冷蔵庫の引越し

冷蔵庫だけ安い料金で引越しを依頼するなら

冷蔵庫だけ安く送るためには
引越し業者の中には、一般の荷物とは別に大型の荷物だけを単体で引越し対応している会社があります。それらの一部を一覧化したのが下記です。

冷蔵庫だけ引越しできる引越し業者

プラン

料金目安

詳細

ヤマト運輸

ヤマト運輸

らくらく家財宅急便

1,400円〜

要見積もり

・時間帯指定可
・サイズランクで料金決定

口コミ評判を見る

アーク引越センター

アーク引越センター

大物限定プラン

要見積り

・1日〜20日は特別割引

口コミ評判を見る

ダック引越センター

ダック引越センター

家具だけプラン

要見積もり

・時間指定可

口コミ評判を見る


上記引越し業者以外でも各運送会社は冷蔵庫単体だけで運搬・移動してくれるのが一般的。ただしどこの業者の運賃が安いのかは気になるところ。

実は管理人も冷蔵庫とベッドだけで引越しをお願いしたことがあります。ダンボールに入るような普通の荷物はミニバンと普通車に乗せて運び、車に載りきらなかった冷蔵庫とベッド(マットレスだけ)を引越し業者にお願いしました。

どこが一番安く対応してくれるのかは、一括見積もりを使って各社から見積もりを取って比較。4社からの見積もり結果は3万円〜6万円でしたが結果としてサカイ引越センターが3万円で一番安かったのでお願いしました。

管理人はこれまで6回引越しをしていますが、料金を安くするためにいつもLIFULL引越し(旧 HOME’S引越し)を使っています。

冷蔵庫や家具だけの引越し料金が比較できます


管理人の経験と相場費用

ちなみにこの時は名古屋から伊勢原(神奈川)への長距離引越しだったので3万円でしたが、近場や近距離の場合なら1〜2万円が相場で、場合によっては1万円以下の費用で運搬・配送してくれる業者も確実に出てきます。


冷蔵庫引越しは赤帽でも可能?

冷蔵庫や大型家具だけを赤帽に依頼するという方法もあります。赤帽は料金が安いことでも定評があるので、検討する余地はあります。ただし、気をつけなければならないのがその料金設定。

管理人も見積もりをしてもらったことがありますが、赤帽を有効活用できるのは「近距離の引越しの場合のみ」だと思っておいたほうが良いです。

赤帽については5km以内の短距離引越しなら見積もりを取ってみても良いですが、中距離や長距離の場合、逆にかなり高額になると思っておいたほうが良いでしょう。

赤帽は1時間単位、1km単位でどんどん料金が上がっていくシステムになっていることがほとんどです。

ただし近距離なら赤帽で格安料金が出る可能性もあります。LIFULL引越し(旧 HOME’S引越し)一括見積もりなら赤帽も含めて最安値料金が出せるためおすすめ(HOME’Sの見積もりは文末で紹介しています)。


2F以上の場合は吊り上げが必要になる場合も

冷蔵庫の吊り上げ作業

さらにもう一点注意点として、小型冷蔵庫の場合はまだ大丈夫ですが、中型、大型になってきてエレベーターに乗らない場合、または移動する際に2名以上の作業員が必要になる場合、吊り上げが必要になる場合などは、その分の作業員が増えて料金は上がることになります。

結局冷蔵庫だけの引越しと全部の荷物をお願いする場合と料金にあまり差額が出ないケースもあったりします。

また、安く済まそうと自分で引越しを計画したはいいけど、冷蔵庫は簡単に移動できる荷物ではありません。

仮に移動前、移動後の壁やエレベーターなどにキズを付けてしまった場合、弁償をしなければならない事態も出てきたりします。こうなると本末転倒ですね(汗)

別途クレーンで冷蔵庫を吊り上げる費用はいくら?
道路から2階に人が引き上げる場合は追加料金が取られることはありませんが、3階以上で運搬ができなくてクレーンを使わないといけない場合は別途追加料金が取られます。

相場料金としては2万円〜3万円代。中には2万円以下で対応してもらえる場合も。クレーンを使って吊り上げなければいけないケースはそれほど出てきませんが、自分の引越しで冷蔵庫や大型荷物が運べるかどうかチェックしておいたほうが無難。

単身パックを使う方法も

「単身パック」はなにも一人暮らし専用のプランではありません。荷物量が適量ならば家族でも単身パックは使うことができます。冷蔵庫だけの引越しに対して、ヤマト運輸や日通が提供している「単身パック」を使う方法もあります。
 

最安値

料金

プラン内容

詳細

ヤマト単身引越しサービス

13,000円〜

・単身引越しサービス
・単身引越しサービスmini
■同一市区内
・関東エリア:17,000円
・その他エリア:14,000円
■東京〜神奈川間:21,000円
日通単身パック

15,120円〜

・単身パックS・L:15,120円〜
・単身パックX:都度見積もり
■各プラン運送保険付き
■WEB割引あり
■複数ボックス割引あり
■エリア割引あり

1BOX


クロネコヤマトも日通も1BOXあたりの料金設定になっていますので、そのBOX内に冷蔵庫が収まれば、最低料金で運んでもらうことが可能です。

もちろんサイズオーバーする場合は依頼できませんが、見積依頼だけでもしてみる価値はありますね。

うまく対応してもらうことが出来れば料金をかなり抑えることが可能です。

引越し費用でよくある罠

HPなどで格安料金設定されていたから連絡してみたら、数倍の見積もり料金が出た、なんてことはよくあること。最低料金は適用できないくらいの条件(超近距離や荷物量最低限など)で設定されているケースがほとんどなので、実際には見積もりを取らないと正確な金額は出ないと思っておいて間違いありません。

結局宅配便と引越し業者、どっちを選べば配送費は安くなるの?
冷蔵庫のみ、ベッドだけ、机だけ、洗濯機だけなど大型荷物だけ配送してもらう場合は、確実に引越し業者を選んだほうが安くなります

クロネコなど宅配業者を使うと基本的に配送料が決まっているためサイズに応じた定価料金になってそれ以下に値段が下がることはまずありません。

ただし引越し業者を使う場合でも、1社だけで見積もりを取ると、さらに高くなる可能性大。つまり、できるだけ多くの業者から見積もりをまとめて取って競争させたほうが確実に格安料金を引き出しやすくなります。

特に近場の引越しなら、一括見積もりは必須で使っておいてください。

コツは、「同じ時間帯に見積もりに来てもらうこと」。これで自動的に競争が起こるため激安な金額をより引き出しやすくなりますのでおすすめ。

まとめ

これで安くなる!

冷蔵庫だけに限らず、引越しをする場合に料金を最安値で抑えるためには、まず自分にぴったりのニーズを満たしてくれて、かつ万一の事故にも補償制度で守ってくれる会社を探す方法として、「複数の見積もりを取得する」のがベストな方法です。

管理人も引越しの度に活用している「LIFULL引越し(旧 HOME’S引越し)」は、上記で説明したヤマトや日通はもちろん、赤帽も含めて多数の業者から一括見積もりが取れるので断然オススメです。最高で8万円の見積もりが3.5万円にまで下がったことがあります。

赤帽まで含めた一括見積もりが取れるのはLIFULL引越し(旧 HOME’S引越し)だけなので、大型冷蔵庫だけ、ベッドだけなどの小さな引越しの場合は特に使い勝手が良くておすすめです。


「電話かかってくるのはイヤ!」という人ならスーモ引越し

引越しチェキ!メニュー

管理人のプロフィール