家族で引越しする場合の料金目安と相場よりも安く抑えるためのコツ

家族で引越しする時の相場料金と業者別家族引越しプラン

家族で引越しをする場合、単身引越しと比べて料金はグンと上がります。それが近距離ならまだしも、長距離となればさらに費用はかさみがち。

まずは大体の費用相場を知った上で、一括見積もりを使って各業者が提示した料金を比較、一番安い見積額を提示した業者を選ぶのが費用を抑えるための最大のポイントになります。

ここでは距離数が長い場合の家族引越しについて、相場料金よりも安く抑えるための方法についてまとめています。

家族で長距離引越しをする場合の相場料金(通常期:5月〜2月)

※100km以内などの近距離引っ越しなら当然上記よりも安くなります。

引越し料金は、「距離×荷物量」によって決まります。家族の場合は人数が増えるほど荷物の量が多くなり、さらに長距離ともなれば、法人が行うオフィスの引越しに次いで料金は高くなることに。

また、引越しする時期や曜日によっても料金は変わります。上記は通常期(5月〜2月)ですが、繁忙期(3月〜4月)は引越し料金がもっとも上がるタイミング。繁忙期は上記料金に加えて、大体5,000円〜30,000円の範囲内で高くなると思っておいてよいでしょう。

もちろんさらに土日であれば料金は上がりやすくなります。

実際の料金はどれくらい?目安の相場価格
では家族で長距離引っ越しを実際にした人たちの料金はどれくらいだったのか、実際のデータを集めてまとめてみました。引っ越す際にはだいたいコレくらい掛かるという目安の相場金額として参考にしてみてください。
家族で引っ越しした場合の相場料金事例

参照:引越し侍

家族引越しの相場料金は最低平均価格は約5万円から。最高価格は30万円。

実績で見てみると20万円が最高価格ですが、よほどの長距離か大量の荷物で大型トラックを使わない限り30万円までいくことはめったにありません。

ただ、20万円前後の見積もり提示は単身でも普通にあります。ありますが、値引き交渉や相見積もりを取ることでほぼ100%の確率で見積もり料金よりも安くすることが可能。

特に、一括見積もりを使うとあまり聞いたことが無いマイナー業者やローカル引越社が来訪してくる可能性が高くなり、また無名な引越し会社ほど料金を下げてくるケースが往々にして発生します。

仮に格安な見積価格を提示されたとして、「聞いたことないしちょっと不安だなあ」と感じる場合があるかもしれません。

私は臆せずどんどん使っていくタイプで、事故が起きた経験もありませんが、心配な場合は補償制度の内容や当日の作業体制など細かく聞いたりして事前チェックをしておきましょう。
ワンポイントアドバイス

引っ越し料金で一番影響が大きいのは、単身パック以外では絶対的な距離数と荷物の量。長距離になればなるほど、そして大型荷物が多いなら作業人数も増やしたりするために値段は上がっていきます。

上記はあくまでも目安なので、今の予算と照らし合わせてイメージとして捉えておき、実際の見積もりの際にどれくらい差が出るのかの参考にしてみてください。業者は必ず最初は高い値段を言ってきますので、値引き交渉の材料にもなります。

家族引越しはどの業者を選べばよいか?

家族で引越しをする場合に迷うのが、「どこの会社で引っ越ししてもらうか?」です。各引越し業者では、家族向けのプランを展開しているところがありますので、それらを選ぶことになります。

主要引越業者の家族向けプラン

 

料金

内容

詳細

ヤマト運輸

ヤマト運輸

要見積り

■クロネコヤマトの引越し
らくらくタイムリーサービス
・不要品買取サービス有り
・ダンボール(有料)
・荷造り・荷ほどきを任せるかどうか選択

日通

日本通運

要見積り

■えころじこんぽ「フル」
■えころじこんぱ「ハーフ」
■えころじこんぽ「セルフ」
・不要品処分サービス(有料)
・ダンボール(有料)
・荷造り、荷ほどきの程度で料金変動

アート引越センター

アート引越センター

要見積り

■基本コース
■ハーフコース
■フルコース
・不要品処分サービス(有料)
・ダンボール(有料)
・荷造り、荷ほどきの程度で料金変動

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社

要見積り

■スペシャルフルパック
■アリさんフルパック
■アリさんパック
■経済パック
・不要品処分サービス(有料)
・ダンボール無料(50箱)
・荷造り、荷ほどきの程度で料金変動

サカイ引越しセンター

引越のサカイ

要見積り

■らくらくコースプレミアム
■らくらくコースA、B、C
■せつやくコース
・不要品買取サービス有り
・ダンボール無料(50箱)
・荷造り、荷ほどきの程度で料金変動
・30%オフ特売日有り

アーク引越センター

アーク引越センター

要見積り

■おふたりの引越しプラン
■ご家族の引越しプラン
■節約プラン
■フルフルプラン
・不要品買取サービス有り
・ダンボール無料(50箱)
・荷造り、荷ほどきの程度で料金変動
・1〜20日は30%オフ

ダック引越センター

ダック引越センター

要見積り

■ファミリープラン
■まるごとプラン
■家具だけプラン
・不要品買取サービス有り
・ダンボール無料(50箱)
・荷造り、荷ほどきの程度で料金変動

上記では主要引越し会社を挙げていますが、引越し業者、つまり運送会社は全国で6万社以上にものぼります。その中から「どこか一番安いのか?」を選ぶのは至難の業。かと言って、1社ずつ電話を掛けて見積もりをしてもらうのも面倒です。

家族での引越しは、小さいお子さんがいる場合もあって、ニーズはもちろん、時間があまり取れない方も多く、出来るだけ手早く見積もりを集めて、一番安くて補償制度も充実していて対応が良い業者でお願いしたいですよね。

効率よく値段を下げながら家族引っ越しを成功させるためには、まず比較見積もりして最安値の値段を提示してくれる業者をチョイスすることが大切。

家族の引越しはやることがいっぱい!

同一市内や区内など近距離で引っ越しする場合ならまだしも、県外や遠方など長距離引っ越しで更に家族で、となると費用はもとよりやることがいっぱいあって大変!いろんな手続きがついて回ります。

ガスや電気、電話、水道など公共料金の手続きに加えて、転出届や転入手続き、住所変更などで市役所や区役所などの役場にも行かなければならないし、免許証の住所変更で警察署にいくことも必要。

さらに子供さんがいたりすると、学校の転校転入手続きやら、児童手当受給自由消滅届、認定請求書など子供手当ての提出もあります。

車を持っていたら更にやることが・・・車庫証明、車検証、保険などなど。

上記に挙げたのはごく一般的なことなので、その家族ごとにやるべきことはもっとあるはず。そもそも旦那さんの転勤や転職などが理由で引っ越しになるケースが多いハズ。仕事がらみでも沢山の手続きが必要になります。

引越しの2週間前までにやること!最低限の手続き

家族引っ越しの場合はやるべきことが本当に沢山あります。余裕を持ってやっておかないとギリギリになって事後処理が大変になることも。

ここでは重要かつ最低限やっておきたいことをリストアップしておきますので引っ越し前にチェックしておいて下さい!

@粗大ごみ、不用品の処分
廃棄処分になる家具や不用品、ゴミなどの回収は地域ごとに回収日が異なるため早めの手続きが必要。またネットオークションなどで売る場合も発送を踏まえると早めの対応が必要。

A小中学校の転校手続き
小中学校の転校手続きは公立なのか私立なのかで窓口が変わります。公立なら役所、私立ならその学校窓口に。もちろん保育園や幼稚園の場合も同様です。

B固定電話の解約及び移転手続き
同じ市区町村内なら電話番号は同じですが、それ以外は電話番号が変わります。契約会社に解約及び移転の手続きが必要で、友人や仕事場、関係各所への通知も必要に。

Cインターネット回線の解約及び移転手続き
ネット回線は基本的に引っ越ししても移転先で同じ会社で契約ができますが、特にマンションでは繋げる回線の種類が異なる場合があるため事前の確認が重要(これいつも私もギリギリになります)。また引っ越しを機にもっと安い回線に変更することも検討してみるのもおすすめですが、その場合はさらに新規会社との手続きが必要に。

D電気、水道、ガス、NHKなど公共料金の移転手続き
各機関に電話やネット窓口を使っていつ止めるのか、引越し先ではいつから使うのか、またその開通手続きの日付はいつにするのか、を決めなければいけません。

E役所での移転手続き
今住んでいる地域の役場の市民課・住民課で移転手続きが必要。これは引っ越ししたあとの役場でも転入手続きが必要です。併せて国民年金や健康保険の脱退手続き、印鑑登録の廃止手続きも。転入先では再登録が必要。

F児童手当の受給手続き
中学校3年生の義務教育終了までは児童手当がもらえますが、違う市区町村への引っ越しの場合は役場で受給の手続きも大事。

G郵便局への転送手続き
配達物は郵便局だけではありませんが、郵便局は引っ越しの申請しておくと荷物を自動で転送してくれます。

Hアマゾンや楽天など通販サイトの住所変更
インターネットで買い物をする人はこちらも事前に変更しておくのがおすすめ。

Iクレジットカードや銀行への住所変更手続き
こちらは引越し後でも構いませんが、いずれやることになるので各種手続きと同様にやってしまっておいたほうが後々ラク。

なお、運転免許証を持っている人は、引越し後に住所変更手続きを所轄の警察署で行う必要があります。車の車庫証明取得や自動車保険会社への住所変更連絡も必要になりますね。

ワンポイントアドバイス

・・・とここまでは最低限の手続きを挙げましたが、人によってはまだまだやるべきことが沢山あるでしょう。漏れに気が付いた時に対応しやすくなるため、やっぱり早めに終わらせておくのがおすすめです。

家族で引っ越しする場合は早め早めの準備が得!

手続き関係は思った以上に時間と手間が掛かるため、引越し前にできることは全部やっておきたいもの。どれだけ少なく見積もっても、1ヶ月前からは準備をスタートさせておくのがギリギリのラインです。

引っ越し準備は出来ることなら業者に全部おまかせしちゃいたいところですが、荷造り〜荷解き全部を任せるとなると、最低2万円は掛かります。荷物量によっては3万、4万円と上がることに。

ダンボールの手配を早めに行って、詰められるものはどんどん詰めて運ぶだけの状態にするのがコツ。早めに準備し始めると、思わぬ探しものが見つかったり、管理すべきことが出てきたりして、頭の整理整頓にも繋がります。

見積もりも早めに取ることで、「早割」などの割引が適用されやすくなるのはもちろん、時期によっては既に引越し屋のスケジュールが埋まってしまっている場合もあります。

繁忙期は特に要注意。遅くなればなるほど業者の予定はどんどん詰まって人手が足りなくなり、結果相場料金の倍以上の金額になってしまうこともあります(管理人は一度これで泣いてます)。

見積もりは一括サービスで先に済ませておきましょう

上記一覧の会社も全部一度で見積もり可能!

これで安くなる!

自分たちの家族が求める引越し業者選び出すために、そして料金を最大限まで安くするためには、上記主要業者にも全部見積もり依頼できるインターネットの見積もりサービスを使うのがおすすめ。

見積もりを比較することで、そして引越し業者同士で料金の値下げ競争をさせることで、高い確率で大幅に料金を下げることが可能です。サービスの活用は無料なので、有効活用してみましょう。管理人の友人は先日家族の引っ越しで見積もりが29万⇒9万円まで下がって大喜びしていました。


「電話かかってくるのはイヤ!」という人ならスーモ引越し


引越しチェキ!メニュー

管理人のプロフィール