮かせる程のものとはいえません。が、大型の家具や家電を買い取ってもらえれば、処分費用はもちろん、利用トラックのサイズダウン、運搬に伴って必要となるスタッフ増員など諸々にかかる料金を安くできるという点で考えると見積もりへの影響は大きいですよね。

ハートで家族引越しをした人の料金実例

見積もり荷物量時期距離
86,0002人家族6月上旬岡山県岡山市内
24,0002人家族5月中旬広島県三原市内
80,0003人家族3月下旬東京都-岡山県
80,0003人家族1月中旬京都府京都市内
30,0003人家族3月下旬広島県三原市内

 

近距離が安い引越し業者:赤帽

平均見積もり:32,700円

近距離引越しが安くなりやすいポイント
  • 走行距離が短い程安くなる料金システム
  • 軽トラ1台+作業員1名の低コスト

近距離の引越しが安くなりやすい業者は、赤帽がおすすめ。

赤帽とは他引越し業者と違い、運輸業を営む複数の個人事業主で形成されている組合で、事業内容は配送がメインとなりますが引越しサービスも行っています。

赤帽が近距離で安い引越し業者というのは、走行距離によって料金の決まる「赤帽距離運賃料金」というシステムが要因で、最低料金から20km以降1kmの増加につき、おおよそ100~200円という料金の乗り方をします。

つまり20km以内(同区市内程度)の近距離引越しであれば大体1万円弱で済むことが多く、大手引越し業者の近距離向けプランとは比較にならない程安く引越しできる可能性が高いです。

しかし、逆に距離によって上乗せされる料金が高額であるため、長距離の引越しの場合は必然的に候補から外れるといえるでしょう。

また、この低料金が実現できているのは「軽トラック1台と作業員1名」のチャーターシステムだからで、軽トラックに乗らないほどの荷物量、作業員1名では足りないような作業内容(重量物の運搬など)だと、単純に軽トラと作業員の1セット分の料金が倍になることもあります。

とにかく近距離は絶対条件とし、かつ軽トラ1台で運べるような単身・2人分程度の荷物量の比較的小規模な引越しにおいてはかなり安くなりやすい引越し業者といえますね。

赤帽で近距離引越しをした人の料金実例

見積もり荷物量時期距離
28,000単身(荷物多)7月中旬熊本県熊本市内
20,000単身(荷物少)5月上旬長崎県長崎市内
30,000単身(荷物少)2月下旬神奈川県川崎市内
28,000単身(荷物少)11月上旬神奈川県伊勢原市内
20,000単身(荷物少)6月下旬神奈川県横浜市内
30,000単身(荷物少)3月上旬京都府京都市内
55,000単身(荷物少)4月上旬長崎県長崎市内
45,0005人家族9月北海道釧路市内
15,000単身(荷物少)9月埼玉県-東京都
56,000単身(荷物少)3月下旬埼玉県-東京都

 

長距離が安い引越し業者:日通

平均見積もり:82,000円

長距離引越しが安くなりやすいポイント
  • 単身パックによる少量の荷物の長距離輸送
  • 大手物流企業特有の輸送方法

長距離の引越しが安くなりやすい業者は、日通がおすすめ。

世界日通で知られる日本通運は、そもそも物流業界の最大手であり、陸送、海運、空輸とあらゆる手段を用いて世界規模での輸送を手掛けています。

2t~10tまでのトラックを所有しており、他引越し業者のような従来のトラック輸送にも強いのはもちろんのこと、貨物列車を利用したJR鉄道コンテナ輸送まで輸送手段は完全網羅。とにかく規模が違う。

輸送手段が多いということは輸送コスト・人件費削減に成功しているということになり、もちろん料金の安さに還元されます。事実、コストパフォーマンスが評価されている単身パックは日通が生みの親です。

長距離引越しなど、引越しの規模が大きければ大きいほど、安くしやすいという点で日通のような物流系引越し業者が相応しい選択肢といえますね。

日通で近距離引越しをした人の料金実例

見積もり荷物量時期距離
150,000単身(荷物多)3月下旬新潟県-東京都
70,000単身(荷物多)3月下旬徳島県-高知県
60,0003人家族5月下旬東京都-岩手県
48,000単身(荷物少)7月下旬大阪府-北海道

 

引越し業者の見積もりは一律ではない

引越し業者ごとの安い見積もりが出やすいポイントを紹介しましたが、これはあくまで引越し業者それぞれの特徴を踏まえた上で「各条件に対して安くなる傾向がある」という点にご注意ください。

例えば3月4月の繁忙期なんかだと、引越し業者それぞれのトラックの空き状況の都合でプランの適用ができず高く見積もりが出たりと、どんなプランであってもとにかく引越し料金に定価というものがありません。

つまり、利用者側の引越しの都合だけに限らず、引越し業者側の都合が見積もりに影響することもあるのです。

じゃあ、どうすれば「自分の引越し条件」「希望する引越し予定日」で一番安い引越し業者が分かるのか?ということになりますが、こればかりは各引越し業者で出される見積もり金額の比較をする以外ありません。

そのため、可能な限り多くの引越し業者の比較をすると、必然的に自身の条件下で一番安い引越し業者が分かるのですが、実際各社に見積もりを出してもらうのはかなりの手間となります。

あなたの「距離」「時期」「荷物量」といった引越しの条件下で、一番安い引越し業者を知りたい場合は、一度の条件入力で、見積もりの比較ができる無料サービスの利用が便利なのでおすすめします。

まとめ:安い引越し業者は料金を比較して初めて分かる

人数(荷物量)・距離ごとの引越しを得意とする業者は確かに存在します。

ただし、利用者の都合と業者側の都合が見積もりに影響することを考えると、一概にどの引越し業者が安いとは断言できかねます。

そのため、自分の引越しの荷物量×距離×予定日で安い引越し業者を知るためには、複数の業者から同条件での見積もり比較が必須とお考え下さい。

掲載している平均見積もりについて

弊社で実施したアンケートデータ(119件)で各引越し業者から提示された見積もり金額を基に平均値を算出したものです

平均値は、各引越し業者のサービス料金を決定付けるものではなく、実際の見積もりと異なる場合がございますのでご注意ください

各条件の定義
  • 単身(荷物少)・単身(荷物多)は単身、家族は2人以上の引越しの回答データを基にしたもの
  • 近距離は50kmまで、長距離は51km~の引越しの回答データを基にしたもの