トップページ > 引越しお役立ち情報 > インターネットの引越し費用と手順まとめ!これさえやっときゃ大丈夫

インターネットの引越し費用と手順まとめ!これさえやっときゃ大丈夫

インターネット引越しの手順と費用をまとめてみた

インターネットの引越しを考えている方は、インターネットを使い続けた場合の費用、新しく乗り換えた場合の費用、解約した時の費用など、何かと費用が気になりますよね。

 

「インターネットを使い続けたらどれくらいの費用がかかるのかな?」

「インターネットを解約したら費用がかかるって聞いたけど…一体いくらかかるかな?」

「プロバイダや回線を乗り換えたらいくら安くなるかな?」

など調べれば調べるほど気になっちゃいますよね!

 

そこで今日は、「インターネットを使い続ける移設の手順と費用」「インターネットを解約した場合手順と解約金」「インターネットを乗り換えるときの解約金と手順」の3つを中心にお伝えしようと思います。
 

章の後半にはポケットWi-Fiの引越しとインターネットの引越しにお役立ち業者も合わせて紹介しているので参考になさってください。

目次

 

 

1.今までのインターネット回線とプロバイダ使い続けたい

 新居でもインターネットを使い続けたい

 

まずは、お使いのインターネット回線やプロバイダを使い続けたい方に向けて「インターネットの移設方法」についてお伝えします。

 

インターネットの移設、その前にそもそも回線やプロバイダって何?

 

インターネット回線とは、「自宅のパソコンからインターネットまでの道」のようなものです。

インターネット回線がないとインターネットは基本的に利用できません。

 

インターネット回線には光回線、電話回線を使ったADSL、ケーブルを使ったCATVの回線があります。

このインターネット回線を引いてくれるのがインターネット回線業者です。

 

一方、プロバイダはインターネット回線を使ってインターネットにアクセスできるようにしてくれる事業者のことです。

 

引越しの前にはインターネットの回線業者とプロバイダ、双方に引越しをすることや解約をすることを伝えなくてはなりません。

 

ただし!インターネット回線とプロバイダがひとつにまとまっている光コラボやWiMAXならインターネットサービスを提供している1社に言えば問題ありませんよ!

 

インターネットの仕組み

 

インターネットの引越しには「移設費用」がかかる

 

お使いの回線を引越し先でも使う場合には、インターネット回線の移設費用がかかります。

新居にインターネット回線がない場合、新しく工事をして回線を引く必要があるからなんです。

 

回線の移設工事は加入しているプランや建物状態によって異なりますが、目安として以下のような費用がかかります。

 

移設工事費の例
回線の例 費用
フレッツ光(ファミリータイプからファミリータイプ) 戸建て9,000/マンション7,500
au光 (一度解約して再契約)戸建て37,500/マンション30,000

(登録料は戸建てマンションともに800円)

 JCOM(CATV) JCOM対象エリア内、大正ケーブル局内であれば無料(ただし別途の手数料がかかります。)

 

以上が移設費用の目安です。

また、土日や祝日、年末年始の工事になると費用がプラスされることもあるので注意してくださいね!

 

ただし!お使いの回線によってはプランや引越しの時期によっては「お引越しキャンペーン」「移設費用0円!」などのサービスが利用できるかもしれません。

 

お使いのインターネットサービスの公式ホームページを確認しておくとお得に引越しせるかもしれませんね!

 

インターネットの引越しの手順

 

手順は以下のようになります。

 

フレッツ光移転の流れ

~旧居でおこなうこと~

①引越し1か月前くらいに回線業者とプロバイダに連絡

②手続きの書類が届く

 

~新居でおこなうこと~

③引越し後の回線工事

④開通工事完了

 

上記の手続きは引越しの日取りや引越しの手続き申請の受理のタイミングによっても変わってくるかもしれません。

旧居でおこなう、新居でおこなうはあくまで目安として考えてくださいね。

 

まずは回線業者とプロバイダに引越しの連絡をしよう!

 

引越しの連絡を伝える方法は回線業者もしくはプロバイダの公式ホームページから申し込む、電話をするなどの方法があるので利用しやすい方を選びましょう。

 

回線業者やプロバイダに引越しの連絡を入れて、「旧居でいつまでインターネットを利用したいか?新居ではいつから利用を再開したいか?」を伝えます。

すると「新居の住所が今まで使っていた回線やプロバイダのエリアに対応しているか?」を調べてもらえ、新居のエリアも対応していれば手続きがすすみます。

 

インターネット回線の場合「引越し先である新居に、いつインターネット回線の工事をするか?」を相談して決めましょう。

 

業者に引越しの連絡を入れると、お使いの回線のお客様番号やお客様ID、電話番号や住所、契約者の指名やインターネット回線の会員情報などを聞かれるので契約時の書類などを手元においておくと電話での受け答えや申請の申し込みがスムーズに進みますよ!

 

引越しの連絡はいつすればいい?

 インターネットの引越しの手続きは1か月ぐらい前にしよう

 

引越しの連絡は、回線業者、プロバイダ共に大体引越し1ヶ月前ぐらいに連絡を入れれば希望通りの日取りに工事ができ、プロバイダの手続きがすむはずです。

 

しかし、引越しの繁忙期である34月ごろに引越しを予定している方は1ヶ月前では予約が取れないかもしれません。

 

早めに動いて、2~3ケ月前の1月や2月に連絡を入れておいた方が良いかもしれません。

引越しの連絡後、回線工事の申込書などの書類が届きますので必要事項を確認しておきましょう。

 

新居で回線工事!

 

回線の工事には立会いが必要なので予定は必ず開けておきましょう。

 

また、回線工事は室内でおこなう工事です。

回線工事の日に雨が降っていてもよほどの悪天候でない限り工事の延期などはまずありません。

 

回線業者にインターネット回線を設置してもらったら、あとはモデムやルーターといったインターネットを利用するのに必要な機器を設置、設定すればインターネットの引越しは完了です。

 

 

モデムやルーターがわからない時は、町の電気屋さんや回線業者に依頼をすればサポートをしてくれることもあるのでわからなければ聞いてみましょう。

 

移設の注意点!レンタル機器があれば返却する

 

引越し先で同じインターネットの回線やプロバイダを使う予定でも、ルーターやモデムといったインターネットを利用するのに必要な機械をレンタルしていれば一度返却する必要があります。

 

大抵の場合、「返送キット」や「返送用の封筒」が送られてくるので忘れずに返却しましょう。

 

回線業者とプロバイダが別の場合、2社に連絡しなくてはならないので少しややこしいですが忘れずに連絡をしましょうね。

 

次は、多くの方が気になっているインターネットの解約の仕方です。

 

2.引越しするから一回インターネットを解約したい

 一度インターネット解約したい

「新居では新しいプロバイダを利用するために一度解約しておきたいな!」

という方にここからはインターネット解約の手続きの仕方です。

 

解約というと「解約料金がかかるんじゃ?」と思っている方もいらっしゃると思います。

何社か具体例をみてみましょう。

 

解約に伴う解約金は3種類

 

回線業者、プロバイダを解約する場合には以下の3つの解約金がかかります。

 

・プロバイダに支払う契約期間内に解約する場合

・回線の工事費が未払いだった時

・プロバイダに支払う契約期間内に解約する場合

 

ただし、契約期間内の解約については、更新月の解約であれば解約費用はかかりません。
また、引越しても同じ回線やプロバイダを使い続ける場合には基本的に解約金はかかりません。

 

回線業者に支払う工事費の未払金は支払い期間によって変わってきますが、回線業者とプロバイダに支払う解約金は以下のようになります。

 

契約している回線とプロバイダの解約例
回線の名前 回線の解約金例 契約しているプロバイダの例 プロバイダの解約金例
フレッツ光

にねん割り

戸建て9,500/

マンション1,500

BIGLOBE光 自動更新の期間によって変わる

住宅のタイプに関係なく

29,500

320,000

au光 回線の撤去費

工事費28,800

au one net ずっとギガ得プラン15,000
JCOM(CATV) 撤去費用が必ずかかる:

戸建て6,000円(税抜)/

マンション2,000円(税抜)

スマートセレクト(TV、ネット、電話のサービスの場合) 戸建て15,000円(税抜)/マンション10,000円(税抜)

 

以上が解約金の一例です。

 

解約料はお住まいの「住宅が戸建てかマンションか」または、お使いのプランなどによっても変わってくるので詳しくはお使いのインターネット回線もしくはプロバイダにお問い合わせください。

 

インターネット回線業者、プロバイダの解約の手順

 

インターネット回線業者やプロバイダの解約の手順は以下のようになります。

 

フレッツ光移転の流れ

①インターネット回線業者とプロバイダに解約の連絡をする②レンタル機器があれば返却する

(③回線によっては撤去工事が必要かもしれない)

 

まずは回線業者やプロバイダに解約の連絡をしよう

 

回線業者やプロバイダへの解約の連絡方法はインターネットや電話などでおこなうことができます。

 

インターネット、電話で解約するときには「お客様ID、住所、電話番号」などのインターネット回線とプロバイダのお客様情報が必要となります。

サービス加入時の契約書などを用意しておきましょう。

 

解約するだけの場合には、「いつまでインターネットの利用をしたいか?」という話だけで新居でおこなう手続きはありません。

新居への引越しの日取りや住所を伝える必要はないので、引越しの日取りを考えていつまでインターネットを利用するか考えておきましょうね。

 

レンタル機器があれば返却準備

 

インターネットを利用するために、ルーターやモデムといった機械を回線業者やプロバイダから借りていませんか?

 

借りている場合には忘れずに返却しましょう。

解約の連絡をすると「返送キット」や「返送用の封筒」が送られてくるので、忙しいとは思いますが忘れずに返却しましょうね。

 

以上が解約の手続きです。

ここからは解約時の注意点についていくつかご紹介していきます。

 

解約の注意点1 メールアドレスもお引越し!

 

プロバイダを解約するとプロバイダからもらったメールが利用できなくなります。

月額料金を支払ってメールだけを利用することができるプロバイダもありますが、できれば解約の前に新しいメールアドレスを取得しておくことをおすすめします。

 

プロバイダ解約前に会員制のサイトのメールマガジンや会員情報を新しく取得したメールアドレスにお引越ししておきましょう。

 

解約の注意点2 回線の撤去工事が必要かも

 

インターネット回線によっては、回線の撤去工事が必要な場合があります。

回線の撤去工事はおこなわない場合がほとんどですが、一部のインターネット回線では撤去工事が必須です

 

回線の撤去工事は、インターネット回線の開設工事と同じく立会人が必要です。

また、基本的に室内でおこなう工事なので雨の日でも工事はしていただけますよ!

 

撤去工事や撤去工事費用の金額は回線業者によるので解約前にお使いのインターネット回線のホームページなどを調べてみましょう。

 

3.引越しを機にインターネット回線とプロバイダを乗り換えたい

 インターネットを乗り換えたい!

 

インターネットはいろいろなお得なプランやキャンペーンがありますね。

「今まで使っていたプランよりも安くなるプランがあればなぁ」と思っている方に向けてここからは引越しと同時に解約し、新居で新しいインターネット回線やプロバイダに乗り換える方法です。

 

まずは今使っている回線やプロバイダの解約をしよう!

 

2章の解約の手順と同じくまずは、今使っている回線やプロバイダを解約しましょう。

 

乗り換えの手順1

①インターネット回線業者とプロバイダに解約の連絡をする

②レンタル機器があれば返却する

(③回線によっては撤去工事が必要かもしれない)

次に、加入を考えている回線業者やプロバイダに新規の申し込みをします。
新規の申し込みは、インターネットの公式ホームページや代理店などから申し込むことができます。

 

乗り換えの手順2

~旧居でおこなうこと~

①引越し1か月前くらいに回線業者とプロバイダに引越し先で利用したい旨を伝える

②手続きの書類が届く

 

~新居でおこなうこと~

③引越し後の回線工事

④開通工事完了

 

上記の流れになります。

やることとしては「今使っている回線やプロバイダ解約→新しく使う回線やプロバイダを契約する」ということです。

 

乗り換えたら安くなるって本当?

 

「プロバイダを乗り換えたら利用料金が安くなったり、通信速度が速くなった」という話をよく聞きます。

回線やプロバイダはとてもたくさんあるので正直何を選べばいいのかわからないですよね…。

 

そんな方に!引越しチェキにはおススメの回線とプロバイダをまとめた記事があります。

 

私のオススメは光回線です。

なんといっても、光回線は安定して通信速度も速く、いろいろなプロバイダがあるため安く乗り換えやすいんです!

 

でも、光回線にもたくさんのプロバイダがあって選ぶのが大変ですよね。

引越しチェキのインターネットを乗り換えるならどこが一番安くお得にできるか超分かりやすく比較の記事にはオススメのプロバイダをいくつか紹介しているのでぜひ参考にしてみて下さい!

 

ちなみに!第5章にはインターネット申し込みと引越しをまとめてやってくれる引越し業者も紹介するので合わせて参考にしてみてください!

 

次は回線工事が不要なポケットWi-Fiのお話です。

 

4.ポケットWi-Fiも手続きはいるの?

 ポケットWi-Fiもお引越しの手続きを

 

ポケットWi-Fiは回線工事をする必要はありません。

時間のかかる手続きはありませんが、引越しにおいていくつか注意するポイントがあります。

 ひとつずつ見ていきましょう!

 

そもそもポケットWi-Fiってなに?回線工事がいらないので引越し当日から使える

 

ポケットWi-Fiとは持ち運びができる無線タイプのインターネットモバイルルーターのことです。

ポケットWi-Fiは受け取ったその日から利用することができます。

 

時間が掛かる回線工事が必要ないので引越しをしたその日からインターネットを使うことができて便利です。

 

お仕事の関係で「どうしてもインターネットを引越し直前から引越したその日に使いたい!」という方はポケットWi-Fiを契約したり、レンタルするのも良いかもしれませんね。

 

引越し先で使えたとしても引越しの連絡はする

 

ポケットWi-Fiが引越し先で使えたとしても住所や電話番号などの会員情報やお客様情報は変更しておきましょう。

 

たいていの場合、お使いのポケットWi-Fiの公式ホームページの会員ページから会員情報を変更できるはずです。

 

引越し前にポケットWi-Fiのエリアを確認

 

ポケットWi-Fiはエリアによっては利用できません。

ポケットWi-Fiの使えないエリアに引越してしまった場合、解約する必要があります。

詳しくはお手持ちのポケットWi-Fiの公式サイトから対応エリアを調べてみましょう。

 

以上がインターネットの引越しの手順についてでした。

移設、解約、乗り換えのどの場合にもインターネット回線業者とプロバイダに連絡をする必要があります。

忘れずにインターネットや電話などで引越しの連絡をしましょうね。

 

次の章はおまけの情報です。

乗り換えを考えている方や「旧居ではインターネットをしなかったが新居ではインターネット回線を引こうかな?」と考えている方にオススメのインターネットの申し込みと引越しをお願いできる業者をピックアップしてお伝えします。

 

5.おまけ!インターネット申し込みもお任せ!な引越し業者

 実はインターネットの申し込みまでやってる引越業者

 

引越しを考えている方はこれからお役所の手続きやライフラインの手続きなどがあって大変ですよね。

それとも役所の手続きなどを終えてひと段落しているところでしょうか?

 

なんの手続きのしろ引越しの手続きは大変ですよね。

 

そこで、インターネットの手続きと引越しを一緒に行ってくれるお役立ちサービスをご紹介したいと思います。

 

プロバイダもセットで申し込み!サカイ引越センター

 

サカイ引越センターでは、オプションサービスで「インターネットの申し込みの手配」をおこなってくれます。

また、引越しで困ったことを代行してくれる便利サービスでは、パソコンのインターネット設定やそのほかパソコンのトラブルに訪問サービスで駆けつけてくれます。

 

訪問サービスを申し込むと、サカイ引越センターから委託を受けたパソコンのプロの業者が訪問サービスを行ってくれます。

訪問サービスは訪問料やトラブルの診断料がかかる有料サービスですが、「パソコンのことはよくわからない!」という方にはオススメのサービスです。

 

 

入居時にすぐに使える!工事負担なしのハート引越センター

 

ハート引越しセンターなら、物件契約時にインターネット申し込みサービスに申し込むと入居時にすぐに開通できるように工事の手配から開通後の日取りまですべてサポートしてくれます。

インターネットの申し込みと引越しを同じ1社の業者でやってくれるので「いつ引越したい」と伝えればインターネット開通の日取りから引越しの相談までまとめてできちゃうんです。

 

まとめてインターネットと引越しの手続きができるのは楽でいいですよね!

 

 

他にも地方の引越し業者のなかにも「インターネットの申し込み」のサービスをおこなっている業者もあります。

インターネットと一緒に申し込めばお得に引越しができるかもしれませんよ!

 

まとめ

 

引越しは何かと手続きが多くて大変ですよね。

意外と忘れやすいのがインターネットの引越し手続きです。

普段当たり前のように使えている分、使えなくなって初めて手続きがすんでいなかったことに気が付きます…。

 

新居でスマホやパソコンを開いてみて「しまった!インターネット引越しの手続きはどうしたら!?」と慌てないように早めに手続きは済ませておきましょうね。

 

インターネット回線業者、プロバイダに連絡するのは大体1か月前ぐらいに引越しの連絡をすれば問題ありません。

 

しかし、人気の回線やプロバイダ、引越しの多い34月に引越しを予定している方は手続きが長引き、工事の予定が取りにくいかもしれません。

 

できれば、12月ごろに連絡をするのが良いかもしれません。

 

引越しの手続きとインターネットの手続きは大変かと思いますが、 ひとつずつ着実に終えていきましょうね!