赤帽での引越し料金

赤帽の引越し料金は安いのか高いのか?全部解説!

当日、即日でもスグに対応できることがウリの赤帽、また格安料金で引っ越しできる可能性もありユーザーとしては選択範囲に入れたいところ。

特に近距離であれば料金も安く済む可能性が高くなるためお得感が高そうです。では長距離でも安く引越しできるのかどうかをまとめてみました。

赤帽の相場料金
赤帽は組合に加盟する事業主がそれぞれ軽トラックを所有して個別で展開していることから、同じ距離数でも赤帽同士で料金が変わったりしますが、ここでは平均的な赤帽の引越し料金について一覧にしています。

赤帽の一般的な料金設定(相場一覧)



同一市内や同一区内、または隣接した私区内で単身引っ越しするなら2〜3万円の料金になるのが相場。もちろん赤帽1台で積み込める荷物量が前提。

これは市内など近距離の相場になるので、県外に出たり長距離になってくるとどんどん料金は上がります。最低ラインの値段と思っておいてください。

赤帽の料金設定は、「距離制運賃料金」と「時間制運賃料金」がありますが、引越しの料金設定は別途見積りになり、実際の引越し距離と荷物の量を踏まえた見積もりを取らなければ正確な料金は出せません。

ただ、赤帽の場合は通常の引越し業者のプランや単身パックなどのプランに比べて、より距離数が金額に反映してくる点に注意。要するに長距離になればなるほどグングン料金は上がっていきます。

LIFULL引越しは赤帽も含めてたくさん見積もりが取れるので便利
赤帽を使おうと思っていたけど、他の業者と比べて安くなるのか高くなるのか知りたい。けど、1社ずつ見積もり取るのは面倒…。

という場合にはLIFULL引越し(旧 HOME’S引越し)を使うと赤帽も含めて最安値料金がどこなのかが分かるので超便利。私もよく使ってます。

赤帽も引越社も一緒に見積もり依頼できます



赤帽は時間毎、距離毎、人数増で料金が上がっていく

一定の移動距離を超える場合、または一定の走行距離を超えてくると、1時間ごとまたは1kmごとに料金が加算していくことに。また作業員が増えても料金は当然上がります。

繰り返しになりますが、上記の相場料金表についてはあくまでも引っ越し先が近い近距離の場合としての参考値であり、長距離引越しの場合には、比べ物にならないほど料金は跳ね上がります。

結論から言うと、ごく短い近距離引越しの場合は料金が安いですが、長距離引越しの場合は赤帽は向いてないと言えます。

近距離のみで検討すべき
赤帽を使って長距離引越しするなら、普通の引越し業者に依頼をするほうがはるかに安く済みますので、同一市内や隣接県など近距離引越しの場合にのみ検討余地があります。

ちなみに支払い方法は基本現金になりますが、会社によってはクレジットカードを用意している場合もあります。


大型荷物は運べるのか?

赤帽の荷台サイズは画像のように大きいサイズの赤帽もありますが、平均的には奥行き200cm×幅140cm×高さ140cmです。

ダブルベッドのサイズが190cm×140cm×20cm、50型大型テレビなら110cm×62cmなので、入ると言えば入ります。ただしダブルベットはギリギリですね。

大型家具や大型電化製品があっても運ぶことは可能ですが、例えば洗濯機や冷蔵庫、エアコン、自転車、マットレスやタンスなど大型荷物が複数となった場合は収納することが当然難しくなります。

赤帽でももちろん引越しは受けてもらえますが、ほとんどの場合単身者または荷物が少ない場合ということに。

荷物量の目安
ダンボール5箱、小型冷蔵庫、洗濯機、ベッド(シングル)、ダンボール5箱


ダンボールや梱包はどうするのか?

一般的な引越しサービスの場合はダンボールを無料で配布してくれるところがほとんどですが、赤帽の場合はスーパーなどでもらってきて自分で用意するか、購入する必要があります。料金的には10枚あたり2,000円〜4,000円くらいが相場料金。

荷造り梱包についても基本的には自分自身で行う必要があります。ただし大型荷物で梱包ができない場合は赤帽スタッフが行ってくれるのが一般的。

赤帽スタッフは基本1台につき一人なので、一人で荷造りが難しい場合は追加料金で増員するか、自分自身で手伝う必要があります。荷運びについても、ダンボールなどの小物については自身で手伝うことも必要になるケースがあります。

また、不用品や廃棄する粗大ごみなどについては、自分で処分する必要がありますが、有料で回収してくれる業者もいます。料金については他引越し業者とほぼ同様。

赤帽で引越しした人の口コミや評判

赤帽でテレビなど大型荷物は梱包していただけるのでしょうか?
現役引越し屋です。赤帽は全て個人事業主なのでガイドラインはあるものの事業主ごとの判断になります。


単身で市内12,000円。赤帽より安い引越し業者ありますか?
確かに安い。ただし梱包も無いし大物は一緒に作業しないとダメ。冷蔵庫は2ドア以上入らない。


和歌山から大阪で赤帽に見積もりしたら75,000円でした。安いですか?
同じような引越しで5万くらいでした。単身パックのほうが安いと思います。


2人暮らしですが赤帽の引越しで安くできますか?
2人でも荷物が少なければ単身パックで行けるし、安くしたいなら見積もり取って比べたほうがいいですよ。


引越しなら赤帽が一番安いですか?
元業界関係者ですが、内容次第です。20km以内の近距離単身なら安いでしょう。長距離なら単身パックのほうが安いです。

ワンポイントアドバイス

口コミを見ても特に業界関係者の方に多い意見が「赤帽は単身で近距離なら安い」という点。距離数と作業人数、つまり荷物量が赤帽の料金に関わる最大の要因であることが分かります。荷物が少なく、さらに単身なら一般の引越し業者と比較してから決めるのが最安値になる可能性が高いと言えます。


赤帽を使うメリット・デメリットをまとめてみると

最終的に赤帽を活用して引っ越しをするのかどうかを判断するためにもメリットデメリットについて上記以外の項目も含めてまとめておきます。

メリット
  • 近距離でかつ荷物が積み込める量なら安く済む場合がある
  • 当日依頼しても引越しすることが可能
  • 一人であれば同乗OKな業者もあり

デメリット
  • 長距離引っ越しの場合は引っ越し会社と比べて料金が上がる
  • 運べる荷物の量が決まっている
  • 荷造りやダンボールなど自分で準備、実施することが多い
  • ドライバー1人のため、積荷や設置を手伝う必要あり
  • 万が一の補償額が引っ越し業者と比べて上限が低い場合がある
  • 同地域で赤帽業者はたくさんいるため、比較見積もりが難しい

最大のメリットは相場よりも断然安くなる可能性が高いということ。ただし荷物量が少なくて距離が短く、そして単身の場合のみ、と捉えておいたほうが良いでしょう。

結構面倒な点として、そもそものスタッフが一人なので荷運びを手伝う必要がどうしても出てきます。もし手伝うのが嫌な場合はもう一人確保しなければならず、その分料金は上がることに。

また、移動には同乗させてもらえるところが多いですが、ドライバーはほぼ男性のため、女性は万が一の事故防止するためにも同乗しないほうがおすすめ。というか同乗しないで下さい(汗)

むしろ、女性の場合は荷運びの手伝いとかを考えても、赤帽はそもそも選択肢に入れないほうが良いですね。

赤帽か?それとも引越社か?選び方の基準
目安として、距離も短くかつ荷物量が少ないのに赤帽の見積もりが2万円を超えてくるような場合は、一般引越し業者の方が安くなる可能性が高くなることを覚えておくと良いでしょう。

  • 荷物量がごく少ない単身者
  • 市内など近距離
  • 荷運びなど手伝ってもいい
  • 家財、家具だけ運んで欲しい
→赤帽を選択する余地あり

  • 荷物量が多い
  • 20km以上の遠距離
  • 家族で引越し
→引越社を選ぶほうがおすすめ

特に赤帽の場合は距離数(=時間)が直接金額に関わってくるため、一般的な目安として20kmを超えてくる場合は、他社との比較をすることでより安い見積もりを出してくる引越し業者を見つけられる可能性が上がります。

日通やヤマト運輸などが提供する単身パックも検討に入れてみるのがおすすめ。特に繁忙期は必ず比較見積もりしてみましょう。

なお、例えば東京23区内では赤帽自体がそもそも家族引越しを受け付けていないので使うことができません。


近距離の場合でも他社と比較するのがオススメ

長距離引越しには料金的に向いていない赤帽の引越しサービスですが、近距離で、特に単身引越しの場合なら使い勝手も良さそうですただし、大きめの冷蔵庫や家具がある場合は、作業員をプラスアルファで追加する必要があるので、その分料金は上がることになります。

これで安くなる!

また、エアコン工事や電気工事、不要品などの廃棄処分サービスが付いていなかったり、ダンボールは基本的に有料サービスとなったりするので、一般の引越し業者にお願いしたほうが安くなる場合が往々にしてあります。
赤帽と他社との見積もり比較は一括査定なら一度で簡単に比較見積もりが無料で取れるので活用してみましょう。

一括見積もりではHOME’Sだけが赤帽も登録していますので、赤帽含めて値段を比べてみたい場合に有効活用できます。


「電話かかってくるのはイヤ!」という人ならスーモ引越し

引越しチェキ!メニュー

管理人のプロフィール